ロードバイクの情報を発信しています!

CANYONは世界最速と主張するSpeedmax CFR Trackをデビューさせる

機材情報
Photo credit: cyclotourist on VisualHunt
この記事は約5分で読めます。

Canyon Speedmax CFR Track は、2年間にわたる集中的な開発期間かけてデビューする。

312回以上の風洞解析、442回のスーパーコンピューターの実行、そして世界最高のトラックサイクリストによる 155時間のトラックテストが行われた。

CANYONは、これが世界最速のトラックバイクであると考えており、その主張はグラスゴーで開催される2023年UCI世界選手権個人パシュートから数日間かけて試されることになる。

 

スポンサーリンク

Speedmax CFR Track

こちらはプロモーションビデオ

 

Speedmax CFR Trackは、CANYON初のトラックバイクとなる。 UCIのチューブ寸法に関する 3:1 ルールの改正により、設計エンジニアは可能な限り最も空力的なバイクを追求するために、大幅に異なるチューブ プロファイルを自由に試すことができるようになった。

しかし、特定の剛性プロファイルの制約内で動作する必要がある。70kmでトラックを上下にスイングするときに、しなりすぎたりねじれすぎたりすると、世界で最も空力性能の高いバイクであっても、世界最速のバイクにはならない。

そのため、Speedmax CFR Trackの見た目は、それほどワイルドではない。これまでのSpeedmaxトライアスロンバイクと外観は似ているが、全てにおいてトラックに最適なバイクとして仕上がっている。

 

互換性の高いハンドル

Image credit: CANYON

 

Canyon独自のコックピットでは、全体の高さ、パッドとエクステンションの位置を個別に調整可能となっている。

前後の位置や横方向(左右)の位置を微調整したり、エクステンション自体を回転したりすることができる。そのため、ライダーの手首がバーに対して座る角度も調整される。

これらはすべて、より連続的な方法で調整可能であり、風洞テストからのフィードバックにより、さまざまな体型に最適なエアロポジションが正確に情報を提供する。

各ライダーが完璧なフィット感を得ることができるのだ。

 

Image credit: CANYON

 

オムニアムで見られるバンチレースのために、バンチハンドルバーキットとスポークフロントホイールも生産している。

オムニアムとは

オムニアムは1日に4種目を争うレース。

  1. スクラッチ
  2. テンポレース
  3. エリミネーション
  4. ポイントレース

 

トラック専用ホイールにはクリンチャータイヤ装着

Image credit: CANYON

 

Canyon Speedmax CFR Trackは、Canyon独自のディスク ホイールセットを中心に設計されている。

驚くべきは、25mm幅のクリンチャー タイヤを中心に最適化されていることだ。トラックでは、今でも幅18~20mm のチューブラータイヤが一般的に使用されている。

CANYONは、19mmから始めてさまざまなタイヤをテストし、最終的にはトラックレース用の最速幅として25mmに落ち着いたと述べている。

ホイールはクリンチャー タイヤでも使用できるように設計されており、チューブラー タイヤよりも安定して速いことが判明した。

チューブレスセットアップの方が転がり抵抗を低減できることが判明したが、その差は非常に小さいため、この場合、クリンチャーセットアップの利便性がチューブレスの利点を上回っている。

 

Speedmax CFR Track Spec

Image credit: CANYON

 

  • フレーム: Canyon R115 Speedmax CFR トラック
  • フォーク: Canyon FK0113 Track Pursuit、15x40mm スルーアクスル
  • ベースバー: Canyon CP0040 エアロ トラック
  • エクステンション: Canyon Carbon Pro エクステンション システム
  • シートポスト:Canyon SP0068 エアロ
  • ホイール: Canyon CFR Disc Track 40/120、クリンチャー
  • タイヤ: コンチネンタル GP5000 TT TR、25mm
  • インナーチューブ:  Schwalbe Aerothan TPU
  • クランクセット: SRM Origin Track PM9 コンポジット、144x5mm BCD
  • ドライブトレイン:  Kappstein Pro Line Elite 58/15
  • チェーン:  Shimano Dura-Ace HG901、11spd
  • ボトムブラケット: セラミックスピード PF4630 コーティング
  • ヘッドセット:セラミックスピード コーティング 1in
  • サドル: Selle Italia ワット スーパーフロー カーボン
  • オプションの「標準」フォーク: Canyon FK0136 トラック、12x100mm スルーアクスル
  • オプションの「標準」ホイール: DT Swiss Canyon TRC1100
  • 重量 : 8.24kg
  • 価格: 2,529,000円
スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました