ロードバイクの情報を発信しています!

ジュリアン・ヴェルモートは1年間の就職浪人を経てTeam Visma | Lease a Bikeに

海外情報
Photo credit: Sum_of_Marc on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

ジュリアン・ヴェルモートは、2022年末にAlpecin-Fenixとの契約がなくなり1年間アマチュアチームで走っていた。

Team Visma | Lease a Bikeは、ネイサン・ファンフーイドンクの抜けた穴を塞ぐためにキャリア豊富なジュリアン・ヴェルモートを採用。

ジュリアン・ヴェルモートは、2020年末にCofidisの契約が打ち切られて3か月ほど、路頭に迷っていた時期もあった。

今回が2度目だけど、1年間ベルギー国内のレースに出て耐えていた。

 

スポンサーリンク

2024年シーズンの1年契約

 

ジュリアン・ヴェルモートは、2011年から2017年までQuick-Stepで走っていたスピードマン。

2018年から2年間Team Dimension Dataで走り、2020年はCofidisで走っていた。だが、2020年末チームとの契約延長は得られず、どこからもオファーはなかった。

それでも、彼はあきらめず自費でスペインで個人合宿。引退という道を選ばなかった。

3か月間は時間を失ってしまったが、Alpecin-Fenixが3月31日に契約。2022年末までAlpecin-Fenixに滞在していた。

ジュリアン・ヴェルモートは、ツール・ド・フランス4回、ジロ・デ・イタリアに3回出場している。キャリアでの勝利は3勝。

チームの思惑とジュリアン・ヴェルモートの粘りが、この契約を生み出した。是非活躍して貰いたい。

 

ジュリアン・ヴェルモートのコメント

このチャンスをいただけてとてもうれしい。Team Visma | Lease a Bikeは一流のチームだし、そこに貢献したい。来週のトレーニングキャンプでチームと一緒にスタートするのが待ちきれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました