ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ  最初のスプリターステージを制したのは?

この記事は約20分で読めます。

ブエルタは、3日目ではやくもディフェンディグチャンピオンのレムコ・エヴェネプールがトップに立った。

最後は、向かい風の中フアン・アユソー、セップ・クスのアタックが成功せず集団でスプリントに。見事にゴールを駆け抜けたレムコだったけれど、その後はいけなかった。

 

さすがに、血だらけの顔面を見た時には終わったと思ったほどだったけど、ローラーをする時にはすでに止血されていた。脳震盪の症状もなくスタート出来るので幸いだ。

ただ、チームはジャージを手放すことも考えていると言われている。

 

スポンサーリンク

第4ステージ  アンドラ・ラ・ベリャ~タラゴーナ 184.6km

コースマップ photo renewitour

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンドラ公国の首都アンドラ・ラ・ベリャで午後1時過ぎにスタート。約100kmの下りで、高速道路 C-14を走る。

中世の村タレガから都市部に入ると、決勝では、アルト・デ・ベルトール(9.3km、3.7%)とコル・デ・リーリャ(4.9km、5.2%)が続く。

コル・デ・リーリャの頂上からゴールまで30kmあるので、十分にスプリンターも帰ってこれる。

 

コースプロフィール Image credit: lavuelta

 

  1. 3級山岳 アルト・デ・ベルトール   9.3km・3.7%
  2. 3級山岳 コル・デ・リーリャ  4.9km・5.2%
  3. スプリントポイント Valls

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

レムコ・エヴェネプールのコメント

外側を2針縫っただけでダメージは大きくない。筋肉痛もない。もう一度画像を見たが、上から見ると、昨日のゴール後の距離が短すぎたのは明らかだ。団体はそれについて謝罪しており、彼らは自分たちが間違いを犯したことを認識していると思う。

一日は終わった。ひどいことは起こる。 今日は新しい日だ。これからは前だけを考える。人生には頭に穴が空くよりも悪いことがある。だから、全体として私は幸運だった。

最も重要なことは、このブエルタの早い段階でステージに勝つことができたことだ。それは私に大きな自信を与えてくれる。最初の3日間は素晴らしい働きをした。

昨日、私たちはチームの戦術に多くの忍耐と自信を示した。それが良い結果の決め手だった。

今日は穏やかな一日になることを願っている。すでに3日間忙しい日々が続いているが、今日はもう少し静かになるかもしれない。

 

プリモッシュ・ログリッチは、落車の影響は少なからずあると認めている。

 

INEOS Grenadiersのゲラント・トーマスは、Bahrain Victoriousのワウト・プルールスと談笑。元チームメイトだ。

 

ナイロ・キンタナがスタート会場に。レース復帰の目途は絶たない。

 

Alpecin-Deceuninckのカーデン・グローブスは第2ステージの厳しい登りを耐えてステージ2位。チームのグランツールでの優勝記録の維持の期待がかかる。

「誰もが私がお気に入りだと言うが、優れたスプリンターはたくさんいる。私のスプリントトレインでは、ロッペ・ヒスとエドアルド・プランカールトと良い関係にある。」

 

第3ステージでアタックをかけたUAE Team Emiratesのフアン・アユソーは試してみたかったと。しかし、思いのほか向かい風がきつくて厳しかったと言っている。

 

Cofidisはブランイアン・コカールで狙う。

 

第4ステージスタート時の4賞ジャージは

  • 総合 レムコ・エヴェネプール Soudal – Quick Step
  • ポイント賞 アンドレア・ヴェンドラーメ AG2R Citroën Team
  • 山岳賞 エドゥアルド・セプルベダ Lotto-Dstny
  • 新人賞 レニー・マルティネス Groupama – FDJ

 

3人の逃げ

3人が、スタート2kmから逃げている。

  1. エドゥアルド・セプルベダ Lotto-Dstny
  2. オカミカ・アンデル Burgos-BH
  3. ダビ・ゴンザレス Caja Rural – Seguros RGA

 

エドゥアルド・セプルベダは、山岳賞ジャージを着用。二つの3級山岳ポイントを目指している。

 

Burgos-BHのオカミカ・アンデルは、良く逃げに乗る選手。昨年のブエルタでも5回逃げにのっている。

 

Caja Rural – Seguros RGAのダビ・ゴンザレスは、2019年からチームに所属。グランツール初出場となる27歳のスペイン人。

 

集団はAlpecin-Deceuninck、Team dsm – firmenich、Soudal – Quick Stepが引いている。残り97.1kmで1分14秒差。

 

3級山岳 アルト・デ・ベルトール   9.3km・3.7%

先頭3人は登っている。

 

ポイント獲得順位は

  1. エドゥアルド・セプルベダ Lotto-Dstny 3ポイント
  2. ダビ・ゴンザレス Caja Rural – Seguros RGA 2ポイント
  3. オカミカ・アンデル Burgos-BH 1ポイント

 

タイム差は1分13秒差。

 

残り47.2kmで45秒差に。

 

3級山岳 コル・デ・リーリャ  4.9km・5.2%

最後の3級山岳に。

 

27秒差と迫ってくる。

 

先頭が最後の山岳ポイントを通過。

  1. エドゥアルド・セプルベダ Lotto-Dstny 3ポイント
  2. オカミカ・アンデル Burgos-BH 2ポイント
  3. ダビ・ゴンザレス Caja Rural – Seguros RGA 1ポイント

 

先頭は二人となる。

  1. オカミカ・アンデル Burgos-BH
  2. ダビ・ゴンザレス Caja Rural – Seguros RGA

 

スプリントポイント Valls

なんとかスプリントポイントを捕まらずに通過。

  1. オカミカ・アンデル Burgos-BH 20ポイント
  2. ダビ・ゴンザレス Caja Rural – Seguros RGA 17ポイント
  3. マライン・ファンデンベルフ EF Education-EasyPost 15ポイント

 

 

集団が迫ってくる。

 

残り19kmで二人は捕まった。

 

残り13.1km。猛烈なペースで集団はゴールに向かう。

 

集団はINEOS Grenadiersのフィリッポ・ガンナが引いている。

 

Team Arkéa Samsicのクライマー、エリー・ジョスベールが切れている。

 

残り5km。Alpecin-Deceuninckが先頭に出てくる。

 

あっと落車だ。

 

 

Cofidisのブライアン・コカールが巻き込まれている。

 

サンティアゴ・ブイトラゴは完全に倒れている。

  •  ブライアン・コカール (Cofidis)
  •  サンティアゴ・ブイトラゴ (Bahrain – Victorious)
  •  カミル・マウェツキ (Bahrain – Victorious)
  •  フランソワ・ビダール (Cofidis)
  •  コービー・ホーセンス (Intermarché – Circus – Wanty)
  • ウィルコ・ケルデルマン Jumbo-Visma

 

残り2.6km。Jumbo-Vismaのディラン・ファンバーレが先頭で引いていく。

 

先頭はUAE Team Emirates。

 

まだUAE Team Emiratesが前だ。

 

残り400mの危ないコーナーを曲がっていく。先頭はEF Education-EasyPostのマライン・ファンデンベルフ。

 

あ~、先頭を走っていたEF Education-EasyPostのマライン・ファンデンベルフがコーナーで落車。

 

先頭に立ったのはUAE Team Emiratesのフアン・モラノ。

 

後ろからAlpecin-Deceuninckのカーデン・グローブスが追う。

 

モラノはカーブ手前で、スマホに当たっていた。

 

フアン・モラノが先頭でカーブを曲がってきた。

 

モラノが前でもがく。

 

ゴールは登っている。

 

カーデン・グローブスがフアン・モラノをまくった。

 

モラノはハンドルを叩いて悔しがる。

 

カーデン・グローブスがブエルタのスプリンターステージを制した!

Alpecin-Deceuninckは、マチュー・ファンデルプール、ジャスパー・フィリップセンがいなくても、グランドツアーでの勝利をあげていく。

 

 

カーデン・グローブスは2023ジロ・デ・イタリア第5ステージの勝利に続いて、グランツール3勝目をあげた。今シーズン5勝目。キャリア14勝目だ。

 

スポンサーリンク

リザルト

カーデン・グローブスのコメント

幸いなことに、私は十分に忍耐強かった。今日は難しい一日だった。Team dsm – firmenichと僕らのチームは逃げ集団をコントロールしなければならなかった。でもチームは素晴らしく、アグレッシブに走ってくれた。

しかし、スプリントの準備はかなり混沌としてましたね。

最終コーナーはかなりトリッキーだった。マライン・ファンデンベルフとロッベ・ヒスは少し幅を取りすぎた。ちょうどその時、モラノがフィニッシュへ向かう最後の上りのふもとでアタックしてきた。まだ350mあったから、我慢しなければならないと思った。

終盤になっても冷静さを失ってないようでしたね。

それでも彼に勝つことはわかっていた。その努力を続けるには、まだ距離がありすぎたし、タフだった。私に勝つためには、非常にタフでなければならなかった。

うまくいってよかったよ。ジロでのステージ優勝の後、ブエルタでも勝てたことは素晴らしい。これが最後でないことを願うよ。

 

2位のフアン・モラノのコメント

マライン・ファンデンベルフが倒れるのを見たが、その後は少しの差があった。できるだけ早く始めなければと思っていただ。

私たちはカーデン・グローブスが非常に強いことを知っている。彼は理想的な位置にいて、スプリント中に私のスリップストリームをうまく利用することができた。彼にとって、私の早いスタートは完璧だった。

気分はいいし、足もしっかりしている。それで私の時代が来るでしょう。最も重要なことは、長い離脱を経て最高レベルに戻ってきたということだ。

 

第4ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 GROVES Kaden
Alpecin-Deceuninck 180
10″
0:00:10
2
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates 130
6″
,,
3
 THEUNS Edward
Lidl – Trek 95
4″
,,
4
 MENTEN Milan
Lotto Dstny 80   ,,
5
 VAN GESTEL Dries
TotalEnergies 60   ,,
6
 AULAR Orluis
Caja Rural – Seguros RGA 45   ,,
7
 PAGE Hugo
Intermarché – Circus – Wanty 40   ,,
8
 ASKEY Lewis
Groupama – FDJ 35   ,,
9
 FLYNN Sean
Team dsm – firmenich 30   ,,
10
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team 25   ,,
11
 ENGELHARDT Felix
Team Jayco AlUla 20   ,,
12
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 15   ,,
13
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 10   ,,
14
 HOFSTETTER Hugo
Team Arkéa Samsic 5   ,,
15
 OLIVEIRA Nelson
Movistar Team 2   ,,
16
 EZQUERRA Jesús
Burgos-BH     ,,
17
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma     ,,
18
 MAS Enric
Movistar Team     ,,
19
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma     ,,
20
 BARTHE Cyril
Burgos-BH     ,,
21
 DE LA CRUZ David
Astana Qazaqstan Team     ,,
22
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates     ,,
23
 VAN DEN BERG Julius
EF Education-EasyPost     ,,
24
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious     ,,
25
 BARDET Romain
Team dsm – firmenich     ,,
26
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma     ,,
27
 SOLER Marc
UAE Team Emirates     ,,
28
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious     ,,
29
 ROCHAS Rémy
Cofidis     ,,
30
 CRAS Steff
TotalEnergies     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 20
10″
12:48:52
2 2
 MAS Enric
Movistar Team     0:05
3 3
 MARTINEZ Lenny
Groupama – FDJ     0:11
4 4
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma  
6″
0:31
5 5
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe     0:33
6 6
 UIJTDEBROEKS Cian
BORA – hansgrohe     ,,
7 7
 BARDET Romain
Team dsm – firmenich     0:35
8 10 ▲2
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma     0:37
9 11 ▲2
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates  
4″
0:38
10 12 ▲2
 SOLER Marc
UAE Team Emirates     0:42
11 13 ▲2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates     ,,
12 14 ▲2
 ARENSMAN Thymen
INEOS Grenadiers     0:45
13 15 ▲2
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma     0:49
14 16 ▲2
 VINE Jay
UAE Team Emirates     0:51
15 18 ▲3
 CRAS Steff
TotalEnergies     1:07
16 19 ▲3
 POELS Wout
Bahrain – Victorious     1:09
17 20 ▲3
 CEPEDA Jefferson Alveiro
Caja Rural – Seguros RGA     1:11
18 21 ▲3
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers     ,,
19 23 ▲4
 DE LA CRUZ David
Astana Qazaqstan Team     1:16
20 24 ▲4
 ROCHAS Rémy
Cofidis     1:24
21 27 ▲6
 QUINN Sean
EF Education-EasyPost     1:39
22 28 ▲6
 LÓPEZ Juan Pedro
Lidl – Trek     1:41
23 29 ▲6
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious     1:43
24 25 ▲1
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost     1:48
25 33 ▲8
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious  
4″
2:08
26 34 ▲8
 VALTER Attila
Jumbo-Visma     2:17
27 30 ▲3
 CAMARGO Diego Andrés
EF Education-EasyPost     2:20
28 36 ▲8
 BALDERSTONE Abel
Caja Rural – Seguros RGA     2:36
29 37 ▲8
 ROMO Javier
Astana Qazaqstan Team     2:39
30 31 ▲1
 HIRT Jan
Soudal – Quick Step     2:47

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Pnt Points
1 3 ▲2
 GROVES Kaden
Alpecin-Deceuninck 75  
2 1 ▼1
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team 62  
3 2 ▼1
 KRON Andreas
Lotto Dstny 30  
4  
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates 30  
5 4 ▼1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 25  
6 25 ▲19
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 24  
7 19 ▲12
 SOLER Marc
UAE Team Emirates 21  
8 5 ▼3
 PICCOLO Andrea
EF Education-EasyPost 20  
9  
 OKAMIKA Ander
Burgos-BH 20  
10  
 THEUNS Edward
Lidl – Trek 20  

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Pnt Points
1 2 ▲1
 SEPÚLVEDA Eduardo
Lotto Dstny 16  
2 1 ▼1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 10  
3 3
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla 6  
4 4
 ROMO Javier
Astana Qazaqstan Team 6  
5 5
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 6  
6 6
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious 6  
7 7
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 4  
8 8
 KÄMNA Lennard
BORA – hansgrohe 4  
9 9
 KRON Andreas
Lotto Dstny 3  
10  
 OKAMIKA Ander
Burgos-BH 3  

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 12:48:52
2 2
 MARTINEZ Lenny
Groupama – FDJ 0:11
3 3
 UIJTDEBROEKS Cian
BORA – hansgrohe 0:33
4 5 ▲1
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 0:38
5 6 ▲1
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates 0:42
6 7 ▲1
 ARENSMAN Thymen
INEOS Grenadiers 0:45
7 8 ▲1
 QUINN Sean
EF Education-EasyPost 1:39
8 11 ▲3
 VALTER Attila
Jumbo-Visma 2:17
9 9
 CAMARGO Diego Andrés
EF Education-EasyPost 2:20
10 12 ▲2
 BALDERSTONE Abel
Caja Rural – Seguros RGA 2:36
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. 毎日読者K より:

    カーデン・グローブスはグランツール3勝目ですよー

    ゴールスプリントでスマホ当ててくる観客こまりますね(´ω`)

    • 毎日読者K より:

      たびたびすみません、
      よく逃げているオカミカについて、
      これも単語登録がオカミカ・アンバーにしてあるとおもうのですが、

      OKAMIKA Ander
      日本語にするとアンデルかアンダーあたりのほうがしっくりくるような気がしてます。
      bならバーですがdなので。

      某サイトではアンデルの表記でした。

      • ちゃん より:

        了解です。オカミカ・アンデルで統一しますね。外国人の名前って難しいですよね。
        2020年にメディア各社が決めた名前も、各サイトともに勝手に名前を変えているので、何が本当やらと言った感じです。
        毎年、決めて貰うとたすかるのですが~。

タイトルとURLをコピーしました