ロードバイクの情報を発信しています!

不整脈でツアーダウンアンダーに出れないCCC Teamのエース

海外情報
Photo Patrick Bevin instagram
この記事は約3分で読めます。

サントス・ツアーダウンアンダーでTeam CCCのエースをつとめる予定だったパトリック・ペヴィンはトレーニング中に心拍の異常を感じた。

病院に入院し治療を受けた所、不整脈が確認されてしまう。

ツアーダウンアンダーは1月26日から始まるため、パトリック・ペヴィンはレースのスタートラインに立つことは出来ない。

昨年のサントス・ツアーダウンアンダーでは、最終ステージまで総合首位だっただけにエースをうしなったTeam CCCの打撃は大きい。

 

スポンサーリンク

2019年のツアーダウンアンダー

Photo Patrick Bevin instagram

これまで、パトリック・ペヴィンには心臓病の病歴はなかった。最近の不整脈は医学の進歩によって治療が可能となっている。

パトリック・ペヴィンも即時治療を開始しており、予防策としてテストも行われる予定となっているが、レースから1週間以内なので残念ながら出場は出来ない。

1か月以内の早期に復帰は出来る予定となっている。

ペヴィンは2019年のツアーダウンアンダー第2ステージで優勝。上の写真だが、カレブ・ユアンとサガンをおさえての勝利だった。

そのまま首位にたちリードしていたが、最後から2番目のステージでクラッシュしてしまう。

 

ダウンアンダーでの落車 Photo Patrick Bevin instagram

最終ステージを開始したにもかかわらずリードを守ることができなかった。

総合2位のダリル・インピーとは7秒差で最後のウィランガヒルに望んだが、ケガをしていてはどうしようもない。

 

シーズンオフの準備をすべて終えた後、特に昨年の優勝に近づいたレースを逃すのは残念だ。すぐに復帰して成功を繰り返すことを楽しみにしていたが、安全のために見送るのが懸命だろう。

今は完全に元気になっており、また強いスタートを切ることができると確信している。

パトリック・ペヴィンは、予定より1か月遅れてシーズンインすることになる。

 

タイムトラヤルスペシャリスト

Photo Patrick Bevin instagram

パトリック・ペヴィンは2019世界選手権個人TTでは4位となっており、タイムトライヤルスペシャリストだ。

母国ニュージーランドの国内TTでは、2016年と2019年のチャンピオンとなっている。

2016年に、Cannondale Pro Cycling Teamでプロとなり2年間在籍。2018年にBMC Racing Teamが消滅し、そのままTeam CCCにスライドした。

とても厳しい状況の中でも、チームに貢献しておりグランドツアーにも毎年出場している中心選手だ。

今回のように小さなステージではエースを任させることも増えてくるだろう。今シーズンのスタートは上手くいかなかったが、万全の状態で復帰して欲しい。

そして、是非タイムトライヤルでのステージ優勝が見てみたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました