ロードバイクの情報を発信しています!

Garminから、2つの新しいVariaリアビューレーダーシステムをリリース

機材情報
Photo Garmin
この記事は約4分で読めます。

Garminは、2つの新しいVariaリアビューレーダーデバイスをリリースした。スタンドアロンのVaria RVR315と、レーダーとライトを組み合わせたRTL515

GarminのVariaレーダーシステムは、音と振動、そして可視の警告を提供し、高速接近車両をライダーに警告してくれる。

Garmin GPSコンピュータや専用のVariaヘッドユニットは必要なく、Bluetoothを使用してスマホでアラートを表示することが出来る。

より安全に走行できるように機能向上してシリーズをアップデートした。

 

スポンサーリンク

Garmin Variaアプリがスマホにレーダー警報を表示

Photo Garmin

GarminのVariaリアビューレーダーの全体的なアイデアは単純。

ハンドルバーのディスプレイを介して後ろから素早く近づいてくる車をサイクリストに警告するので、後ろを振り向く必要はない。

通勤やソロで乗っている時には、車の追い越しや接近は気になるものだ。安全に走りたいライダーには気を使って悪いことは何もない。

事故をしては元も子もないからだ。Garminのサイコンを持ってなくてもスマホで知らせてくれるのは便利。当然Garminのサイコンとも互換性ありだ。

 

グラフィックに加えて、トーンと振動でも警告してくれので下を向いている必要はない。

 

スマホでの表示

Photo Garmin

iOSまたはAndroid用の新しいVariaアプリでは、Variaレーダーをスマホに直接接続して、走行中に警告を表示できる。

 

色分けされたアラート信号 

  • 緑は車がいないので安全
  • 黄色は車が近づいている
  • 赤は高速で車が近づいていることを意味する

 

Garmin Varia RTL515

Photo Garmin

RTL515は、テールランプとレーダーが一緒になっている。RTL510から変更された点は、より多くのデバイスに接続するために新しいBluetooth LEがANT +に追加された。

 

Garmin Varia RTL515 Rearview Radar: See and Be Seen

新しいユニットは、昼間で「デイフラッシュモード」を実行しているときに最大1マイルの視認性を確保。

 

グループライドでフラッシュ強度を低減 Photo Garmin

ライトには、フラッシュの強度を低減する新しい「ペロトンモード」も搭載されており、グループでのライディング時に、サイクリストの目を保護できる。

デイフラッシュモードで最大16時間、ソリッドモードで最大6時間のバッテリ寿命。

 

価格は199ドル(約2万1千円)。

 

Garmin Varia RVR315

Photo Garmin

レーダーのみのRVR315は、51gと72x40x20mmでやや小型で軽量。バッテリー寿命は7時間とちょっと短い。

 

Garmin Varia RVR315 Rearview Radar: Stay Aware of Approaching Cars

こちらの価格は150ドル(約1万6千円)。

街中でヒヤリとした経験のある人ならば、持っておきたい機能となりそうだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました