ロードバイクの情報を発信しています!

Wilier Triestinaから2021年モデルCento10 SL登場

機材情報
photo wilier.com
この記事は約5分で読めます。

Wilier Triestinaから2021年モデルCento10 SLが発表された。

最上位モデルのWilier Cento10 Proは、Astana Pro TeamやTeam Total Direct Energieが使用するプロレベルのエアロマシンだ。

これまでWilier Triestinaでは、より手頃な価格のエアロバイクとしてCento1 Airがあった。

当時のCento1は最先端のエアロマシンだったが、デザインは6年前のもの。Cento1はこれまでのロードバイクの売り上げの17%を占めており、ブランドにとってCento1に代わるものは非常に重要なものになるとWilierは考えている。

そこでWilierは、Cento10の最新のデザインと技術を、求めやすい価格帯で提供することになった。

 

スポンサーリンク

Wilier Cento10 SL

こちらはプロモーションビデオ

Wilier Triestina | Cento10 SL

 

Cento10 SLはProレベルのバイクと同じ金型で作られているが、より控えめなカーボン構成を使用しており、低価格でデザインにいくつかの調整が加えられている。

 

Wilier Cento10 SL
特徴
  • Cento10 SLは、Cento1 Airに代わるエアロバイク
  • 最上位のProモデルよりも優れたねじり剛性を主張
  • Cento10 SLのフレームの重量は1,190g(中サイズ)
  • ディスクプレーキとリムブレーキの新モデルが登場
  • Cento10は、百十を意味しており、チェントディエチと読む
  • 新型SLのタイヤクリアランスは、リムブレーキモデルが28mm、ディスクブレーキモデルが30mm
  • Ritcheyと共同で作られたバーとステムのデザインを採用
  • 新型バーラバーはクリップオントライバー対応
  • 専用ヘッドセットは特許出願中のデザインを採用しており、スリムなヘッドチューブを維持し、ケーブルはフレーム内を通る

 

https://wilier.com/en/my2021/int/endurance-bikes/road-bikes/cento10sl?origin=int&

photo wilier.com

SLのダウンチューブはNACA(National Advisory Committee for Aeronautics)の切り取られたカムテール形状で、スリムなテールセクションが切り取られている。

この形状は空気を「だまして」、尾がまだそこにあると信じさせるようになっている。

Cento10 SLのフレームは、Cento10 Proよりもねじれ剛性を実際に改善していると主張しているが数値は出していない。

SLフレームは、Shimano Di2またはCampagnolo EPSコントロールボックスを収容するトップエンドバイクで設計されたダウンチューブの電動boxを削除したという点で、既存のProフレームとは異なっている。

 

Ritcheyと共同で設計したハンドルシステム

photo Warren Rossiter

Ritcheyと共同で開発されたRitchey / Wilier Stemma SLは、ステムの下のカーボンファイバーガイドを使用してケーブルをヘッドチューブに配線している。

ケーブルが一部でも見えているのは交換などのメンテナンスには便利だ。

2つのブランドの関係は、RitcheyとWilierが共同スポンサーとなったTeam Lampreの時代までさかのぼる。

 

ホイールはMicheと共同開発

photo Warren Rossiter

Wilier Cento10 SLシリーズは、6つのディスクブレーキと4つのリムブレーキバイクで構成されている。

ほとんどは、「標準」ホイールまたはWilierのNDR38カーボンホイールへのアップグレードのいずれかで利用可能。すべてのモデルにWilier / Ritcheyバーとステムが付属する。

 

photo Warren Rossiter

Wilier NDR38カーボンホイールは、イタリアのコンポーネントメーカーMicheと共同開発された。

イタリア製カーボンホイールは、Sapimスポークとニップルを使用して手作りされ、ステンレス鋼ベアリングを備えた鍛造合金ハブシェルを備えている。

リムハイトは38mm。内部幅17mmで外部幅は24mm。Wilier NDR38ホイールは、チューブレステープが装着された状態で重量1,665g。

 

photo Warren Rossiter

サドルは、Selle ItaliaのBoost SLRショートサドル。イタリアメーカーで固めてますね。

 

photo wilier.com

新しいWilier Cento10 SLシリーズには18のモデルがあり、最上位モデルのWilier Cento10 SL Ultegra Di2で€5,600(約70万円)。

Shimano105を搭載した、Wilier Cento10 SL Shimano 105モデルは€2,700(約37万円)。

 

日本の公式サイトにはまだ情報はないのでイタリアサイトで見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました