ロードバイクの情報を発信しています!

鉄人ダビデ・レベリンは48歳で引退となるか?

海外情報
Photo Davide Rebellin instagram
この記事は約2分で読めます。

鉄人ダビデ・レベリンは今年のイタリア選手権で18位という成績を残している。

48歳でこの走りは凄過ぎる!

 

来年は、ハンガリーのEpowers Factory Teamで走ることになっていたのだが、なんとチームが消滅してしまうことが決定してしまった。

来年のジロ・デ・イタリアはハンガリーからスタートすることもあり、ワイルドカードでジロに出場かという噂もあっただけに残念。

 

スポンサーリンク

鉄人ダビデ・レベリン

Photo Davide Rebellin instagram

ハンガリーのE-Powers Factoryチームプロジェクトは崩壊し、契約に合意したにもかかわらず、2020年までに50人のライダーとスタッフが仕事を失ってしまった。

当初は、5億ユーロの予算でハンガリーのサイクリングの促進、自転車道の建設、ベロドロームを目的としたハンガリーの大規模なサイクリングプロジェクトを促進することになっていた。

今後は、e-bikeチームのみが存続することになる。

ダビテ・レベリンはチームのリーダーの一人として走ることになっていたのに、突然所属チームを失ってしまうことに。

すでに、今年のイタリア選手権を引退レースにしようとしていたほどだから、これから48歳で他のチームに行くというのは難しい。

 

レベリンは、1992年にキャリアを始め、1996年のGiro d’Italiaで初めて勝利し、2004年にアムステルゴールドレース、フレッシュ・ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュで3連勝し、アルデンヌ・クラシック完全制覇を成し遂げている。

49歳でもバリバリと走るダビデ・レベリンの走りが見たかっただけにこんな形で引退となってしまうのは残念だ。

つくづく自転車のスポンサー問題というのは、厳しい現状なのだということがわかる現象でもある。

けど、ダビデ・レベリンには50歳を越えても驚異的な走りを見せて欲しかったとなあ~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました