ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージ 何故、テイメン・アレンスマンは逃げから降りたのか?

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャで期待していたライダーの一人がTeam DSMのテイメン・アレンスマンだ。

第9ステージスタート時に、総合11位、このステージでは更に順位を上げると思っていたのだけど。

決定的な逃げに乗ったけれど、降りてしまう。だが、この判断は結果的に良い方向には向かわなかった。

 

スポンサーリンク

チームの思惑が外れる

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

 

テイメン・アレンスマンは、激しいアタック合戦の末にようやく出来た逃げに乗れていた。

この時のメンバーは

  1. サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team
  2. エドアルド・ザンバニーニ Bahrain Victorious
  3. ディラン・ファンバーレ INEOS Grenadiers
  4. ルイス・メンチェス Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  5. フィリッポ・コンカ Lotto Soudal
  6. テイメン・アレンスマン Team DSM
  7. ジミー・ヤンセンス Alpecin-Deceuninck
  8. ロバート・スタナード Alpecin-Deceuninck
  9. ホセ・ディアス Burgos-BH
  10. ティボー・ゲルナレック Team Arkéa Samsic

逃げの中ではもっと良いタイムで、総合で3分18秒差だった。

 

 

だが、テイメン・アレンスマンはチームの判断で集団に戻っている。チームとしては、逃げが追われて、捕まるよりは、最後の登りで勝負することを選んだのだろう。

だが、チームの思惑は見事に外れる。

テイメン・アレンスマンは、最後の1級山岳レス・プラエレスの前に、テイオ・ゲイガンハート、クリス・ハーパーと絡んで落車してしまう。

画像はないけれど、この落車によりテイメン・アレンスマンは精神的に切れてしまうことに。

 

ゴール後のインタビューに答えるテイメン・アレンスマン

 

ゴール後にテイメン・アレンスマンはインタビューに以下のように答える。

 

何故、集団に戻る判断をしたのか?

どうして?そのほうがよかったと思うからだ。私たちはチームとして一緒にそれを決めた。それを決めたんだ。いいと思ったから集団に戻ったんだ。

 

しかし、ステージでは22位で、レムコから2分30秒遅れてますね。

最後の登りの直前に、INEOS Grenadiers のテイオ・ゲイガンハートと転倒したことは非常に残念だ。

私はそこに戻ってくるのに多くのエネルギーを浪費した。そうすることで、私は自分の限界を超えた。

それが、暑さのせいで、精神的にひびが入った理由だ。それに登りは、とても急だった。肉体的にひびが入ったというよりも、精神的にひびが入ったんだ。

今は最初に休息日があり、次に個人タイムトライアルがある。そして、私たちは見ていく。

 

インタビューでは集団に戻ったことをチームと一緒に決めたと4回も強調して言っている。

最終的に、逃げはルイス・メンチェスが最後まで逃げ切った。逃げのメンバーの中では最強であり、彼が勝つことを逃げのメンバーも知っていた。

だが、テイメン・アレンスマンが逃げに残っていたら、どう展開が変わっていただろう。ルイス・メンチェスはツールでも逃げに乗って総合順位を上げている。

今回もそうだ。ルイス・メンチェスは総合順位も上げている。

テイメン・アレンスマンも、逃げ続けていたら1分以上総合でタイム差を縮めていたことだろう。いや、もっと順位をあげる走りを見せていたかもしれない。

タラレバになるけど、今シーズン限りでチームを退団するかもしれないのだから、逃げにかけてみても良かったかもしれない。チームの指示が残念でならない。

 

こちらはゴール後のインタビューの様子

コメント

タイトルとURLをコピーしました