ロードバイクの情報を発信しています!

97gの携帯用電動ポンプ CYCPLUS CUBEは12時間でIndiegogoの資金調達目標を達成

機材情報
Image credit: cycplus
この記事は約3分で読めます。

以前紹介した、携帯用電動ポンプCYCPLUS CUBEなのだけど、Indiegogoの資金調達が始まっていた。

 

なんと、開始から12時間で資金調達目標を達成。CUBEの重量は97gで、最大は約100psiまで簡単に入ってくれる。

情報がかなり分かってきたので紹介。

 

スポンサーリンク

CYCPLUS CUBE

新しい動画で詳しく解説されている。

 

重量は100g未満と当初説明されていたが97gだとわかった。気になる重量ではないですね。

使える回数は公式サイトの説明から推測すると

2つの700 * 25cロードバイクタイヤを0から80psiまで一度にポンピングすることができ、2つの小さなシリンダーを備えたCO2インフレーターよりもさらに軽量で、ポータブルで再利用性が大幅に向上しています。

 

多分2回ポンピングできる。まあ、考えたら、こんなに小さい箱でポンピングするのだから、2回使えるというのが正解だろう。

私は、最高3回パンクしたことがあるので、長距離を走る人には向かないかも。

 

Image credit: cycplus

 

バッテリー残量がわかるようにインジケーターがついている。オン/オフボタンを押してアクティブにすると、

  • 緑 : 80%〜100%
  • 黄色 : 50%〜80%
  • 赤 : 50%未満

色で教えてくれる。ただ、使わなかったほとんど減らないと書かれている。充電時間は20分。

 

Image credit: cycplus

 

CUBEは、動作させると熱くなるかもしれない。携帯ポンプをポンピングすると凄く熱くなっていることがある。これと同じ原理かな。

そのため、シリコン断熱カバーも用意されている。このカバーのために、落としてもクッションとなって壊れるのを防いでくれる。

ケース本体自体は、アルミで陽極酸化プロセスを採用しており、汗による腐食を防ぐために優れた高硬度を実現。

気になる価格だけど、現在9,412円で定価16,243円の42%割引となっている。

 

欲しいなあ~と思っているLezyne Micro Floor Driveと同じくらいの値段だ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました