ロードバイクの情報を発信しています!

サガンの側近マチェイ・ボドナルがプロトンにチャオ

海外情報
Photo credit: jamesboyes on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

サガンと共に2022年TotalEnergiesに移籍してきたマチェイ・ボドナル。同じく一緒に移籍してきたダニエル・オスはロードからグラベルレーサーに転身した。

 

去就が注目されていたが、マチェイ・ボドナルはSNSで引退を表明している。これでサガンチームはロードから姿を消すことになる。

 

スポンサーリンク

「チャオ」と言う時

 

マチェイ・ボドナルは2007年、Liquigasのtrainee(研修生)としてスタート。最終的にこのチームで7シーズン余り走った。

その間、ジロ(2010年)とツール(2014年)で優勝したチームの一員であり、Liquigasでは主にリーダーのヴィンチェンツォ・ニバリ、イヴァン・バッソ、ペーター・サガンに仕えた。

その後、Cannondale、Tinkoff、BORA-hansgrohe、そしてTotalEnergiesと移籍。ポートランドの個人タイムトライヤル王者に8回。キャリア12勝のほとんどがタイムトライヤルでの勝利だ。

圧巻は、2017ツール・ド・フランス第20ステージで、ミハウ・クフィアトコフスキ、クリス・フルームを破ってステージ優勝したことだ。

Xでの別れの投稿で、マチェイ・ボドナルは17年の自転車競技のキャリアを振り返っている。

 

サイクリングは素晴らしいスポーツだ。多くのものを与えてくれた。素晴らしい人々に出会い、世界の何かを見る機会を与えてくれた。

さらにサイクリングは、人生からどれだけのものを得られるかも教えてくれた。

しかし、サイクリングにはダークサイドもある。アスリートにこれほど多くを要求するスポーツはほとんどない。サイクリングは犠牲の上に成り立っている。

キャリアを通じて、私は奉仕者、グレガリオであり続けた。幸運なことに、最高のライダーたちと一緒に走ることができた。アルベルト・コンタドール、イヴァン・バッソ、ヴィンチェンツォ・ニバリ、特にペーター・サガン。

でも彼らだけじゃない。チームはビッグネームだけで構成されているわけではない。すべてのライダーが世界チャンピオンであるかのように、私は彼らを助けた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました