ロードバイクの情報を発信しています!

元Lidl – Trekのアントワン・トールクがドーピング検査陽性で暫定出場停止処分に

海外情報
Photo credit: Ray's Professional Cycling Page on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

2023年末にLidl – Trekとの契約が得られなかった、アントワン・トールクがアナボリックアンドロゲンステロイドの痕跡が見つかり、UCIから暫定停止処分を受けた。

検査は、2023年11月27日月曜日の競技外検査。ドーピング検査はUCIに代わって国際検査機関が実施していた。

アントワン・トールクは、現在ポルトガルのSabgal / Anicolorのコンチネンタルチームで乗っている。ただ、当分はレース出場もできそうにない。

 

スポンサーリンク

暫定出場停止処分

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Antwan Tolhoek(@antwantolhoek)がシェアした投稿

 

アントワン・トールクは、1週間前にチームプレゼンテーションに参加していたのだけど。

経歴を簡単に書いてみると。

アントワン・トールクの経歴は少し変わっている。彼はオランダで盛んなアイススケートの出身。

2014年に自転車に絞るまでは、スケートの補助トレーニングとして自転車に乗っていただけだった。

自転車に乗って2年半だったので、経験が少ない。そのため、2015年に、Rabobank Development Teamで走る。ラボバンクの開発チームだ。

8月1日から、Tinkoff – Saxoのスタジェール(テスト生)として参加。この時に、現在Trek-Segafredoのディレクターである、スティーブン・デジョンと一緒に仕事している。

 

Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com

 

スティーブン・デジョンの働きで、2016年、Roompot – Oranje Pelotonに所属。この年、ツール・ド・スイスで山岳賞を取っている。上記の写真だ。2位のエガン・ベルナルに17秒の差をつけて逃げ切っている。

こうして、2017年からTeam LottoNL-Jumboで5年間走ることになった。

全てのグランツールに出場しており、2019年ツール・ド・スイス第6ステージでプロ初勝利をあげている。

2022年にTrek-Segafredoに移籍したけれど、成績は下降線をたどり、2023年末で契約は打ち切られていた。

 

Bサンプルの分析結果で、陽性となれば完全な出場停止処分となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました