ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツール・ド・フランスで最も勝利したバイク、機材な何か?

機材情報
Photo credit: Scudamore's Punting Cambridge on Visualhunt.com
この記事は約9分で読めます。

2021ツール・ド・フランスは終了し、タデイ・ポガチャルが2連覇を達成した。

では、このツール・ド・フランスで最も勝ったバイクは何だろうか? そして、ホイールやコンポなども気になるところ。

ディスクブレーキ搭載バイクが増えて、タイヤもチューブラーから少しずつ変わりつつある。どんなパーツが最も勝利しているのか見てみよう。

 

スポンサーリンク

ステージ優勝のライダーとパーツ

まずは、2021ツールで勝利したライダーが何を使っていたのか見てみると

※スマホの場合にはスワイプして見て下さい
テージ勝者(チーム)自転車ホイールタイヤタイヤタイプグループセット
1ジュリアン・アラフィリップ(Deceuninck-QuickStep)
Specialized S-Works Tarmac SL7
Roval Rapide CLX
Specialized Turbo Cotton
ClincherShimano Dura Ace Di2 Disc
2マチュー・ファンデルプール(Alpecin Fenix)
Canyon Aeroad CFR
Shimano Dura-Ace C60
Vittoria CorsaTubularShimano Dura Ace Di2 Disc
3ティム・メルリール(Alpecin Fenix)
Canyon Aeroad CFR
Shimano Dura-Ace C60
Vittoria CorsaTubularShimano Dura Ace Di2 Disc
4マーク・カヴェンディッシュ(Deceuninck-QuickStep)
Specialized S-Works Tarmac SL7
Roval Rapide CLX
Specialized Turbo Cotton
ClincherShimano Dura Ace Di2 Disc
5タデイ・ポガチャル(UAE Team Emirates)Colnago K-OneCampagnolo
Vittoria Corsa TLR
TubelessCampagnolo Super Record EPS 11 Rim
6マーク・カヴェンディッシュ(Deceuninck-QuickStep)
Specialized S-Works Tarmac SL7
Roval Rapide CLX
Specialized Turbo Cotton
ClincherShimano Dura Ace Di2 Disc
7マテイ・モホリッチ(Bahrain Victorious)Merida ReactoVision Metron
Continental GP5000 TL
TubelessShimano Dura Ace Di2 Disc
8ディラン・トゥーンス(Bahrain Victorious)Merida SculturaVision Metron
Continental Competition
TubularShimano Dura Ace Di2 Disc
9ベンオコナー(AG2R Citroen)
BMC Teammachine SLR
Campagnolo Bora One
Pirelli P ZeroTubularCampagnolo Super Record EPS 12 Disc
10マーク・カヴェンディッシュ(Deceuninck-QuickStep)
Specialized S-Works Tarmac SL7
Roval Rapide CLX
Specialized Turbo Cotton
ClincherShimano Dura Ace Di2 Disc
11ワウト・ファンアールト(Jumbo Visma)Cervélo R5 (unreleased)
Vision Metron (non-sponsor)
Vittoria CorsaTubularShimano Dura Ace Di2 Disc
12ニルス・ポリッツ (Bora Hansgrohe)
Specialized S-Works Tarmac SL7
Roval Rapide CLX
Specialized Turbo Cotton
ClincherShimano Dura Ace Di2 Disc
13マーク・カヴェンディッシュ(Deceuninck-QuickStep)
Specialized S-Works Tarmac SL7
Roval Rapide CLX
Specialized Turbo Cotton
ClincherShimano Dura Ace Di2 Disc
14バウク・モレマ(Trek Segafredo)
Trek Emonda SLR
Bontrager Aelous RSL
Pirelli P ZeroTubularSRAM Red eTap AXS 12 Disc
15セップ・クス(Jumbo Visma)Cervélo R5 (unreleased)
Vision Metron (non-sponsor)
Vittoria CorsaTubularShimano Dura Ace Di2 Disc
16パトリック・コンラット (Bora Hansgrohe)
Specialized S-Works Tarmac SL7
Roval Rapide CLX
Specialized Turbo Cotton
ClincherShimano Dura Ace Di2 Disc
17タデイ・ポガチャル(UAE Team Emirates)Colnago V3Rs
Campagnolo Bora Ultra
Vittoria CorsaTubularCampagnolo Super Record EPS 12 Rim
18タデイ・ポガチャル(UAE Team Emirates)Colnago V3Rs
Campagnolo Bora Ultra
Vittoria CorsaTubularCampagnolo Super Record EPS 12 Rim
19マテイ・モホリッチ(Bahrain Victorious)Merida ReactoVision Metron
Continental GP5000 TL
TubelessShimano Dura Ace Di2 Disc
20ワウト・ファンアールト(Jumbo Visma)Cervélo P5
Shimano / Aerocoach
Vittoria Corsa Speed TLR
Tubeless
Dura Ace Di2 Disc
21ワウト・ファンアールト(Jumbo Visma)Cervélo S5
Shimano Dura-Ace C60
Vittoria CorsaTubular
Dura Ace Di2 Disc

 

19のメーカーがあるが、2021年ツールではわずかに7つの異なるバイクブランドだけが勝利を勝ち取った。

最多勝は、Specialized S-Works Tarmac SL7だ。Deceuninck-Quick-Stepのマーク・カヴェンデッシュが4勝、ジュリアン・アラフィリップ。

BORA-hansgroheのニルス・ポリッツにパトリック・コンラットも逃げて勝っている。

2番手は、ワウト・ファンアールト3勝、セップ・クスも勝利をあげたCervéloが続いている。

ワウト・ファンアールトは、タイムトライヤル、スプリント、山岳ステージで優勝し、P5タイムトライヤルバイク、S5エアロバイク、そして新型と思われる未発表のR5に乗り、3つの異なるバイクで優勝している。

 

3位は、タデイ・ポガチャル3勝、マテイ・モホリッチ2勝、ディラン・トゥーンスの勝利のおかげで、それぞれ3つの勝利をあげたコルナゴとメリダとなる。

コルナゴが、マイヨ、山岳、新人と3つも独占したのはタデイ・ポガチャルのおかげだ。

 

ツール・ド・フランスで勝利したバイクをまとめてみると

ブランドステージ優勝
Specialized7
Cervelo4
Colnago3
Merida3
Canyon2
Trek1
BMC1

 

最も勝利したホイール

スぺシャライズドの7回の勝利により、構成子会社であるRovalはホイールのカテゴリーで同じ数の勝利数となっている。

シマノがスボンサーしているチームは、かなり多い。だけど、シマノのホイールを使わないチームも多い。ホイールではRovalが圧倒的だ。

 

ブランドステージ優勝
Roval7
Vision5
Shimano4
Campagnolo4
Bontrager1

 

タイヤの種類

チューブレス、チューブラー、クリンチャー。これらは2021ツールで使われた3種類のタイヤ技術。

スペシャライズドのターボコットンタイヤに乗ったDeceuninck-Quick-StepとBORA-hansgroheの7回の勝利により、2位はクリンチャーとなった。

 

ブランドステージ勝利タイヤタイプ
Vittoria9チューブラー
Specialized7クリンチャー
Continental3チューブレス
Pirelli2チューブラー

 

コンポはShimano

Shimanoは12スピードになっていないけれども、依然として75%を締めるほど使われている。

カンパニョーロはタディ・ポガチャルの勝利にほかならない。SRAMはバウケ・モレマの1勝に留まってしまった。

 

ブランドステージ勝利
Shimano16
Campagnolo4
SRAM1

 

リムブレーキ

ディスクブレーキをほとんどのチームが使用するので、勝利数が増えるのは当たり前だ。

リムブレーキを使うのはイネオスとタデイ・ポガチャルが一部のステージでリムブレーキを使用したくらい。

タデイ・ポガチャルが勝利したステージでは全てリムブレーキを使用。これにより、なんとかリムブレーキでの勝利も得られている。

 

ブランドステージ勝利
ディスクブレーキ18
リムブレーキ3

 

来年にはリムブレーキを使用するチームが無くなるかもしれませんね。リムブレーキ派にとってはちょっと悲しいことになりそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました