ロードバイクの情報を発信しています!

Fuji TRANSONIC 1.1 DISCエアロロードバイク 発売

機材情報
この記事は約4分で読めます。

fujiはTRANSONIC 1.1 DISCを発売。

ディスクブレーキを追加するだけでなく、新しいフレームは一から設計。全く新しいバイクとして生まれ変わっており、TRANSONICシリーズを更新している。

 

スポンサーリンク

FUJIは120年の歴史を持つ日本のメーカー

FUJIは日本の自転車メーカー。その歴史は古く、今年で創業120年となる。

FUJI HISTORY
  • 1899
    FUJIの誕生
    1899年にFUJIの産みの親である岡崎久次郎が日米商店を創業
  • 1906
    自転車の輸入販売
    イギリスのラーヂブランドの自転車を輸入販売開始
  • 1928
    商標
    商標を富士に改称
  • 1930
    覇王号
    高級実用車として販売開始
  • 1970
    海外進出
    アメリカで最初にShimanoを搭載した自転車として知られる
  • 2004
    世界チャンピオン
    Equipe NurnbergerチームのJudith ArndtがFUJIに乗って世界チャンピオンになる

 

これまでにサポートしたチームや選手
  • 2004年 Equipe Nurnberger
  • 2009年 チームFUJI-SERVETTO
  • 2009年 GEOX-TMC 2011年にファン・ホセ・コーボがブエルタ総合優勝
  • 2012年 Champion System Pro Cycling Team
  • 2014年 NetApp-ENDURA ツール・ド・フランス出場
  • 2015年 CAJA RURAL-SEGROS RGA ブエルタでOmar Fraileが山岳賞

 

町中で良く見られたシングルスピードのバイク。

https://www.fujibikes.jp/2019/history/

Photo fujibikes.jp

2008年に「OBEY TRACK」をリリース。

更に2010年には「FUJI LOW PRO」をリリースし、今日に至るまでシングルスピードでは絶大な人気を誇るブランドへと成長する。

 

Fuji TRANSONIC 1.1 DISC

http://www.fujibike.com/usa/bikes/road/competition/transonic?mc_cid=c1919517c8&mc_eid=368b59ce1e

Photo fujibike.com

fujiは、昨年のSea Otter 2019のバイクショーでTransonicを紹介していた。

その時には、Force AXSで組まれていたが、製品版はSRAMかShimanoから選択できるようだ。

 

Sea Otter 2019バイクショー Photo bikerumor

デザイン的に大きな変化はないようだが、各国の販売サイトによって使われる製品が違うようだ。

 

Photo fujibike.com

フレームは、さまざまな風の角度で抵抗を減らすために、切り取られたカムテールシェーピングを使用している。

FUJIは、複数のボトルを取り付けた場合でも最適化された性能を主張している。

 

統合されたステムコンピューターマウントも含まれているのは嬉しいが、合うメーターでないと….

 

ハンドルは、Oval Concepts 990 Aero carbon。ステムもOval を使用している。

 

 

ディスクブレーキモデルと低価格でリムブレーキオプションを提供。

幅広いフィットに合わせて7つのサイズが用意されており、トップモデルのTRANSONIC 1.1 DISCでフレーム価格は34万円だ。

 

All-New 2020 Transonic
詳しくは公式サイトで見てみて下さい。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました