ロードバイクの情報を発信しています!

今年のツール・ド・フランスは過去最高に残酷なコースだった

海外情報
https://www.velonews.com/

今年のツール・ド・フランスはあらたな試みがいつくかありました。

チーム人数が9人から8人に。コースが100キロなのに山岳だらけで平地なしのレース。

見る側を面白くしようとした試みもあったのですが、実はそれらがスプリンターには過酷過ぎたのです。

 

スポンサーリンク

チーム人数の削減

UCIワールドツアーレースを主催するA.S.O.とRCSスポルトが、出場人数の縮小に乗り出しました。

三大ツールである、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャでも1チームの人数を9名から8名に縮小したのです。

変更は、以前から言われてましたが、2018年から実施されました。

 

そのメリットは?
レース全体の人数が減ることにより、集団が小さくなります。
こうすることで、集団落車が減って安全が確保される。
ただ、プロの集団のレベルはとても高くて、人数うんぬんよりもコースレイアウトとかのほうが問題だと思いますけど。
 
登りに入る前にコースを絞っている箇所があったり、人数に比べてコース幅が狭かったりとか。
 

https://twitter.com/TeamSky

もう一つは、チームスカイ攻撃とも言われてますね。チームの戦力を低下させて強力なチームの独断的なレース展開を阻止しようということです。

そして、UCIの会長は

「最終的に、グランツールの1チームの人数は6名にしたい」

と発言。

 

人数が減ることによって、チームスカイが弱体化したかというと全く変わらなかった。

アシストが一人減っただけの話です。

ですが、その人数が減ったことで困ったのがチームのスプリンター。

9人から8人に出走人数が縮小した結果、いつくかのチームはスプリントステージで形成されるグループットのサイズを縮小しました。スプリンターの代わりにGCのライダーを選ぶようになったのです。

つまり、スプリンターのアシストが一人減ったということですね。スプリンターのアシストはゴール前だけでなく、最も重要なのはゴールまでスプリンターを連れていくことです。

タイムカットにならないように、山岳でもアシストをする重要な役目の一人がいなくなったのです。

 

特化したライダーとの差

https://www.velonews.com/

近代的トレーニングによって専門分野に特化した選手が多くなっています。山岳スペシャリスト・タイムトライヤル・アタッカー・スプリンター。

特に、スプリンターと山岳ライダーのギャップが大きく開いたことが挙げられます。

 

Jasper Stuyven

https://twitter.com/jasperstuyven

 「今年のペースは非常に速いと感じている」

とJasper Stuyven(Trek-Segafredo)は語った。

「最初の山の日から、本当のスプリンターが[カットオフ]時間に入るために戦わなければならないことは明らかだった。」

 

小規模なチーム、厳しいカットオフタイム、短いコースでも山岳の厳しいコースでは、ツアーのスプリンターはタイムアウトと戦っています。

 

第11ステージ後の選手の言葉

今年のツール・ド・フランスでは山岳コースに入り最速と言われるスプリンターが次々とタイムカットでツールを去りました。

第11ステージのアルベールヴィル ~ ラ・ロジエール・エスパス・サン・ベルナルド 108.5kmに3つの山岳が組み込まれたレースでは、

  • マーク・カヴェンディシュ ディメンションデータ
  • マーク・レンショー  ディメンションデータ
  • マンセル・キッテル カチューシャ・アルペシン

3名のスプリンターがタイムアウトに。

この第11ステージは、ツール主催者のASOによって、取り入れられた実験的コースであり見ている側は面白いレースですが、やっている選手は大変なことに。

 

ハインリヒ・ハウスラー

ハインリヒ・ハウラー(バーレーン・メリダ)は、

「それは大変だった。私はこれまで、同じようなステージを走ったことがないさ。短いコースはタイムアウトを避けるために、スプリント・グルペットが厳しいテンポで登らないといけなんいだ。そんなの無理だよ。
生き残るのに必死で、次のアルプ・デュエズでは力が残ってなかったさ。」

 

デゲンコルプ

https://www.velonews.com/

John Degenkolb(Trek-Segafredo)は、

「とにかく問題はスカイが強すぎることさ。彼らは自分たちのペースをあげている。彼らはフルメンバーで先頭を引くのでスプリンターとの差は広がるばかりさ。」

 

TREKチームはステージ11と12で、アルプスを生き残るための戦略を立てていました。

ペース戦略として、チームメイトのマイケル・ゴーグルは、デゲンコルプと一緒にコル・デ・ラ・クロワ・デ・フェルとアルプ・デュエズのペースを上げていた。

デゲルコルプは、32分遅れでレースをフニッシュ。

 「最初の登りで自分がペースを上げないようにすることが重要だった」

とDegenkolbは語った。

Degenkolbは、後半に頑張るパターンを選択です。

 

ペーター・サガン

https://twitter.com/petosagan

Bora-​​Hansgroheチームは、タイムカットがステージで約38分かかると予測した。

ディレクターは、ペーター・サガンがコル・デ・ラ・マドレーヌの頂上で限界近くまで乗り込み、フロントグループにできる限り近づくように指示。

その後、Saganは先頭を追いかけて下りを快適なリズムで走ることに。彼はチームメイトのDaniel Ossと一緒にフィニッシュラインに到達。

サガンの戦略は、最初の山岳をフロントグループ近くで終えることで、下り坂を前のグループと同じスピードで走ります。

サガンの場合には前半の山岳を頑張り、後半はタイムアウトにならないように走る戦略でした。

 

ロルフ・アルダグ

16年間のプロキャリアでツールを走ったディメンション・データのマネージャ

https://www.express.de/sport/sportmix/mensch–hat-der-glueck–ex-tour-star-rolf-aldag–darum-werde-ich-nicht-dick-27910412

「これほどのステージを見たことは今まで覚えていない。第11ステージを全力で走ったんだよ。次の大きなステージの戦略なんて立てようがないじゃないか。
レースが3時間半じゃあ、タイムを取り返す時間がないんだよ。」

 

チーム・スカイのペース

https://twitter.com/TeamSky

パワーメーターをレースで使用させない方向であるとASOやUCIが盛んに言っています。

来年のツールからは、パワーメーターが使えなくなる可能性があります。

実際のレースでは、先頭を走るチーム・スカイの選手は他チームの選手がアタック出来ないペースをパワーメーターを使って作り出していると言われています。

無線で、チームカーからの指示もされているでしょうね。

実際に、今年のジロ・デ・イタリア第19ステージでみせたフルームの80キロの独走では、メーターを確認して350Wで走っているのが画像でも確認出来ました。

このチーム・スカイの誰のアタックも許さない山岳でのペースは、スプリンターにとっては過酷すぎたのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

チーム出走メンバーの縮小・回復出来ない山岳だけのコース、厳しいタイムカットの時間。

サガンやアルノー・デマール(FDJ)は、ツールに備えてツールド・スイスを走ります。これは厳しい山岳コースになれる為です。他のスプリンターにはこの山岳のトレーニングが足りないのではないかともいわれています。

クイックステップのディレクター、ブライアン・ホルム(Brian Holm)は

「タイムカットが厳しすぎると思う。」と述べています。他チームからも声が上がっています。

ただ、これからのツールも、スプリンターとの距離は拡大する一方かもしれません。

 

コメント