ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームが路上トレーニングを開始 ミカウ・クウィアトコウスキーと走る!

海外情報
Photo Chris Froome twitter
この記事は約3分で読めます。

クリス・フルームが6月のクリテリウム・ドーフィネの事故以来、14週間でモナコのホームロードでバイク練習をしているツイートを発信した。

少し前にも、路上で走ってたがあの時には近くのペドロドームに行って数周しただけだったらしい。有名人フルームなのでファンに見つかってしまったのだ。

 

しかし、今回のツイートは本人からで本格的にトレーニングしているのがわかる。

 

スポンサーリンク

すでに山にあがっている

クリス・フルームが投稿したツイートの背景をみると見事な景色。

クリス・フルームが住んでいるモナコの景色が広がっているのが見える。

つまり、山の上まで上がっているのだ!

ミハウ・クフィアトコフスキと多分、エガン・ベルナルと一緒に乗っていてSTRAVAのデータから推測すると標高は800mの山の上

 

さらに、ミハウ・クフィアトコフスキがバイクから撮影したクリス・フルームのライドを投稿している。

フルームはダンシングして、グングン上がっているように見えますね。

 

フルームがツイートを投稿した日のミハウ・クフィアトコフスキのSTRAVAデータをみると124kmも乗っていることがわかる。

https://www.strava.com/activities/2749158456

クリス・フルームが、全ての区間を一緒に走ったのかはわからない。

だが、山に登っているということはかなりの区間一緒に走っているはずだ。

しかも、エガン・ベルナルも一緒に走っている。

ミハウ・クフィアトコフスキは自己ベストを更新する走りも見せているので普通のトレーニングのようだ。クリス・フルームを気遣ってサイクリングしているようなタイムではない。

9月29日のSTRAVAデータ

ミハウ・クフィアトコフスキのSTRAVAデータにはパワーが表示されていないので、どれだけの強度だったかは正確にはわからない。

いずれにしても、フルームが戻していることは間違いないですね。

10月には埼玉クリテリウムに出場すると聞いた時には、無理でしょうと思っていた。

 

だが、これだけ走れるのならば戻してくるかもしれない。

完走どころか、良い走りを披露してくれるかもしれないな。

 

ケガから6週間で片足でのホームトレーナーでライド。

ここから、かなり時間がかかると思っていたけれども、回復が早かったですね。

まだ、杖をついて歩いているのかはわかりませんが、外でライド出来るので足も良くなっているのでしょうね。

埼玉クリテリウムでのクリス・フルームの走りが楽しみになってきた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました