ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaも使用するCloseTheGapのSave MyBarバープラグのイエローバージョン登場

機材情報
Image credit: closethegap
この記事は約3分で読めます。

2022ツール・ド・フランスでJumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲコーのバイクに装着されたSaveMyBarバープラグは、イエローで統一されていた。

このバープラグの目的は、カーボンハンドルのエンド部分の磨耗を防ぐこと。

通常のプラグのようにバーの端にはめ込むのではなく、バーの端の上に取り付けることで、バーが摩耗する前にプラスチックの層を提供する。

軽度のクラッシュを念頭にして作られているので、バーテープを交換する際にバープラグは交換する必要はない。

 

スポンサーリンク

Save MyBar

こちらはプロモーションビデオ

 

Jumbo-Vismaは、CloseTheGapとスボンサー契約を結んでいるのでコンピューターマウントや、バープラグなどの製品を使用していた。

今回は、ヨナス・ヴィンゲコーがマイヨジョーヌを獲得したことでイエローバージョンを作成したと言う訳だ。

通常のバープラグ(バーエンド)のように差し込むのではないので、バーテープの交換などの際も交換の必要がない。

 

ヨナス・ヴィンゲコーのイエローバイク Image credit: closethegap

 

ハンドルバーの破損も防いでくれるのでいいかもしれない。少しハンドルバーの先端が太くなるくらいかな。

 

こちらはJumbo-Vismaのメカニックがバーテープを巻いている様子

 

カーボンハンドルの破損が防げることもある

 

上記は実際にクラッシュした場合の破損状況だ。ハンドルバーの上からかぶせているので、ハンドルバー自体には傷はつかないだろう。

SaveMyBarプラグは、重さわずか8g。

 

  • 外部バープラグ バンパー、クラッシュ/トラベル ダメージを防止
  • 軽量: 8 グラム (セット)
  • どんなロードにも対応
  • バーテープの下に固定

価格は9.95ユーロ(約1,300円)。

CloseTheGapの製品は、以下の記事でも紹介しているので参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました