ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ルント・ウム・ケルン ドイツ伝統の一戦を制したのは?

海外情報
Photo credit: garzhia on VisualHunt
この記事は約11分で読めます。

ドイツで2番目に古いワンデーレースで今年で105回目の開催となる。Rund um Köln(1.1)

 

過去の優勝者

  • 2022   ニルス・ポリッツ
  • 2019 バティスト・プランカールト
  • 2018 サム・ベネット
  • 2017 グルゴール・ミュールベルガー
  • 2016 ディラン・フルーネウェーヘン
  • 2015 トム・ボーネン
  • 2014 サム・ベネット
  • 2013 セバスチャン・デルフォス
  • 2012 ヤン・バルタ
  • 2011 マイケル・マシューズ
  • 2010 フアン・ホセ・アエド

 

スポンサーリンク

ケルン~ケルン 201.1km

コースプロフィール photo rundumkoeln

 

ドイツのケルンで行われるワンデーレース。前半に同じ山岳を2回こえ、後半は2周回を経てケルンのゴールに向かう。

それほど厳しい登りではないので、スプリントで決着となるコース。

 

  1. スプリントポイント Neschen
  2. 山岳ポイント Agathaberg   0.9km・7.8%
  3. 山岳ポイント   Agathaberg   0.9km・7.8%
  4. 山岳ポイント   Sand  0.7km・6.1%
  5. 山岳ポイント   Bensbeag   1.1km・5.8%
  6. 山岳ポイント   Ferrenberg 1.2km・8.2%
  7. 山岳ポイント   Sand  0.7km・6.1%
  8. 山岳ポイント   Bensbeag   1.1km・5.8%
  9. スプリントポイント Rath

 

注目のライダーは

  •  BORA – hansgrohe ニルス・ポリッツ、ダニー・ファンポッペル、マキシミリアン・シャフマン、ヨルディ・メーウス
  •  Alpecin-Deceuninck ライオネル・タミニオニー
  •  Team Arkéa Samsic ナセル・ブアニ
  •  Team DSM サム・ウェルスフォード
  •  Intermarché – Circus – Wanty マイク・テウニッセン、ユーゴ・ウル
  •  Team Jayco AlUla ディラン・フルーネウェーヘン、ルーク・ダーブリッジ
  •  Lotto Dstny トーマス・デヘント、ミラン・メンテン
  •  Q36.5 Pro Cycling Team マッティオ・モスケッテイ
  •  Tudor Pro Cycling Team

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

昨年優勝のニルス・ポリッツは、子供二人をつれてチーム紹介に。

 

優勝候補は、Team Jayco AlUlaのディラン・フルーネウェーヘン。

 

対抗は、Team DSMのサム・ウェルスフォードか。

 

   

ナセル・ブアニは、落車からの復帰。今日は落車のないように願いたい。

 

ニルス・ポリッツ先頭でニュートラルスタート。

 

オフィシャルスタート。

 

お約束で、トーマス・デヘントがアタック!

 

だが、トーマス・デヘントはすぐに引き戻される。

 

スプリントポイント Neschen

どこがスプリントポイントなのかわからず。3人が軽く前に出ている。先頭はTeam Arkéa Samsicのユエン・コスティウ。

  1.  ユエン・コスティウ Team Arkéa Samsic 3ポイント
  2. ベン・ツボィホフ BORA-hansgrohe 2ポイント
  3. ヤコブ・オトルバ(ATT Investments)  1ポイント

 

Team Arkéa Samsicのユエン・コスティウは、良く逃げに乗っている。20歳の若者だ。

 

3人のタイム差は開かない。

 

あ~、結局3人の逃げは捕まる。振り出しだ。

 

新しい逃げが出来そうだ。

 

一人追走に出るがこれは追いつかず。

 

集団は容認か。

 

山岳ポイント Agathaberg   0.9km・7.8%

あらら、もう集団が後ろに見えてきた。

 

なんと登りで渋滞。狭い所に集団でいくので上がれない。何人かはチェーン落ち。歩いて押しているライダーも。

 

山岳ポイントを通過。

 

BORA-hansgroheが登りで攻めて集団を分断。

 

先頭は50人。1分12秒の差をつけている。

 

山岳ポイント   Agathaberg   0.9km・7.8%

BORA-hansgroheが先頭を固めて通過。

  1. ベン・ツボィホフ BORA-hansgrohe 3ポイント
  2. フローリアン・リポウィッツ BORA-hansgrohe 2ポイント
  3. ヨナス・コッホ BORA-hansgrohe 1ポイント

 

先頭にはBORA-hansgroheは7人。完全に先頭を支配している。Team Jayco AlUlaのディラン・フルーネウェーヘンは先頭集団にいる。

 

ニルス・ポリッツは、先頭集団の最後尾のほうを走っている。

 

ニルス・ポリッツは、サポートカーと相談。どこでアタックをかけるだろう。

 

山岳ポイント   Sand  0.7km・6.1%

BORA-hansgroheは、追走集団を1分40秒まで離した。

 

山岳ポイント   Bensbeag   1.1km・5.8%

残り83km。タイム差は1分49秒と広がっており追走が追いつくことはない。

 

山岳ポイントを通過。

  1.  DORN Vinzent( Bike Aid) 3ポイント
  2. ニルス・ポリッツ  BORA-hansgrohe 2ポイント
  3. フランチェスコ・ブサット (Circus – ReUz – Technord) 1ポイント

 

BORA-hansgroheのマキシミリアン・シャフマンがアタック!

 

Team Arkéa Samsicのユエン・コスティウが追走に出た。20秒以上あるが追いつくのか。

 

マキシミリアン・シャフマンは、集団から31秒離れた。

 

ユエン・コスティウはマキシミリアン・シャフマンに追いつくことなく集団に吸収される。

 

山岳ポイント   Ferrenberg 1.2km・8.2%

マキシミリアン・シャフマンは、単独で山岳に。

 

単独でトップ通過。

  1. マキシミリアン・シャフマン BORA-hansgrohe 3ポイント
  2. ルーカス・フリクソン Tudor Pro Cycling Team 2ポイント
  3. PAASSCHENS Mathijs (Lotto-Dstny) 1ポイント

 

マキシミリアン・シャフマンは、残り48.5kmで28秒差。

 

残り41.9kmまできた。まだ50秒のリード。

 

ニルス・ポリッツは、マキシミリアン・シャフマンが捕まると動くかな。

 

この追走からステージ優勝が出そうだ。

 

残り27.2kmで10秒とマキシミリアン・シャフマンが迫られる。

 

山岳ポイント   Bensbeag   1.1km・5.8%

8秒差で石畳の登りを上がる。

 

マキシミリアン・シャフマンが捕まった。

 

先頭集団は何人となるか。

 

後ろから次々と追いついてくる。

 

しかし、登りで人数は減っている。

 

残り8.9kmで後続に1分21秒差をつけた。この14人の中からステージ優勝が出る。

 

残り4.2km。Lotto-DstnyとBORA-hansgroheの戦いとなりそうだ。

 

BORA-hansgroheが、マキシミリアン・シャフマン、ダニー・ファンポッペルを引く。

 

Lotto-Dstnyは、ミラン・メンテンで勝負だ。

 

残り1.1km。マキシミリアン・シャフマンが前引く。

 

ニルス・ポリッツがリードアウトで、ダニー・ファンポッペルを引く。

 

ニルス・ポリッツのリードアウトからダニー・ファンポッペルが発射!

 

ダニー・ファンポッペルが先頭で藻掻く!

 

ダニー・ファンポッペルの後ろから、ジャスパー・デブイストに発射されたミラン・メンテンが追いこむ。

 

ダニー・ファンポッペルとミラン・メンテンの戦いだ。

 

 

ダニー・ファンポッペルがゴールでハンドルを投げた~!

 

ミラン・メンテンが追い込んだ!

勝ったのはどっちだ?

 

これは~。

 

勝ったのは、ダニー・ファンポッペルだ。わずかな差だが、ロングスプリントを見事に見せてみせた。

BORA-hansgroheが、Lotto-Dstnyの二人をかわした形だ。BORA-hansgroheはドイツチームとして面目を保ち、昨年のニルス・ポリッツに続き、ダニー・ファンポッペルが見事にチームの期待に応えた。

ダニー・ファンポッペルは、2年振りの勝利だ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ダニー・ファンポッペルのコメント(チーム公式サイトより)

本当に僅差のスプリントで、ゴール直後は、本当に勝利をつかむのに十分だったのかどうか、よくわからなかった。最後の数キロで痙攣を起こしたが、ニルス・ポリッツが完璧なスプリントを用意してくれたので、ゴールまですべてを出し切るしかなかった。

この勝利はとてもうれしい。今日はこの勝利のためにたくさん働いた!

私たちはここで最も強いチームであり、チャンスを最大限に生かしたと思う。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe 125 4:24:54
2
 MENTEN Milan
Lotto Dstny 85 ,,
3
 DE BUYST Jasper
Lotto Dstny 70 ,,
4
 TEUNISSEN Mike
Intermarché – Circus – Wanty 60 ,,
5
 GHYS Robbe
Alpecin-Deceuninck 50 ,,
6
 MOZZATO Luca
Team Arkéa Samsic 40 ,,
7
 KEUP Pierre-Pascal
Team Lotto – Kern Haus 35 ,,
8
 POLITT Nils
BORA – hansgrohe 30 ,,
9
 O’BRIEN Kelland
Team Jayco AlUla 25 ,,
10
 ERIKSSON Lucas
Tudor Pro Cycling Team 20 ,,
11
 KUYPERS Gerben
Intermarché – Circus – Wanty 15 0:05
12
 SCHWARZMANN Michael
Lotto Dstny 10 ,,
13
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe 5 0:11
14
 PAASSCHENS Mathijs
Lotto Dstny 5 0:24
15
 KOCH Jonas
BORA – hansgrohe 5 3:27
16
 BALLERSTEDT Maurice
Alpecin-Deceuninck 3 ,,
17
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 3 ,,
18
 HEMING Mika
Tudor Pro Cycling Team 3 ,,
19
 ŠTOČEK Matúš
ATT Investments 3 ,,
20
 DORN Vinzent
Bike Aid 3 ,,
21
 HEINSCHKE Leon
Team DSM 3 ,,
22
 CHRISTEN Fabio
Q36.5 Pro Cycling Team 3 ,,
23
 PAGE Hugo
Intermarché – Circus – Wanty 3 ,,
24
 COSTIOU Ewen
Team Arkéa Samsic 3 ,,
25
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 3 ,,
26
 PONOMAR Andrii
Team Arkéa Samsic   ,,
27
 LIPOWITZ Florian
BORA – hansgrohe   ,,
28
 ERIKSSON Jacob
Tudor Pro Cycling Team   ,,
29
 BUSATTO Francesco
Intermarché – Circus – Wanty   ,,
30
 KLUCKERS Arthur
Tudor Pro Cycling Team   12:24
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました