ロードバイクの情報を発信しています!

エガン・ベルナルがブエルタに勝つことは難しいと白旗を上げる

海外情報
Photo by Jackson Simmer on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

ベルナルは、ブエルタ第9ステージで、ライバルの加速についていけなかった。アダム・イェーツにも自分のレースをしてと言い、マイペースで超級山岳を上がる。

結果的に、第9ステージでベルナルは、ログリッチに対して、1分5秒も遅れてしまう。

総合では1分52秒差となり、何でも起こり得るが、逆転が難しくなったことを認める発言をしている。

 

スポンサーリンク

今のベストでは届かない

こちらはイネオスの最新ビデオ。ブエルタの舞台裏を紹介している。

 

ベルナルは、ブエルタのお気に入りの一人として、ジロとブエルタのセットで優勝をキャリアの目標としていた。

トップクライマーのアダム・イェーツ、オリンピックチャンピオンのリチャル・カラパス、才能あふれるパヴェル・シヴァコフ、トム・ピドックなど強力なラインナップでレースに望んだ。

しかし、ベルナルはジロを勝利した時のような勢いはなく、どの日も勝利には程遠い位置にいる。

 

ベルナルは月曜日のインタビーで次のように語る。

レースのこの時点で約2分を失ったため、勝つことを考えるのは難しい。

何でも起こり得るが、最終的に5位か3位が私のベストであれば、私はできる限りのことをしたということになる。それだけだ。

ログリッチを攻撃することを考える前に、十分な足を持っている必要がある。そして、私は攻撃するのに必要なレベルに達していない。

彼はオリンピックチャンピオンであり、2つのブエルタを獲得している。彼に弱い瞬間があるかどうかを見守らなければならない。

ベルナルが遅れるなか、リチャル・カラパスは8分も遅れている。リーダーはベルナルとイェーツに絞られている。

 

アダム・イェーツとの関係

 

アダム・イェーツが自分よりも良いレースをしていたと思うかと直接聞かれたベルナルは、

2枚のカードを持っていることが重要だ。昨日(日曜日)のような上り坂では、イェーツに私を待つために止まるべきだと言うのは難しい。

事前に話し合って、それぞれのライダーが自分のレースをするべきで、必要ならばお互いに助け合うことにしたんだ。

 

日曜日にベルナルが語ったように、彼は一人で割れずにゴールする自信があり、それが証明されたとも言える。

難しいですね。加速をもっとうまくできるようになれば、もっとホイールについていくことができるかもしれない。

ジロは今年の大きな目標だったし、ブエルタのために良い準備をしようとしたけど、ベストな状態ではなかった。

これからも、色々なことが起こる可能性がある。これは、他のレースのための経験を積むためのものだ。私にとってはこれが最初のブエルタだ。

自分はそれほど悪くないと思っている。自分のペースで走れるし、必ずたどり着けると思う。

 

ベルナルは、ブエルタの総合に対してやや消極的な態度を示しながらも、全体的には自信を持っていると主張している。

イネオスだけが、逆転を狙っている訳ではなくモビスターも同じだ。これからの2週間は長く、ストレスの多いレースもあるはず。

まだ、何かを試してみるチャンスはきっと訪れる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました