ロードバイクの情報を発信しています!

2023 プルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・ 岡篤史が逃げ勝利は漁夫の利に~

海外情報
Photo credit: pirindao on VisualHunt.com
この記事は約11分で読めます。

スペインのワンデーレース、プルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ。Prueba Villafranca – Ordiziako Klasika(1.1)

スペインのギプスコア県オルディシアで開催。今年で100回目の歴史ある大会だ。

 

過去の優勝者

  • 2022    サイモン・イェーツ
  • 2021 ルイスレオン・サンチェス
  • 2020 サイモン・カー
  • 2019  ラファエル・バルス
  • 2018 ロベルト・パワー
  • 2017  SHILOV Sergey
  • 2016 サイモン・イェーツ
  • 2015  アンヘル・マドラソ
  • 2014 ゴルカ・イサギレ
  • 2013  TEKLEHAIMANOT Daniel
  • 2012  IZAGIRRE Gork

 

スポンサーリンク

オルディシア~オルディシア 165.9km

コースプロフィール photo ordizia

 

コースは、前半32kmの3周回。後半2周回の35.3kmの周回コースで行われる。
 
  1. 3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%
  2. スプリントポイント フニッシュライン
  3. 3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%
  4. スプリントポイント フニッシュライン lap1
  5. 3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%
  6. スプリントポイント フニッシュライン lap2
  7. 3級山岳 Alto de Altzo  2.6km・6.1%
  8. 3級山岳 Alto de Adaltzisketa   2.9km・6.9%
  9. スプリントポイント フニッシュライン lap3
  10. 3級山岳 Alto de Altzo  2.6km・6.1%
  11. 3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%

 

注目の選手は

  •  Team Jayco AlUla マイケル・マシューズ、アレッサンドロ・デマルキ
  • UAE Team Emirates フアン・アユソー、マルク・ヒルシ、アレッサンドロ・コーヴィ、ディエゴ・ウリッシ
  •  Astana Qazaqstan Team シモーネ・ヴィラスコ
  •  EF Education-EasyPost ベン・ヒーリー、サイモン・カー
  •  Movistar Team オイエル・ラスカノ、イバン・ソーサ
  •  Lotto-Dstny 
  •  TotalEnergies ジュリアン・シモン

 

スタート前

YouTube動画より

スタートの前に、民族衣装のダンスが。

 

先頭には、UAE Team Emiratesのフアン・アユソーが並ぶ。

 

スペインのコンチネルタルチーム、Electro Hiper Europaのライダーが単独で飛び出す。

 

変わって二人が集団の前に。

 

CCC Teamでも走っていたジョセフ・ロスコフが二人で逃げだした。雨が降っており映像が途切れる。

  1. ジョセフ・ロスコフ  Q36.5 Pro Cycling Team
  2. アレッサンドロ・ファンセルー EOLO-Kometa

 

追走が追いついた。

 

185番は、Team UKYOの岡篤史だ。

 

残り112.2km。集団はTeam Jayco AlUlaとUAE Team Emiratesが引いている。

 

3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%

雨で映像が入ってこなかったが、岡篤史が山岳ポイントを獲得している。

  1. 岡篤史 Team Jayco AlUla 3ポイント

 

3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%

先頭が3級山岳通過。雨で映像が上手く入ってこない。

 

下りから岡篤史が抜け出す。

  1. 岡篤史 Team UKYO
  2. シャビエル・イササ EOLO-Kometa

 

残り65.9km。タイム差がわからないが、まだ二人で逃げている。

 

中々、日本人選手が海外レースで逃げに乗る姿も見られない。

 

追走は7人に。元Team DSMで走っていたチャド・ハガも乗っている。現在は、Human Powered Health所属。

 

3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%

山岳ポイントがわかりずらい。ここも岡篤史がトップ通過。

  1. 岡篤史 Team UKYO 3ポイント
  2. シャビエル・イササ EOLO-Kometa 2ポイント
  3. ジョス・エチェベリア Caja Rural – Seguros RGA 1ポイント

 

現在、岡篤史が9ポイントで山岳ポイントトップ。

 

岡篤史が切れてしまった。

 

岡篤史が集団に吸収される。

 

Euskaltel – Euskadiのシャビエル・イササも集団に捕まった。

 

UAE Team Emirates先頭で、山岳ポイントを通過。

  1. マイケル・ヴィング UAE Team Emirates 3ポイント
  2. アレッサンドロ・コーヴィ UAE Team Emirates 2ポイント
  3. ディエゴ・ウリッシ UAE Team Emirates 1ポイント

 

スプリントポイント フニッシュライン lap3

UAE Team Emirates先頭でスプリントポイントを通過。

 

先頭は、マイケル・ヴィングかな。

 

残り30.6km。UAE Team Emiratesが先頭を引き続ける。

 

3級山岳 Alto de Altzo  2.6km・6.1%

Movistar Teamが先頭で引きまくる。

 

残り22.2km。EF Education-EasyPostがベン・ヒーリーをセットアップする。

 

下りで、抜け出したメンバーが整いつつある。

 

先頭は9人に。

  1. フェリックス・エンゲルハルト Team Jayco AlUla
  2. ヘスス・ダビッド・ペーニャ Team Jayco AlUla
  3. ジェフェルソン・セペダオルティス EF Education-EasyPost
  4. オイエル・ラスカノ Movistar Team
  5. イゴール・アリエッタ Equipo Kern Pharma
  6. アレッサンドロ・フロレンツィ Q36.5 Pro Cycling Team
  7. ハビエル・ロモ Astana Qazaqstan Team
  8. マルク・ヒルシ UAE Team Emirates
  9. フアン・アユソー UAE Team Emirates

 

3級山岳 Alto de Adaltzisketa  2.9km・6.9%

最後の登りに。雨がひどくなってきた。

 

ベン・ヒーリーの引きから、マルク・ヒルシがアタック!

 

残り11.7kmでフアン・アユソーがアタック!

 

ベン・ヒーリーが切れた。

  1. オイエル・ラスカノ Movistar Team
  2. マルク・ヒルシ UAE Team Emirates
  3. フアン・アユソー UAE Team Emirates

 

マルク・ヒルシが切れてしまう。

 

最後の山岳ポイントを二人で通過。

 

残り9.8kmでオイエル・ラスカノが切れてしまう。

 

残り7kmで、オイエル・ラスカノが再び追いつく。雨がひどくて映像が上手く入ってこない。

 

残り4.2km。フアン・ユアソーは後ろを何度も振り返る。マルク・ヒルシが追いつくのを待っているようだ。二人いれば、スプリントで勝利出来る。

 

残り3.2km。二人は少し会話。ゴールまで協力して先頭交代するようだ。

 

残り1.8km。

 

二人は後続を距離を確認している。

 

残り800mでベン・ヒーリーとマルク・ヒルシが追いついてきた。この後、オイエル・ラスカノが落車。

 

あっと、勿体ない。フアン・アユソーがカーブで落車してしまった。もう、ゴールまで走れば優勝だったのに~。

 

フアン・アユソーは、すぐに立ち上がったけど、すぐに2人に抜かれる。

 

先頭は二人に。

  1. オイエル・ラスカノ Movistar Team
  2. ベン・ヒーリー EF Education-EasyPost

 

二人はゴール前の、わずかな登りに。

 

ゴールには、マルク・ヒルシが先頭でかえってきた!

マルク・ヒルシは、これで今シーズン4勝目。この後のスケジュールはスペインのレースを転戦し、世界選手権へと向かう。ブエルタには出場予定はない。

 

ベン・ヒーリーは、スプリントでは勝てたことがない。スイス王者とアイルランド王者の対決は、マルク・ヒルシに軍配が上がった。

 

フアン・アユソーは、ギリギリで集団から逃げ切って3位でゴール。しかし、先頭の二人が落車してしまうとは、なんとも気の毒。

フアン・アユソーは、落車さえなけば勝利という絶好のチャンスをバスクのスケートリングで失ってしまった。

 

スポンサーリンク

リザルト

マルク・ヒルシのコメント(チーム公式サイトより)

この勝利は本当にうれしい。ハードなレースだったし、雨でさらに難しくなった。残念ながらフアンは最後に転倒してしまったが、それでも表彰台に立つことができた。

自分たちの強さを証明できたし、サン・セバスティアンでも戦えると思う。アンドラでのチーム・トレーニングキャンプなど、この数ヵ月間、多くのハードなトレーニングを積んできた。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 HIRSCHI Marc
UAE Team Emirates 125 3:49:34
2
 HEALY Ben
EF Education-EasyPost 85 0:03
3
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 70 0:24
4
 LAZKANO Oier
Movistar Team 60 0:25
5
 EULÁLIO Afonso
ABTF Betão – Feirense 50 ,,
6
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates 40 ,,
7
 PRADES Eduard
Caja Rural – Seguros RGA 35 ,,
8
 ADRIÀ Roger
Equipo Kern Pharma 30 ,,
9
 MIQUEL Pau
Equipo Kern Pharma 25 ,,
10
 BERASATEGI Xabier
Euskaltel – Euskadi 20 ,,
11
 ENGELHARDT Felix
Team Jayco AlUla 15 ,,
12
 KUDUS Merhawi
EF Education-EasyPost 10 ,,
13
 FEDELI Alessandro
Q36.5 Pro Cycling Team 5 ,,
14
 VELASCO Simone
Astana Qazaqstan Team 5 ,,
15
 MOLENAAR Alex
Electro Hiper Europa 5 ,,
16
 PEÑA Jesús David
Team Jayco AlUla 3 ,,
17
 CONCA Filippo
Q36.5 Pro Cycling Team 3 ,,
18
 MARTÍN Alex
EOLO-Kometa 3 ,,
19
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team 3 0:32
20
 GONZÁLEZ Abner
Movistar Team 3 ,,
21
 TERCERO Fernando
EOLO-Kometa 3 ,,
22
 ARRIETA Igor
Equipo Kern Pharma 3 ,,
23
 SILVA Joaquim
Efapel Cycling 3 ,,
24
 RUIZ Ibon
Equipo Kern Pharma 3 ,,
25
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies 3 ,,
26
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi   ,,
27
 SEPÚLVEDA Eduardo
Lotto Dstny   ,,
28
 ARDILA Andrés Camilo
Burgos-BH   ,,
29
 ROMO Javier
Astana Qazaqstan Team   ,,
30
 CEPEDA Jefferson Alexander
EF Education-EasyPost   ,,

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました