ロードバイクの情報を発信しています!

カスパー・アスグリーンがツール第3ステージで最下位になった理由

海外情報
https://twitter.com/k_asgreen
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・フランス第3ステージは、ジュリアン・アラフィリップの見事な逃げ切り勝利だった。

しびれましたねえ~。

チームが喜びに沸いていたころ、グルペットがゴールしたあとに、最後のライダーとして帰ってきた選手がいた。

それが、カスパー・アスグリーン(Deceuninck – Quick Step)だった。

第2ステージ終了時点では、総合12位につけていたのに、一気に総合最下位になったしまった。

デンマークTTチャンピオンのカスパー・アスグリーンが遅れた理由はなんだったのか?

 

スポンサーリンク

カスパー・アスグリーン

 

カスパー・アスグリーンは、今年ツールデビューを果たした33人の中の一人。その中でも注目していた若手のホープだった。

 

 

アー・オブ・フランダースの準優勝者であり、デンマークの国内タイムトライアルチャンピオンであるアスグリーン。

彼は、ベルギーチームのラインナップにおいて重要な役割を果たしていた。

 

タイムトライヤルも強く、スプリントのリードアウトも出来る。

山岳も強くオールラウンダーの走りをみせてくれるカスパー・アスグリーン。

 

それが何故?

彼が遅れたのは、ゴール手前1キロの地点にあった道路の真ん中の道路標識に衝突したためだった。

 

photo BrechtDecaluwé

フレームが折れている

前輪が破損し、フレームは見事に折れている。相当な衝撃であったことは間違いない。

クラッシュする前に、チームメイトのミケル・モルコフがアスグリーンの近くにいた。

モルコフは危険についてアスグリーンに警告していたのに、アスグリーンは反応せずに真っすぐに走ってしまった。

スピードが出ている集団の中だったので、声が聞こえなかったんだろう。

映像では、見れていないが道路の真ん中ならば、旗を振る警備員がいたはずなんですけど、標識だけだったようですねえ~。

 

photo BrechtDecaluwé

ChristianKjær/ TV 2 SPORT

フレームが真っ二つ

 

チームマネージャのPatrick Lefevereは、カスパー・アスグリーンが今後も継続できることを望んでいると語った。

「彼は私たちのチームの原動力だ。回復できることを願っている」

 

第4ステージの出走はわからない

photo ChristianKjær/ TV 2 SPORT

顔に少し傷がある

 

レースドクターがすぐに、クラッシュ後のアスグリーンを診察。

アスグリーンは、ゴールすると言ってバイクを乗り換えてトップから20分16秒遅れでゴール。

検査のために、救急車で病院に行った。

ケガは、頭痛があるのと歯が1本ヒビが入ってます。あとは打ち身ですね。

 

写真:ChristianKjær

 

Decuninck-Quickstepのウェブサイトでは、月曜日の夕方更新を発表

「Deceuninck – Quick-Stepの医療スタッフはアスグリーンを一晩モニターし続ける
明日の朝に出走についての最終決定を下す」

と述べている。

 

デンマークTTチャンピオンにもなったのに残念な落車です。

 

こちらは、第3ステージのハイライト
Summary – Stage 3 – Tour de France 2019

 

追記

反応時間、記憶、協調などをテストし、脳震盪や脳に関する異常はなかったようで一安心。

メカニックが急いでカスパー・アスグリーンのバイクを作成しているそうです。

追記2

脳震盪に関するテストでOKだったので、第4ステージから無事にスタートしています。良かった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました