ロードバイクの情報を発信しています!

2022 フランダース選手権 マーク・カヴェンディシュ、ファビオ・ヤコブセンvsカレブ・ユアン

海外情報
Photo credit: blavandmaster on VisualHunt
この記事は約11分で読めます。

ベルギーでおこなわれるカンピウンスハップ・ファン・フラーンデレン。Kampioenschap van Vlaanderen(1.1)

直訳するとフランダース選手権、またはフランダース王座決定戦。別名、地元の名前からコールスカンプ・クルス(Koolskamp Koerse)とも呼ばれている1クラスのワンデイレース。

1908年から始まっている100年以上続く伝統のレースだ。

過去の優勝者

  • 2021 ジャスパー・フィリップセン
  • 2019 ヤニック・シュタイムレ
  • 2018 ディラン・フルーネウェーヘン
  • 2017 フェルナンド・ガビリア
  • 2016  ティモシー・デュポン
  • 2015  ミハウ・ゴワシュ 2021引退
  • 2014 アルノー・デマール
  • 2013  イェンス・デブシェール
  • 2012  VAN ZANDBEEK Ronan
  • 2011 マンセル・キッテル 2019年引退

 

スポンサーリンク

コールスカンプ~コールスカンプ  195.3km

コースマップ photo koolskampkoers

 

コールスカンプは、ベルギーの西フランダース州にある小さな村。1908年から始まっており、今年で106回目となる。

コースはみての通りの周回コースだ。

 

コースプロフィール photo koolskampkoers

 

コールスカンプで始まり、ズウェーフェゼーレ、エゲム、ピッテムを通る。

若干のアップダウンはあるが高低差は10m程度。15.1kmの周回コースを13周行う。誰がどう見てもスプリンターのためのステージだ。

フランダース選手権は、ベルギーとオランダのワンデーレースで開催される Exterioo Cycling Cupシリーズの最終レース。

このExterioo Cycling Cupのチャンピオンは、すでにLotto Soudalのアルノー・デライで決定している。

 

注目のライダーは

  •  Alpecin-Deceuninck ティム・メルリエ
  •  Quick-Step Alpha Vinyl Team マーク・カヴェンディシュ、ファビオ・ヤコブセン
  •  BORA – hansgrohe ヨルディ・メーウス、マルコ・ハーラー
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux ヘルベン・タイッセン
  •  Cofidis マキシミリアン・ヴァルシャイド、シモーネ・コンソンニ
  •  Team Arkéa Samsic アモリ・カピオ
  •  Lotto Soudal カレブ・ユアン
  •  Trek – Segafredo エドワード・トゥーンス
  •  Team BikeExchange – Jayco ディラン・フルーネウェーヘン
  •  Movistar Team オスカル・ロドリゲス
  •  Israel – Premier Tech トムファン・アスブロック
  •  Team DSM ケース・ボル
  •  EF Education-EasyPost

 

スタート前

英国チャンピオンジャージで登場のマーク・カヴェンディシュ。来年度の契約の発表はまだない。

 

今日のフランダース地方は雨が降ったり止んだり。

 

マーク・カヴェンディシュは先頭からスタート。

 

5人の逃げ

5人の逃げ。

  1. ヨハン・ヤコブス Movistar Team
  2. Gwen Leclainche (Go Sport – Roubaix Lille Métropole)
  3. Nick van der Meer (VolkerWessels Cycling Team)
  4. Lorenz Van De Wynkele(beiden Team Elevate p/b Home Solution Soenens)
  5. Warre Vangheluwe (beiden Team Elevate p/b Home Solution Soenens)

 

BORA – hansgrohe、Lotto Soudalが先頭を引く。タイムは2分台で進む。

 

残り47.7kmでタイム差は40秒に。

 

先頭は、どこまで逃げれるだろう。

 

集団先頭をEF Education-EasyPostが固める。風を利用しているようだ。

 

逃げていたメンバーを一人吸収。

 

残り40km。18秒差で後ろに集団が見えてきた。

 

タイム差をコントロールされて前で泳がされている。

 

残り2周

残り2周を先頭が通過。

 

マーク・カヴェンディシュはしっかりと集団前方に。

 

マチュー・ファンデルプールの兄貴がパンク。バイク交換して走りだす。

 

Team DSMが先頭に。マーク・カヴェンディシュは前におり、顔が見えている。

 

タイム差10秒でキープ。

 

後ろに見えているのだけど、集団は捕まえない。

 

先頭は二人に。

  1. ヨハン・ヤコブス Movistar Team
  2. Gwen Leclainche (Go Sport – Roubaix Lille Métropole)

 

残り1周

集団は6秒差で通過。

 

残り14.1kmで5秒差。

 

二人は残り13kmで捕まった。

 

Israel – Premier Techのライリー・ピクレルがパンク。Israel Cycling Academy所属の21歳。

 

後は位置取り合戦か。

 

残り5.5kmでB&B Hotels – KTMが先頭に。

今度はIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxが先頭。

 

残り3.2kmでLotto Soudalが先頭に。

 

ロジャー・クルーゲはカレブ・ユアンの位置を確認する。

 

Lotto Soudalが先頭をキープ。

 

ロジャー・クルーゲが下がって、今度はLotto Soudalのレイナルト・ヤンセファンレンズバーグが先頭に。2番手はTrek-Segafredoのエミルス・リエピンス。ラトビアチャンピオンジャージだ。

 

残り1.3kmでIsrael – Premier Techのライダーが落車。脳震盪は大丈夫か。

 

残り1kmのゲートをくぐった。

 

先頭はTrek-Segafredoに。

 

先頭は後ろを確認している。

 

カレブ・ユアンは真ん中からスプリント開始!

 

カレブ・ユアンの後ろはTeam Arkéa Samsicのアモリ・カピオ。隣はB&B Hotels – KTMのルーカ・モッツァート。

 

先頭はB&B Hotels – KTMのルーカ・モッツァート。

 

左からファビオ・ヤコブセンがルーカ・モッツァートを追い抜く。

 

ファビオ・ヤコブセンとカレブ・ユアンの一騎打ちだ。

 

ファビオ・ヤコブセンとカレブ・ユアンがハンドルを投げた!

 

 

勝ったのはファビオ・ヤコブセンだ~!

かなり、後ろから追いこんできて先頭まで出てくるのだから、凄い足だ。ファビオ・ヤコブセンは欧州チャンピオンジャージを着て、初めて勝利したレースとなった。

2位はカレブ・ユアン。3位にはディラン・フルーネウェーヘンが入った。Alpecin-Deceuninckのティム・メルリエは6位と勝利には中々届かない。

 

スポンサーリンク

リザルト

ファビオ・ヤコブセンのコメント

特にローカル・ラップをこなさなければならなかったので、混沌とした決勝だった。また、今回はポイント獲得を狙っているチームが多く、非常に緊張した。

大きなツアーの舞台のようだった。幸運なことに、今日は脚が速かったんだ。最後の数百メートルで隙間ができたので、そのまま通過し、スプリントを開始することができた。

その後、ユアンと一騎打ちになったが、幸運にも今日は僕が一番速かった。ヨーロッパのジャージを着て勝ちたかったんだ。今までそんなことはできなかったからね。

カレブ・ユアンのコメント

このフィニッシュのタイミングを計るのはとても難しかった。最後のストレートは向かい風で、常に良いポジションを取ることが必要だった。

Lotto Soudalは、貴方を強力なポジションに置いたまま、最後の数キロを走り抜けましたね。

あまり前に出過ぎると、風を受けすぎてしまうからだ。でも、あまりに後ろにいると、時間内にポジションを上げることができないリスクがある。チームはずっと僕をサポートしてくれたし、みんな自分の仕事をよくやってくれた。

最後のスプリントでルーカ・モッツァート(B&B Hotels – KTM)に追いつき、ゴール目前でファビオ・ヤコブセンに追い抜かれてましたね。

でもこれ以上待つわけにはいかなかったんだ。プッシュし続け、スピードを維持することはできたが、最終的にはファビオ・ヤコブセンに抜かれてしまったんだ。

もちろん、勝ちたかったけれど、同時に自分の調子にも満足している。これからいくつかのレースが控えているし、また優勝争いをするチャンスがあると思う。

RnkRiderTeamUCITime
1
 JAKOBSEN Fabio
Quick-Step Alpha Vinyl Team1254:22:59
2
 EWAN Caleb
Lotto Soudal85,,
3
 GROENEWEGEN Dylan
Team BikeExchange – Jayco70,,
4
 MOZZATO Luca
B&B Hotels – KTM60,,
5
 DUPONT Timothy
Bingoal Pauwels Sauces WB50,,
6
 MERLIER Tim
Alpecin-Deceuninck40,,
7
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux35,,
8
 ABERASTURI Jon
Trek – Segafredo30,,
9
 BARBIER Pierre
B&B Hotels – KTM25,,
10
 CAPIOT Amaury
Team Arkéa Samsic20,,
11
 FRETIN Milan
Sport Vlaanderen – Baloise15,,
12
 BOMBOI Davide
Team Elevate p/b Home Solution Soenens10,,
13
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost5,,
14
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech5,,
15
 DE KLEIJN Arvid
Human Powered Health5,,
16
 WEEMAES Sasha
Sport Vlaanderen – Baloise3,,
17
 CONSONNI Simone
Cofidis3,,
18
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe3,,
19
 KOGUT Oded
Israel – Premier Tech3,,
20
 D’HEYGERE Gil
Minerva Cycling3,,
21
 WELSFORD Sam
Team DSM3,,
22
 WALSCHEID Max
Cofidis3,,
23
 VIVIANI Attilio
Bingoal Pauwels Sauces WB3,,
24
 EINHORN Itamar
Israel – Premier Tech3,,
25
 TORRES Albert
Movistar Team3,,
26
 DISSEL Bram
BEAT Cycling ,,
27
 KONYCHEV Alexander
Team BikeExchange – Jayco ,,
28
 LARSEN Niklas
Uno-X Pro Cycling Team ,,
29
 VAN TRICHT Stan
Quick-Step Alpha Vinyl Team ,,
30
 ELOSEGUI Iñigo
Movistar Team ,,

コメント

タイトルとURLをコピーしました