ロードバイクの情報を発信しています!

オリンピック金メダリストのスケーターがJumbo-Vismaのサイクリストに転身

海外情報
Photo credit: Andy Miah on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

カーリーン・アクトルレクト(Carlijn Achtereekte)は、2018年の平昌オリンピック3000mスピードスケートでオリンピックチャンピオンに輝いた。

2017年からJumbo-Vismaがサボートするスケーターとして活躍。

世界選手権では、銀(2020年)、銅(2021年)と好成績を残している。カーリーン・アクトルレクトは、32歳で自転車競技に転向する。

 

スポンサーリンク

スケートからサイクリングへ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Carlijn Achtereekte(@carlijnachtereekte)がシェアした投稿

 

先月、スピードスケートチームとの契約が終了したが、カーリーン・アクトルレクトはトップスポーツにとどまることを選んだ。

彼女は思い切って、サイクリングチームのスポーツディレクターであるMerijn Zeeman(メリン・ゼーマン)に電話をしてみた。

この成功により、カーリーン・アクトルレクトはJumbo-Vismaのバイクトレーニングキャンプに参加することができるように。

 

心の奥底では、いつも自転車に対する情熱を持っていた。なぜ、そうしないのか、と考えることもあった。

でも、スピードスケートはうまくいったので、それに集中していた。今はプロのサイクリストに成長するチャンスがあるので、とても感謝している。

試行錯誤しながら進んでいきます。スケーターであれば、リンクの中で一人、誰にも邪魔されずに滑ることができる。

今は、緊張や人混みとうまく付き合うことを学ばなければならない。

その分、慣れが必要ですが、このスキルはすぐに身につくと踏んでいます。チームメイトから学び、まずは自分がチームの一員として活躍できるようにしたいです。

 

トレーニングでの彼女の成長をもとに、カーリーン・アクトルレクトのためのプログラムが作成される予定。

6月25日に開催されるオランダ選手権への出場はすでに確実視されている。スケートから転身するライダーは多い。

スケート競技の前のアップでも自転車は使われており、スケート選手にとっては身近なものだ。

元オリンピック金メダリストが自転車競技でも通用するのか、注目して見ておきたい。

 

LAZER(レーザー) ジェネシス AF Jumbo Visma 2021 L L(58-61cm) イエロー
LAZER(レーザー)
ジェネシス AF Jumbo Visma 2021 L ブランド:レイザー/LAZER シマノパートNo:R2LA001488X JANコード:5400974001488

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました