ロードバイクの情報を発信しています!

Storckから2021年モデルのStorck Aerfast 3エアロロードバイク登場

機材情報
photo Storck
この記事は約4分で読めます。

1986年創業のドイツ、フランクフルトのバイクブランドStorckからAerfast 3が発表された。

風洞実験によって最適化されたフレームは、ディスクブレーキ専用モデルで、完全内部ルーティング。

同社のAerfast Platinum G2を進化させたバイクとなっている。最近のエアロバイクの特徴を備えたバイクだ。

 

スポンサーリンク

Storck Aerfast 3

こちらはプロモーションビデオ
FAST – FASTER – AERFAST.3

 

photo Storck

内部ケーブルルーティングを実現するために、RBSUAerfast3カーボンステム/ハンドルバーが付属。

ヘッドチューブに入るときにケーブルを隠すエアロスペーサーと結合する。

 

photo Storck

風洞実験によって、チューブプロファイルを微調整。45km/hを維持するために必要なワット数は11W少なくなった。

剛性を高め、重量を減らし、コンプライアンスを高めている。フレーム重量については記載がない。

 

photo Storck

動力伝達は10%向上し、ヘッドセットの剛性は13%向上。フォークの横方向の剛性は14%向上したと言われている。新しい、より準拠したシートポストのおかげで、快適さも13%向上すると言われている。

快適さというのは、振動吸収性のことかな。どうやって測定しているのかは不明。

 

photo Storck

フレームのデカールを消したら、どこのバイクだかわかんないですね。突き詰めていくと同じような形状になるということなのかな。

 

ERFAST3PROディスクSRAMRED ETAP AXS 2X12 spec

photo Storck

  • フレーム:Storck Aerfast3 Proディスク
  • フォーク:Storck Aerfast3 Proディスクエアロ
  • カラー:マットブラック/ Aeratus
  • ケーブルルーティング:内部ケーブルルーティングブレーキ/シフト
  • ボトムブラケット:Pressfit™直径41×86.5 mm
  • ヘッドセット:Aerfast3
  • ステム:RBSU Aerfast3
  • ハンドルバー:RBSUAerfast3
  • ハンドルバーテープ:Storck
  • シートポスト:Storck Aerfast3カーボン
  • サドル:Selle San Marcoショートフィット
  • システム-ホイール:DTスイスPRC 1400 DB 35 mm(オプションで65mm)
  • タイヤ:Conti Grand Prix 5000
  • 軸:12/100 mm、12/142 mm
  • リアDearilleur:SRAM Red eTap AXS 2×12]
  • フロントDearilleur:SRAM Red eTap AXS
  • シフトレバー:SRAM Red e-Tap AXS 2×12
  • ブレーキ:SRAM Red Disc
  • クランクセット:SRAM Red 48 / 35、172.5 mm
  • チェーン:SRAM Red
  • カセット:SRAM Red 12x、10-33
  • 重量:7.5 kg
  • 価格 : 6.898,00€(約85万円)

価格は割とおとなし目ですね。100万オーバーするのかと思ってました。アルテグラ機械式で5.698,00€(約70万円)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました