ロードバイクの情報を発信しています!

マビックホイールのシリアル番号から仕様を探る方法

メンテナンス
https://tech.mavic.com/tech-mavic/technical_manual/

マビックのホイールを買うとシリアル番号がついています。

このシリアル番号がわかると、マニュアルや部品の製品番号などがわかるのでメンテナンスの時に助かります。

たとえば、私のようにスポークが折れた場合などはシリアル番号から製品番号を見つけ出して探すことも可能となります。

 

スポンサーリンク

マビックホイールのシリアル番号から仕様を探る方法

まず、マビックの場合にはホイールにシリアル番号がついています。

 

私のR-SYS SLRの場合はこんな感じの番号です。

 

マニュアルを検索する方法

マビック技術データにアクセスします。

  1. シリアル番号が分かる場合にはWheel model finderに入力して検索します。
  2. シリアル番号がわからなければ、年で検索します。

 

シリアル番号をいれて検索すると以下の画面になりました。

ここでは説明書をクリックします。

 

すると、ずらずらとマニュアルが出てきます。

目的のファイルを開くとPDFで見れるようになっています。

 

年で探す方法

シリアル番号がわからない場合には年で探す方法もあります。

 

マビック技術データにアクセスします。

右側の技術マニュアルで年を選択します。

 

私のR-SYS SLRは2012年に購入しました。

ですから2012にマニュアルがあるのかと思ってましたら、2013のほうにありました。

CONTENTSのページを見ると、PDFの10ページにR-SYS SLRがあることがわかります。

 

リムの製品番号も書いてあります。

寸法とか重量とかも出てます。

 

スポークの製品番号も出ています。

私のR-SYS SLRのスポークの製品番号は

  1. Front 12029601 length 285 mm (per 9, integrated nipples)
  2. Drive side10844701 length 297.5 mm (per 10, integrated nipples)
  3. No Drive side12029301 length 286.7 mm (per 11, integrated nipples)

 

例えば2のDrive sideは、後輪のドライブ側のスポーク製品番号は10844701
長さは297.5mm
ペアで10セットずつのセットで販売されていることがわかります。
 
スポンサーリンク

まとめ

マビックの技術マニュアルは2012年の製品からweb上に公開されています。

スポークなどの製品の場合には、セット販売となるので私のように1本折れたとかという場合にも10本くらい買って、あとは予備となるわけです。

説明書などをなくした場合や、技術マニュアルが見たい場合には情報が引き出せるので便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メンテナンス
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました