ロードバイクの情報を発信しています!

2023 オー・グラン・カミノ第1ステージ 大雪の中、ツール覇者ヨナス・ヴィンゲゴーの走りは? 【追記】

海外情報
Photo credit: byb64 on Visualhunt.com
この記事は約7分で読めます。

1933年に初開催され、2002年に一旦終了していたスペインのステージレース。

昨年から復活して、今年レース名がグラン・カミノからオーグラン・カミノに変更。O Gran Camiño(2.1) Oに何の意味があるのかはわからない。

昨年の総合優勝はアレハンドロ・バルベルデだった。今年の注目は2022ツール・ド・フランスを制したヨナス・ヴィンゲゴーが登場することだ。

 

スポンサーリンク

第1ステージ ローマ城壁~サリア 188km

コースプロフィール photo ograncamino

 

スペインの初日のレースとしては、おとなしい感じ。ルーゴのローマの壁と呼ばれる旧市街地からスタート。初日はパンチャー有利のコースだ。

 

  1. スプリントポイント Guntin
  2. 3級山岳 Alto da Fontenla 5.1km・7.9%
  3. 3級山岳     A Cruz do Incio  4.6km・5.3%
  4. スプリントポイント  Samos
  5. 3級山岳  Alto de Montán    5.4km・3.9%

 

注目されるライダーは

  •  Movistar Team ルーベン・ベレイロ、イバン・ソーサ
  •  Jumbo-Visma ヨナス・ヴィンゲゴー、ステファン・クライスヴァイク、ローハン・デニス
  •  Astana Qazaqstan Team ダビ・デラクルス、ジャンニ・モスコン
  •  Cofidis ヘスス・エラダ、ヨン・イサギレ、シモン・ゲシュケ
  •  Euskaltel – Euskadi
  •  Equipo Kern Pharma
  •  Caja Rural – Seguros RGA
  •  Burgos-BH
  •  Q36.5 Pro Cycling Team ジャンルーカ・ブランビッラ
  •  Team Corratec
  •  Human Powered Health チャド・ハガ
  •  EOLO-Kometa ロレンツォ・フォルトゥナート

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

注目はJumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲゴーに集まる。

 

ヨナス・ヴィンゲゴー先頭でスタート。

 

9人の逃げ

9人が逃げている。雨で見えない。

  1. ジャンニ・モスコン Astana Qazaqstan Team
  2. エリック・アントニオ(Burgos-BH)
  3. ジョセフ・ロスコフ(Q36.5 Pro Cycling Team)
  4. アレクサンダー・コニシェフ( Team Corratec)
  5. セバスティアン・シェーンベルガー (Human Powered Health)
  6. フランチェスコ・ガヴァッツイ (EOLO-Kometa)
  7.  GARCIA Jose Maria(Electro Hiper Europa)
  8. HARVEY Dean(Trinity Racing)
  9. FERNANDES Venceslau(APHotels and Resorts – Tavira)

 

集団はMovistar TeamとJumbo-Vismaが引いている。タイム差は、残り66.1kmで2分31秒差。

 

Cofidisも先頭交代に加わる。それにしても寒そうな恰好だ。

 

3級山岳     A Cruz do Incio  4.6km・5.3%

3級山岳に先頭が登りだした。タイム差は1分53秒と詰められてくる。

 

山岳ポイントまで1.3km。

 

先頭は3級山岳を越えた。

  1. セバスティアン・シェーンベルガー (Human Powered Health) 3ポイント
  2. フランチェスコ・ガヴァッツイ (EOLO-Kometa) 2ポイント
  3. ジャンニ・モスコン Astana Qazaqstan Team 1ポイント

 

何か白い物が見える。これは雪が降っているのか。

 

残り36.4km。やはり雪が降っている。タイム差は55秒に。先頭は7人。

  1. ジャンニ・モスコン Astana Qazaqstan Team
  2. エリック・アントニオ(Burgos-BH)
  3. ジョセフ・ロスコフ(Q36.5 Pro Cycling Team)
  4. アレクサンダー・コニシェフ( Team Corratec)
  5. セバスティアン・シェーンベルガー (Human Powered Health)
  6. フランチェスコ・ガヴァッツイ (EOLO-Kometa)
  7.  GARCIA Jose Maria(Electro Hiper Europa)

 

残り1周

集団もゴールラインを通過。

 

寒すぎて、自分でグローブがはめられない。

 

手の感覚がなくなって振っている。

 

Jumbo-Vismaのヨハネス・シュタウネ=ミテットは、お尻を叩いている。開発チームの21歳のライダーだ。大雪になってきた。

 

登りで先頭は人数を減らしていく。大雪だ。

 

ついに、集団は逃げを捕まえそうだ。これは速くゴールしたいだろうなあ~。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、集団前方にいる。

 

先頭を引くローハン・デニスは半パンだ。これは凍死してしまう。

 

集団は後方に。

 

ジャンニ・モスコンは、まだ頑張っている。

  1. ジャンニ・モスコン Astana Qazaqstan Team
  2. セバスティアン・シェーンベルガー (Human Powered Health)

 

もう雪で見えない。下りで、再び集団を突き放した。一人追ってきている。

 

除雪車が前を走る状態。

 

下りで3人となる。雪の中半パンだぞ。

  1. ジャンニ・モスコン Astana Qazaqstan Team
  2. セバスティアン・シェーンベルガー (Human Powered Health)
  3. HERNAIZ Vicente (Rádio Popular – Paredes – Boavista)

 

先頭の3人はまだ逃げてるけど~。

 

集団は止まってしまった。

 

これはレースが無効だ。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーもオフィシャルに聞いて納得。

 

残り16.7km。3人はまだ走っている。このままゴールまで行くのかな。レースは無効になったのだけど。

 

Jumbo-Vismaの選手は、もう車に乗り込んだ。

 

もう少し走ると晴れてきたのにね。ただ、寒さでみんな走れる状態ではなくなっていた。

 

さすがに、先頭の3人もサポートカーに乗り込んだ。ゴール地点は降っていない。

 

ゴールにライダーが帰ってくることはなかった。あ~残念。

 

スポンサーリンク

リザルト

第1ステージリザルト

と、いうこでレースのリザルトはなくなった。最後まで逃げていた3人はかなり可哀そう。第2ステージは、彼らがリードしている所から始めればよいのにね。

【追記】

ポイント賞

Rnk Rider Team Points
1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 20
2
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 17
3
 DENNIS Rohan
Jumbo-Visma 15

山岳賞

Rnk Rider Team Points
1
 GAVAZZI Francesco
EOLO-Kometa 7
2
 SCHÖNBERGER Sebastian
Human Powered Health 6
3
 MOSCON Gianni
Astana Qazaqstan Team 1
4
 GARCIA Jose Maria
Electro Hiper Europa 1

降雪までの記録は第2ステージに引き継がれる。

中間スプリントでJumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲゴーは3秒を獲得。第2ステージでは、ボーナスタイム3秒でスタートする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました