ロードバイクの情報を発信しています!

レムコはスーパンマンのアタックを1100ワットで追う!

海外情報
Photo deceuninck_quickstepteam instagram
この記事は約3分で読めます。

ポルトガルで行われているヴォルタ・アン・アルガルヴェ第4ステージは2級山岳の山頂フニッシュ。

最終日は個人タイムトライヤルのため、総合でレムコを逆転するにはこのステージでタイム差をつけないと総合優勝はない。

トップを走るレムコは20歳にして世界TT第2位の実力を持つ。このステージでは各ライダーのアタックを封じ込める必要がある。

 

スポンサーリンク

第4ステージ アルブフェイラ~マルハオ 169.7km

第4ステージ プロフィールマップ

最後に2回登らなけばいけない2級山岳マルハオ峠は、登坂距離3kmで平均勾配9.5%。距離は短いが2回も同じ所を登るのは精神的にきつくないのかな。

 

Photo Equipa Profissional de Ciclismo EFAPEL twitter

最初に逃げを決めたのは3人。

  1. João Rodrigues (W52-FC Porto)
  2. Dries de Bondt (Alpecin-Fenix)
  3. Tiago Antunes (Efapel)

Alpecin-Fenixのドリース・デポンドは今大会2度目の逃げを成功させ、17ポイントを獲得して山岳賞を決めた。

ドリース・デポンドはエトワール・ド・ベセージュの第3ステージで今シーズン1勝目をあげている。

普段は、スプリンターとして活躍しているがチーム戦略として山岳賞狙いで2度目のチャレンジをしたのだろう。

 

2回目のマルハオ峠で勝負

この大会にはヴィンチェンツォ・ニバリも開幕レースとして走っていたが、ようやくアタックを見せてくれた。だが、逃がして貰えるはずもない。

 

Photo AstanaTeam twitter

最後に強烈なスパートをかけてのはスーパーマンことミゲルアンヘル・ロペス( Astana Pro Team)。

ミゲルアンヘル・ロペスがアタックを掛けた時に、レムコはルイ・コスタの後ろにいて反応が遅れてしまう。ダン・マーティンも必死に追うが追いつくことはなかった。

 

レムコは

とても大変だった。私は戦わなければならなかった。最後の1キロでパワーメーターをみたんだ。

ある瞬間1100ワットで走っていたね。ロペスにはおめでとうと言いたい。今日のチームは素晴らしかった。最終ラウンドで3人もメンバーがいてくれた。

明日は20キロをめいっぱい走るつもりだ。

登りで1100ワットとか、一体どんなパワーなんだか。ゴールスプリント並みのパワーで上がっているのか。

最終ステージは20.3kmの個人タイムトライヤル。一体レムコはどんなタイムで走るのか見もの。

ローハン・デニス(Team INEOS)はすでに圏外ですがTTでは上位に入ってくるでしょう。

 

こちらは第4ステージのハイライト
Volta ao Algarve 2020 Stage 4 HIGHLIGHTS | Albufeira – Malhão

コメント

タイトルとURLをコピーしました