ロードバイクの情報を発信しています!

ダビ・デラクルスが土壇場でチームを見つける

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

ワールドチームレーサーで2024年の契約が得られていなかったライダーの一人であるダビ・デラクルス。

 

12月と来シーズンが近づいてきたタイミングで、来シーズンの契約発表となった。Q36.5 Pro Cycling Teamへの移籍だ。

 

スポンサーリンク

1年契約

 

ダビ・デラクルスも34歳とベテランとなった。2015年Etixx – Quick Stepでワールドチームに移籍。

2016年には、ブエルタ・ア・エスバーニャで総合7位となっており、山岳とタイムトライヤルの強さを買われて、Quick-Stepから2018年にTeam Skyに移籍。

Team Skyでのダビ・デラクルスの主な成績を見てみると

 David de la Cruz
主な成績
  • 2018ブエルタ・ア・アンダルシア第5ステージ 個人TT優勝
  • 2018 パリ~ニース 第8ステージ 優勝
  • 2018 ブエルタ・ア・ブルゴス 総合3位
  • 2018 ブエルタ・ア・エスパーニャ総合15位

2018年シーズンは、ジロとブエルタに出場。

2018年のブエルタ・ア・エスバーニャではミハウ・クフィアトコフスキがエースとして出場していたが、クラッシュで順位を落としてしまいチームとしては最高順位でゴールすることになった。

ただ、2019年シーズンは大きな実りがなく、カリフォルニアツアーで手を骨折。復帰したレースでは落車で膝を負傷してしまい精彩をかいた走りとなってしまう。

そして、2019ブエルタ・ア・エスバーニャではレース前々日にケニー・エリッソンドとメンバーを交代して現地入り。

テイオ・ゲイガンハートとワウト・プールスがステージ序盤から順位を大きく落とす中、第6ステージでは総合2位まで順位を上げていた。

 

2020年からUAE Team Emiratesに移籍。2020クリテリウム・ドーフィネでは山岳賞獲得。2020ブエルタ・ア・エスパーニャでは総合7位となる。

そして、2021ブエルタ・ア・エスパーニャでも総合7位となり、実力を見せていた。

 

2022年からAstana Qazaqstan Team 入り。ただ、Astana Qazaqstan Teamでは勝利を得られず。2022ブエルタ・ア・エスパーニャ総合22位。

だが、2023年シーズンは、ツール、ブエルタ元に完走できず、チームの期待に応えることはできていない。

 

ダビ・デラクラスのコメント

正直なところ、Q36.5 Pro Cycling Teamと契約することを決めたのは、心からだった。それは、自分にとって最高の興奮と期待を与えてくれる選択肢だった。

素晴らしいレースで再び優勝争いを繰り広げ、好成績を残せるという期待に胸が高鳴った。

ダグラス・ライダーとアレックス・サン・ベガと話をした後、これは私のキャリアの次の段階にとって正しいプロジェクトであり、正しい決断だと感じた。すべてがうまくいったし、自分の決断に本当に満足している。

このチームは僕のモチベーションを高めてくれるし、多くのチャンスを与えてくれる。素晴らしいスポンサーに支えられ、ハイレベルな機材が揃っているので、ここ数シーズン以上のパフォーマンスを発揮するのに適した環境だと確信している。

私は世界最高のプロチームでレースをしてきたので、Q36.5 Pro Cycling Teamに多くの経験をもたらすことができると思う。チームのステップアップに貢献できるよう、一生懸命働くことを約束する。

さらに、これまでとは違うレーススケジュールに挑戦し、新たなレースを開拓することにも意欲満々だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました