ロードバイクの情報を発信しています!

ビアンキと別れを告げるJumbo-Vismaがログリッチやデュムランが乗ったバイクをオークションに

機材情報
photo Jumbo-Visma instagram
この記事は約2分で読めます。

Team Jumbo-Vismaは、2021年ビアンキからサーベロにバイクを乗り換える。

長年一緒に戦ってきたビアンキのバイクだが、新しいユーザーを求めてオークションにかけられている。

プリモシュ・ログリッチがブエルタで乗ったオルトレや、ワウト・ファンアールトやトム・デュムランが乗ったTTバイクなども出品されている。

 

スポンサーリンク

ビアンキとの思い出を動画に

Continue the Ride | Team Jumbo-Visma

2014年Belkin-Pro Cycling Teamとチームが呼ばれていたころ、ビアンキとのバイクスポンサー契約が始まり、ジャイアントから乗り換えている。

それ以来、チームはツール・ド・フランスでのステージ優勝、いくつかの有名なステージレース、モニュメント、ブエルタ・ア・エスパーニャの2回の総合優勝など、多くの勝利を記録してきた。

ライダーからのフィードバックによってバイクも進歩している。

 

オークションサイトを覗いてみると、

  • プリモシュ・ログリッチ
  • ワウト・ファンアールト
  • トム・デュムラン
  • ステフェン・クライスヴァイク
  • セップ・クス
  • ロベルト・ヘーシンク

すでに、プリモシュ・ログリッチのオルトレは初日なのに7000ユーロ(約88万円)という値段がついている。

オークションは、12月18日に始まり、12月27日まで続く。どれも、凄い値段になりそう。

オークションの収益は、サイクリングの刺激と才能の開発をサポートするとチーム公式サイトにあるので、開発チームの資金になるんでしょうね。

 

こちらがオークションのサイト。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました