ロードバイクの情報を発信しています!

2024 ツアーコロンビア第5ステージ クイーンステージでエガン・ベルナルの走りは?

海外情報
Photo credit: Joanbrebo on Visualhunt
この記事は約16分で読めます。

第4ステージでは、マーク・カヴェンディシュがついに勝利。2023ツール・ド・フランスでの鎖骨骨折後の初勝利だ。

残りのステージでは、スプリントのチャンスはないので、Astana Qazaqstan Teamとしても安堵の勝利だ。

アロルド・テハダも、4秒差の総合2位におり、第5ステージが勝負となる。

 

スポンサーリンク

第5ステージ コタ~アルト・デル・ビノ 138.1km

コースプロフィール photo tourcolombiauci

 

クイーンステージは、まさにジェットコースター。決戦は、超級山岳ビノ峠で30.2km。平均勾配は5.7%となる。

一定勾配だけど、これだけの距離があれば決着はつくはず。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

急に始まった。これは逃げ集団かな。

 

続いて集団が通過していく。

 

残り61.5km。第2集団まで3分21秒。

  1. ヴィニシウス・ランゲル Movistar Team
  2. van Rait Ärm (Estland)
  3. Alexis Benjamin Quinteros (Banco Guayaquil – Bianchi)
  4. Brandon Alejandro Rojas (GW Erco Shimano)
  5. Bernardo Suaza (Petrolike)
  6. Franklin Archibold (Panamá es Cultura y Valores) 
  7. ウィルマル・パレデス (Team Medellín)

 

残り36kmで5分17秒ある。

 

残り27.5kmで3分32秒差に。

 

Movistar Teamのヴィニシウス・ランゲルはきれた。

  1. ヴィニシウス・ランゲル Movistar Team
  2. Brandon Alejandro Rojas (GW Erco Shimano)

 

追走が一人に。

  1. Brandon Alejandro Rojas (GW Erco Shimano)

 

エガン・ベルナルは、しっかりとコロンビアチームに守られている。

 

先頭は単独となっている。

  1. ウィルマル・パレデス (Team Medellín)

 

ナイロ・キンタナもチームに守られている。

 

集団先頭にAstana Qazaqstan Teamのアレクセイ・ルツェンコが立つ。アロルド・テハダを引いている。

 

ありゃ、なんとナイロ・キンタナは集団から切れてしまった。

 

残り19.9km。まだ、アレクセイ・ルツェンコが引き続けている。

 

逃げを捕まえた時に、集団からエスデバン・チャベスがアタック!

 

まだ、独走ではない。

 

エスデバン・チャベスが捕まると、カウンターでリチャル・カラパスがアタック!

 

エガン・ベルナルは引かされている。

 

まだ、残り10.9kmもある。このままた行くとは思えないけど。リーダージャージのロドリゴ・コントラレスがマークしている。

  1.  リチャル・カラパス EF Education-EasyPost
  2. ロドリコ・コントラレス Nu Colombia

 

エスデバン・チャベスが、また集団からアタック!

 

エスデバン・チャベスが前に追い付いた。

 

エガン・ベルナルが切れてしまう。前を追わないといけない。

 

リチャル・カラパスのグループに一人追いつく。昨年までEF Education-EasyPostにいたヨナタン・カイセドだ。

 

エガン・ベルナルが追いついた。

 

先頭は5人に。

  1. リチャル・カラパス EF Education-EasyPost
  2. ジェフェルソン・セペダオルティス EF Education-EasyPost
  3. ロドリコ・コントラレス Nu Colombia
  4. エガン・ベルナル Colombia
  5. ヨナタン・カイセド Nu Colombia

 

さらに後続が追いついてくる。

 

残り5kmを切ってリチャル・カラパスがアタック!

 

リチャル・カラパスがさらに加速!

 

これは決まるか。

 

これは引き離した。ヨナタン・カイセドも追いつかない。

 

リチャル・カラパスが爆発だ。残り2km。

 

リチャル・カラパスがゴールエリアに到着。

 

大観衆の中ゴールに向かう。あとはタイム差だ。

 

 

リチャル・カラパスは、エクアドル選手権タイムトライヤルに続いて、今シーズンの2勝目。

 

ただ、総合トップには21秒届かない。総合優勝はロドリコ・コントラレスとなりそうだ。

 

エガン・ベルナルは、最後にリゴベルト・ウラン、イバン・ソーサ、エスデバン・チャベスとのスプリントを制して4位となっている。

総合5位に浮上。エガン・ベルナルのシーズンの目標はブエルタなので、問題ない。これからだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

優勝したリチャル・カラパスのコメント(チーム公式サイトより)

もちろんチームにとっても特別なことだ。僕たちはみんなクライマーだし、チャンスは一度しかないとわかっていたから、できる限りそれを利用しなければならなかった。

登りがどれだけハードかは分かっていた。ここでトレーニングを積んできた。プロフィール、高度、路面を研究した。1時間の登りだった。自分のためにも、チームのためにも、この勝利のために協力してくれたことをとてもうれしく思う。

 

第5ステージ リザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 CARAPAZ Richard
EF Education – EasyPost 14 3:34:19
2
 CAICEDO Jonathan Klever
Petrolike 5 0:13
3
 CONTRERAS Rodrigo
Nu Colombia 3 0:17
4
 BERNAL Egan
Colombia   0:33
5
 URÁN Rigoberto
EF Education – EasyPost   0:35
6
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team   0:37
7
 CHAVES Esteban
EF Education – EasyPost   1:02
8
 MENDEZ Daniel Alejandro
Nu Colombia   1:25
9
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team   1:36
10
 MUÑIZ Jose Ramon
Petrolike   1:54
11
 CEPEDA Jefferson Alexander
EF Education – EasyPost   2:12
12
 REYES Aldemar
Team Banco Guayaquil – Bianchi   2:34
13
 CASALLAS Yeisson Ferney
Colombia Potencia de la Vida – Strongman   2:43
14
 REYES Yeison Sebastian
Team Sistecredito   2:46
15
 OSORIO Danny
Orgullo Paisa   2:57
16
 HENAO Sergio
Nu Colombia   3:07
17
 JAMAICA Javier Ernesto
Team Medellín   ,,
18
 CADENA Edgar David
Petrolike   3:47
19
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team   4:57
20
 ROJAS Brandon Alejandro
GW Erco Shimano   5:23
21
 CASTILLO MIRANDA Kevin David
Team Sistecredito   5:53
22
 PINZON Edgar Andres
GW Erco Shimano   6:29
23
 SAMITIER Sergio
Movistar Team   6:46
24
 PARRA Heiner Rodrigo
Canel’s – Java   ,,
25
 ALBA Juan Diego
Colombia   ,,
26
 QUINTANA Nairo
Movistar Team   ,,
27
 HARO Wilson
Ecuador   ,,
28
 MONTENEGRO Santiago
Ecuador   ,,
29
 GUERRERO Juan Diego
Team Sistecredito   ,,
30
 LÓPEZ Harold Martín
Astana Qazaqstan Team   ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 CONTRERAS Rodrigo
Nu Colombia 3
6″
18:12:00
2 22 ▲20
 CARAPAZ Richard
EF Education – EasyPost     0:21
3 10 ▲7
 CAICEDO Jonathan Klever
Petrolike     0:28
4 9 ▲5
 URÁN Rigoberto
EF Education – EasyPost  
4″
0:52
5 11 ▲6
 BERNAL Egan
Colombia     0:54
6 2 ▼4
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team  
13″
1:32
7 18 ▲11
 CHAVES Esteban
EF Education – EasyPost     1:33
8 28 ▲20
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team     1:35
9 25 ▲16
 MENDEZ Daniel Alejandro
Nu Colombia     1:56
10 26 ▲16
 MUÑIZ Jose Ramon
Petrolike     2:40
11 19 ▲8
 CEPEDA Jefferson Alexander
EF Education – EasyPost     2:43
12 5 ▼7
 REYES Yeison Sebastian
Team Sistecredito     2:54
13 17 ▲4
 CASALLAS Yeisson Ferney
Colombia Potencia de la Vida – Strongman     3:14
14 12 ▼2
 JAMAICA Javier Ernesto
Team Medellín  
4″
3:35
15 21 ▲6
 HENAO Sergio
Nu Colombia     3:38
16 32 ▲16
 REYES Aldemar
Team Banco Guayaquil – Bianchi     3:42
17 29 ▲12
 CADENA Edgar David
Petrolike     4:45
18 6 ▼12
 PINZON Edgar Andres
GW Erco Shimano     6:37
19 20 ▲1
 QUINTANA Nairo
Movistar Team     7:17
20 23 ▲3
 CAMARGO Diego Andrés
Petrolike     ,,
21 39 ▲18
 ROJAS Brandon Alejandro
GW Erco Shimano     7:42
22 30 ▲8
 HARO Wilson
Ecuador  
4″
7:50
23 33 ▲10
 MONTENEGRO Santiago
Ecuador     7:54
24 15 ▼9
 RIVERA Brandon Smith
Colombia     8:23
25 35 ▲10
 LÓPEZ Harold Martín
Astana Qazaqstan Team     8:26
26 40 ▲14
 PARRA Heiner Rodrigo
Canel’s – Java     9:08
27 45 ▲18
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team  
1″
9:27
28 4 ▼24
 GUAVITA Cesar David
Colombia Potencia de la Vida – Strongman     9:58
29 34 ▲5
 CASTAÑO Sebastián Alexander
Team Sistecredito     10:09
30 41 ▲11
 PAREDES Wilmar
Team Medellín     11:10

