ロードバイクの情報を発信しています!

フロリアン・シェネシャルは、ウルフパックで更に拡張

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

フロリアン・セネシャルは、2018年にウルフパックに参加して以来、チームのメンバーとして、世界で最も成功したチームと新しい契約を結んだ。

現在では、スプリントの重要なリードアウトの一人として、ミケル・モロコフと共に活躍している。2021ブエルタで、ファビオ・ヤコブセンの勝利を助けたリードアウトは見事だった。

 

スポンサーリンク

2年の延長契約

 

フロリアン・シェネシャルは、2012年にOmega Pharma – Quick-Stepでテスト生として採用されている。すでにウルフパックには目をつけられていた訳だ。

ただ、この時には正式採用とはならず、2014年からCofidis, Solutions Créditsで3年間走っている。

フロリアン・シェネシャルと言えば、2021ブエルタ・ア・エスパーニャで、ファビオ・ヤコブセンにかわってスプリント勝利を得た第13ステージが思い出される。

 

スプリント力があるからこそ、とれた勝利だ。だが、いつもこのように代役で成功する訳ではない。

2020クラシカ・デ・アルメリアでは、マーク・カヴェンディシュがパンクで遅れたために、ラスト4kmでスプリントを任された。

だが、流石にそれまでアシストで足を使っていてはベストなスプリントは出来なかった。

 

フロリアン・シェネシャルは、他のチームならば、エーススプリンターの座を得ることも出来るほどの力を持っている。だからこそ、チームのリードアウトとして、大きなレースでも勝利に貢献することが出来る。

これまでのキャリアは3勝だが、クラシックでも力を見せており、更に勝利数が増えることは間違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました