ロードバイクの情報を発信しています!

プロトンの哲学者ギヨーム・マルタンは、「The Peloton and Me」で文学賞受賞

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約2分で読めます。

今年はギヨーム・マルタンが土壇場で賞を受賞した。

ライダーとしてではなく、ライターとして。プロトンの哲学者とも言われるギヨーム・マルタンは、アカデミー・フランセーズが授与する文学賞であるジャック・ド・フーシエ賞を受賞した。

ギヨーム・マルタンは著書『The Peloton and Me』で賞を受賞。大衆の中の人間の哲学を書いている。

 

スポンサーリンク

The Peloton and Me

 

2021年のツール・ド・フランス期間中に部分的に書かれた『プロトンと私』 (フランス語: La Société du peloton )の中で、サイクリングのプロトンがそのより大きなプロトン、つまり社会について私たちに何を教えてくれるのかを探求している。

彼は次のような質問をしている。いつ自分自身のために選択するのか、いつグループのために選択するのか?

いつ利己的になるべきであり、いつ利他的になるべきだろうか?

彼は読者を現代の社会問題を巡る個人的な旅に導き、スポーツの例を使って別の視点を提供している。

ジャック・ド・フーシエ賞は、「主題、構成、スタイルにおいて際立った」作品で、職業が作家ではない人によって書かれた作品に授与される。

『The Platoon and I』はギヨーム・マルタンの3冊目の本となる。ギヨーム・マルタンはパリのナンテール大学で哲学の修士号を取得している。

 

こちらはギヨーム・マルタンの1冊目の著書 自転車に乗るソクラテス

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました