ロードバイクの情報を発信しています!

Eddy Merckx525 美しい外観のバランスのとれたオールラウンドバイク

https://www.eddymerckx.com/525-new-flagship機材情報
Photo eddymerckx.com
この記事は約4分で読めます。

Eddy Merckx Cyclesは、エアロディテールを備えたオールラウンドな軽量バイクである新しいEddy Merckx525を発売した。

AG2R La Mondialeプロチームが乗るバイクで、チームは1年前にFactorバイクからEddy Merckxに切り替えている。

525と呼ばれる理由は、エディ・メルクスの生涯勝利数を表している。

 

スポンサーリンク

Eddy Merckx525

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

photo eddymerckx.com 以下画像同様

Eddy Merckx525では何かに特化したバイクというコンセプトはない。

より速く乗るためではなく、より良く乗るためのバランスのとれたバイクを目指して作られている。

 

https://www.eddymerckx.com/525-new-flagship

フロントフォークは徹底的に改訂され、より空力的に機能する。重量をおさえバランスの取れたフロントフォークとなっている。

 

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

主な焦点は自転車の前面にあり、同社は剛性と空気力学の要求のバランスをとろうとしたと述べている。

オールラウンドとは言いながらも、エアロな外観のフレームにエアロコクピットを採用しており、空力には配慮されたバイクであることは見ただけでわかる。

 

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

正面から始まって、驚くほど統合されたバーとステムは、Eddy Merckx525を空力効率へと導く。

ホースとワイヤーはすべてバーに完全に隠れており、ステムを通り、フレームとフォークを通るエアロスペーサースタックに落ちている。

ステム部分の塗装の色がとてキレイ。単色のカーボン色だけで終わらせずデザイン性も考えているところが素晴らしい。

 

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

自転車の前面は、角張ったチューブプロファイルと巨大なヘッドチューブにより、剛性にも重点を置いる。

 

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

エアロカバー付きのエアロシートポスト。理想的なバランスを探し空力特性をいかした設計となっている。

 

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

対照的に、自転車の後部は、鉛筆のように薄いシートステーと2つのフレックスゾーンで快適さを重視して大きく傾斜し滑らかにみせている。

 

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

それにしてもカラーリングが美しい。

 

https://bikerumor.com/2019/09/05/eddy-merckx-525-balances-aerodynamics-weight-comfort-for-ultimate-all-rounder/

リムまたはディスクブレーキモデルと機械式または電子式のドライブトレインで利用可能なこのバイクは、最大700c x 28mmのタイヤに適合する。

ロマン・バルデはEddy MerckxStockeu69で2019ツール・ド・フランスを走っており、来シーズンAG2R La MondialeチームはEddy Merckx525でレースすることになる。

 

 

Eddy Merckx525の仕様

Eddy Merckx 525 – #PerfectlyInBalance

 

  • フレーム重量 ディスクブレーキ フレーム925g フォーク360g
  • フレーム重量 リムブレーキ フレーム860g フォーク330g
  • 現在のすべてのグループセットと互換性があり
  • サイズXSからXLで利用可能
  • ハンドルバー– 38 cm〜44 cmおよび9 cm〜14 cmで利用可能なステムの組み合わせ
  • グロッシーブラック/マットブラック/レッド
  • バーガンディレッドメタリック/ガンメタルグレー(光沢仕上げ)
  • AG2Rレプリカデザイン
  • リムとディスクで利用可能
  • 電子および機械グループセットで利用可能
  • 最大28 mmのタイヤクリアランス
  • 価格はリムブレーキモデル 4,999.00ユーロ(約60万)
  • ディスクモデル 6,499.00ユーロ(約78万)

 

AG2R La Mondialeのオリバー・ナーセンもEddy Merckx525を紹介している。
Oliver Naesen presenteert de nieuwe Eddy Merckx 525 – #PerfectlyInBalance

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました