ロードバイクの情報を発信しています!

イツリア・バスクカントリー第3ステージ 山頂ゴールの凄まじい争いを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: Paulo Etxeberria on Visualhunt
この記事は約10分で読めます。

第2ステージでは、タディ・ポガチャルのアタックに、総合上位選手4人による抜け出しもみられた。

最終的には、捕まってしまったが今後のステージを占う上で、誰が調子が良いのかわかったステージでもあった。

昨日2級山岳で逃げていたのは

  1. プリモッシュ・ログリッチ(Team Jumbo-Visma) 総合1位
  2. ブランドン・マクナリティ(UAE-Team Emirates) 総合3位
  3. マキシミリアン・シャフマン(BORA – hansgrohe) 総合6位
  4. セルジオ・イギータ(EF Education – Nippo) 総合17位

調子の良さそうな彼らが、またも登りゴールのこのステージで活躍するのか?

更に、第2ステージで優勝したアレクサンデル・アランブル (Astana – Premier Tech)の走りにも注目しておきたい。

 

スポンサーリンク

第3ステージ アムリオ〜エルムアルデ 167.6㎞

第3ステージ photo itzulia.eus

 

スタートから登っていくコースで、逃げが間違いなく出来そうなコース。だが、ラスト20キロから始まる3つの登りで総合勢が動いてくるだろう。

2つ目の登りに最大勾配14%の勾配もある。距離は短いが総合勢がバラバラになるには十分だ。

最後の山頂フニッシュも3.1kmと距離は短いが平均勾配10.2%だ。しかも最大勾配は20%というから劇坂だ。

ただ、ゴール付近の勾配は少し緩くなるので遅れないようにしないといけない。

 

逃げは7人

photo Tiz-cyclingストリーミング 以下同様

 

逃げているメンバーは7人。クイックステップのミッケルフレーリク・ホノレも入っている。

  1. Mikkel Frølich Honoré(Deceuninck – Quick Step)
  2. Theo Delacroix(Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  3.  Felix Gall(Team DSM)
  4. Larry Warbasse (AG2R Citroën Team)
  5. Oier Lazkano (Caja Rural – Seguros RGA) 
  6. Daniel Navarro(Burgos-BH)
  7. Gotzon Martín (Euskaltel – Euskadi)

 

集団はEF Education – Nippoが引いている。残り69kmで5分38秒のタイム差。

 

残り29kmとなって、タイム差は1分57秒と少なくなってきた。どこまで逃げれるだろう。

 

逃げのメンバーは残り14.8kmで捕まってしまう。まだ、前に二人逃げているがタイム差はほとんどない。

 

こちらは先頭を走るOier Lazkano (Caja Rural – Seguros RGA) 。クイックステップのミッケルフレーリク・ホノレは捕まった。

 

最後から2番目の登りに集団が入る。2.5kmで平均勾配6.7%。最大勾配は14%ある。

 

 

最後まで逃げていたOier Lazkano (Caja Rural – Seguros RGA)も捕まってしまう。

 

頂上まで、1.5kmだが全く集団がばらける気配はない。

 

おっと、トレックのエースナンバーをつけているバウケ・モレマが遅れてしまう。あまり調子が良くないようだ。

 

最後の登りだ。最大勾配20%の部分がある厳しい登りだ。距離は3.1kmと短いが破壊力抜群だ。

 

ラスト4.5kmで5人が抜け出す。

 

おっと、ここでウイルコ・ゲルデルマン(BORA – hansgrohe)とマイケル・ウッズ(Israel Start-Up Nation)の総合上位勢が落車してしまう。これは痛い。

 

セルジオ・イギータが先頭を引く。後ろはリチャル・カラパスだ。

 

タディ・ポガチャルがセルジオ・イギータを捉えて先頭を引いている時に、リチャル・カラパスがアタック。

 

リチャル・カラパスが単独で逃げていたが、タディ・ポガチャルがアタックをかけてカラパスを抜き去る。それに反応したのはプリモッシュ・ログリッチ。

二人が一時抜け出す。

 

だが、後続からアダム・イェーツにミケル・ランダ、マウリ・ファンセヴェナント(Deceuninck – Quick Step)、アレハンドロ・バルベルデも追いつく。

 

タディ・ポガチャルが先頭を引くが、後方からダヴィ・ゴデュ(Groupama – FDJ)も追いついてきた。

 

 

ダヴィ・ゴデュはラスト900mでアタック。

 

  

だが、誰も逃がしてくれない。今度はプリモッシュ・ログリッチがスパートをかける。これに反応出来たのはタディ・ポガチャルだけだ。

 

最後は、タディ・ポガチャルがプリモッシュ・ログリッチをあきらめさせた。ステージ優勝はタディ・ポガチャルだ。

プリモッシュ・ログリッチにしてみれば、2位でゴールすればボーナスタイムもあるので問題はない。

3位には、アレハンドロ・バルベルデが入っている。

やはり、最後は二人の争いとなったか~と言った感じだ。しかし、あまりもに激しく目まぐるしい展開なので、追いきれない。

もう一度、ラスト3km当たりから見てみたい感じだ。ツール・ド・フランスの戦いもこんな感じになりそうだ。

 

こちらはラスト3kmからのフル動画
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

リザルト

第3ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates50504:04:50
2 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma2030,,
3 VALVERDE AlejandroMovistar Team8180:05
4 YATES AdamINEOS Grenadiers 13,,
5 LANDA MikelBahrain – Victorious 10,,
6 GAUDU DavidGroupama – FDJ 70:08
7 KNOX JamesDeceuninck – Quick Step 40:16
8 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma 3,,
9 VANSEVENANT MauriDeceuninck – Quick Step 2,,
10 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates 10:18

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma88:07:48
24▲2 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates 0:20
33 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates 0:30
45▲1 YATES AdamINEOS Grenadiers 0:39
513▲8 VALVERDE AlejandroMovistar Team 0:50
67▲1 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma 0:54
715▲8 LANDA MikelBahrain – Victorious 1:00
810▲2 BILBAO PelloBahrain – Victorious 1:08
96▼3 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe 1:09
1014▲4 VANSEVENANT MauriDeceuninck – Quick Step ,,

タディ・ポガチャルが総合2位に浮上。タイム差は20秒。ボーナスタイムだけでは逆転は難しい。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma55
23▲1 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates53
32▼1 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech32
412▲8 YATES AdamINEOS Grenadiers27
54▼1 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates26
67▲1 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma24
710▲3 GAUDU DavidGroupama – FDJ24
818▲10 VALVERDE AlejandroMovistar Team22
915▲6 LANDA MikelBahrain – Victorious20
105▼5 FRAILE OmarAstana – Premier Tech20

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
15▲4 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates13
22 HERMANS QuintenIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux12
33 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma12
41▼3 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe6
5 ▼5 LAZKANO OierCaja Rural – Seguros RGA6
67▲1 YATES AdamINEOS Grenadiers6
7 ▼7 VALVERDE AlejandroMovistar Team6
8 ▼8 VERONA CarlosMovistar Team4
94▼5 IRISARRI JonCaja Rural – Seguros RGA4
106▼4 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates2

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
12▲1 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates8:08:08
21▼1 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates0:10
33 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma0:34
44 VANSEVENANT MauriDeceuninck – Quick Step0:49
55 HIGUITA SergioEF Education – Nippo0:59
67▲1 GAUDU DavidGroupama – FDJ1:09
76▼1 VAN WILDER IlanTeam DSM1:15
815▲7 MÄDER GinoBahrain – Victorious3:21
912▲3 DONOVAN MarkTeam DSM3:34
1014▲4 DUNBAR EddieINEOS Grenadiers5:09

※ハイライト動画はのちほど追加予定

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました