ロードバイクの情報を発信しています!

サウジアラビアツアー開幕を制したのは元世界チャンピオン!

海外情報
Photo thesauditour.com
この記事は約5分で読めます。

今年から始まったサウジアラビアツアー。

プレゼンテーションはさすが石油王国という感じの派手な演出。

このレースでは、マーク・カヴェンディシュがバーレーン・マクラーレンに移籍して第1戦ということで楽しみにしていた。

 

コースはやっぱり、砂漠の中。これで風が強かったら砂嵐で走れるんだろうかというようなコースだった。

砂嵐になったら、以下のような感じになるはず。

 

 

スポンサーリンク

Riyadh  ›  Jaww   (173k)

第1ステージ

このコースマップを見ると、最後もスプリントとなる普通の集団ゴールだろうなあ~と思っていた。

最後のゴールシーンを見るまでは。コースプロフィールマップを見ると最後に少しピョンと上がっているんですけどね。

全く気付かなかった。

 

Photo thesauditour twitter

最初に逃げたのは、プロチームやコンチネンタルの6人。

  1. Pablo Guerrero (BBH)
  2. Stephen Bassett (RLY)
  3. Maral-Erdene Batmunkh (TSG)
  4. Jesse De Rooij (BAI)
  5. Nikodemus Holler (BAI)
  6. Oliver Moore (RWC)

 

35km地点で4:35秒まで開くが、マーク・カヴェンディシでゴールを狙うバーレーン・マクラーレンが先頭に立って引き戻す。

 

Photo thesauditour twitter

 

散発的な動きがあるが、最終的に抜け出したのは4人。これが良い逃げだった。

 

  1. Bert de Backer (B&B Hotels)
  2. Andreas Kron (Riwal Readynez Cycling Team)
  3. Evaldas Šiškevičius (NIPPO DELKO One Provence)
  4. Heinrich Haussler(Bahrain – McLaren)

この中には、35歳のバーレーン・マクラーレンのハインリッヒ・ハウッスラーもいる。オフにはシクロクロスに初出場して心肺機能を鍛えていた。

 

残り5キロで、20秒以上の差。あまり積極的に後続も追わないのか、逃げる4人が必死なのかタイム差は縮まらない。

残り2キロで22秒。これは逃げ切ったか?

このメンバーならば、間違いなくスプリンターのハインリッヒ・ハウッスラーが勝てる!

俄然応援していたのですが~。

なんとラスト1キロから登っている。フラットではなかったんですねえ~。

ラストの1キロからは、下の動画で見ていただくと面白い!

勾配が5%から8%まで増していって、一気に後続が追いついてくる。ハインリッヒ・ハウッスラーは飲み込まれたかと思っていたら、最後まで粘りにねばった。

シクロクロストレーニングが効いたんだろうか? 驚異的な粘りを見せてくれた!

 

優勝は元世界チャンピオン

後続のトップで駆け上がってきたルイ・コスタ(UAE-Team Emirates)がわずかにリードして勝利!

2013年の世界チャンピオンだ。ツール・ド・スイスを2012年から3年連続で総合優勝するなど、グランツールでも期待されていたのだが、2012ツールで18位が最高。

今回は鮮やかな追い込みでの勝利だった。

3位には、ナセル・ブハニ( Team Arkéa Samsic)が追い込んできた。しかし、アルケア・サムシックのジャージはわかりにくい。後ろから見たらチームイネオスかと思ってしまう。

 

 

サウジアラビアとの時差は6時間ほどなので、ちょうど良い時間にストリーミングで見れる。

大体、午後8時から始まるのでスマホでチラチラみるのにも丁度良いかも。見れるサイトは、いつも紹介しているTiz-cyclingのサイト。

 

 

こちらはラスト1km。かなり手に汗握るゴールシーンになってます!
The Saudi Tour 2020 – Stage 1 – Last Kilometer

コメント

タイトルとURLをコピーしました