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 4 ▲3
 CONTRERAS Rodrigo
Nu Colombia 32
2 1 ▼1
 GAVIRIA Fernando
Movistar Team 27
3 2 ▼1
 CAVENDISH Mark
Astana Qazaqstan Team 25
4 3 ▼1
 GOMEZ David Santiago
Team Sistecredito 23
5 6 ▲1
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team 21
6 14 ▲8
 CAICEDO Jonathan Klever
Petrolike 20
7 5 ▼2
 PICCOLO Andrea
EF Education – EasyPost 19
8 7 ▼1
 SOTO Nelson Andrés
Petrolike 18
9 36 ▲27
 CARAPAZ Richard
EF Education – EasyPost 17
10 9 ▼1
 OSORIO Alejandro
GW Erco Shimano 17

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1  
 CARAPAZ Richard
EF Education – EasyPost 15
2  
 CAICEDO Jonathan Klever
Petrolike 12
3  
 CONTRERAS Rodrigo
Nu Colombia 10
4  
 BERNAL Egan
Colombia 8
5 1 ▼4
 REYES Yeison Sebastian
Team Sistecredito 7
6  
 URÁN Rigoberto
EF Education – EasyPost 6
7  
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team 4
8 2 ▼6
 OSORIO Danny
Orgullo Paisa 3
9 3 ▼6
 HARO Wilson
Ecuador 3
10  
 PAREDES Wilmar
Team Medellín 3

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 3 ▲2
 MUÑIZ Jose Ramon
Petrolike 18:14:40
2 4 ▲2
 ROJAS Brandon Alejandro
GW Erco Shimano 5:02
3 1 ▼2
 GUAVITA Cesar David
Colombia Potencia de la Vida – Strongman 7:18
4 2 ▼2
 PESCADOR Diego
GW Erco Shimano 8:51
5 6 ▲1
 RODRIGUEZ Hugo
Colombia 14:42
6 10 ▲4
 OJEDA Ivan Arturo
Colombia Potencia de la Vida – Strongman 21:05
7 8 ▲1
 AVILA Freddy
Colombia Potencia de la Vida – Strongman 22:38
8 5 ▼3
 PANTOJA Cesar Paulo
Orgullo Paisa 23:53
9 7 ▼2
 LAMBRECHT Michiel
Bingoal WB 29:14
10 12 ▲2
 REVELO Franklin Joel
Team Saitel 30:43

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました