ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ジロ・デ・イタリア第2ステージ ゴール手前の落車でフレームが真っ二つ 総合勢もタイムを失う事態に

機材情報
Image by Paul Barlow from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

ジロ・デ・イタリア第2ステージのゴール前で落車が発生。

しかし、この落車はゴールから3km以内ではなかったので多くのライダーが総合タイムを失うことになってしまった。

そして、Team DSMはマーティン・トゥスフェルトの真っ二つになったScott Foil RCを動画で公開している。

事後でケガを負ったライダーの様子などを報告。

 

スポンサーリンク

フレームが真っ二つ

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット

 

落車が起こったのは、ゴール手前の3.4kmだったので巻き込まれたライダーは先頭と同タイム扱いにはならない。

上記のように、Trek-Segafredoのダン・フールは、この後1回転してしまった。

 

以下はTeam DSMが公開した落車後の様子

 

動画の最後の当たりで見られるけど、Scott Foil RCのフレームは完全に真っ二つになっている。如何に落車の影響が大きかったかが分かる動画だ。

 

ダン・フールのケガの様子

 

一回転してしまったTrek-Segafredoのダン・フールは、6分35秒遅れの最終走者でゴール。ケガの様子は、ふくらはぎに深刻な打撲があったとチームからの医療アップデートで伝えられている。

この落車では、幸いなことに全員が遅れながらもゴールはしている。

ダン・フールはTTスペシャリストで第1ステージも18位でフニッシュしている。第3ステージをスタートできると良いのだけど。

 

遅れた総合勢は

この落車により、多くの総合勢がタイムを失うことなった。

12秒遅れ

  • ブランドン・マクナリティ UAE Team Emirates 総合8位→総合9位

 

19秒遅れ

  • テイオ・ゲイガンハート INEOS Grenadiers 総合4位→総合8位
  • ジェイ・ヴァイン UAE Team Emirates 総合7位→総合10位
  • ジャック・ヘイグ Bahrain Victorious
  • ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ Israel – Premier Tech
  • エディー・ダンパー Team Jayco AlUla

 

31秒遅れ

  • テイメン・アレンスマン INEOS Grenadiers

 

INEOS Grenadiersのテイオ・ゲイガンハートは、総合4位から総合8位となり59秒差となってしまった。チーム内ではゲラント・トーマスが55秒差で総合6位に上がっている。

これはテイオ・ゲイガンハートにとっては、大打撃だろう。スプリンターステージでタイム損失してしまうとは誤算だ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました