ロードバイクの情報を発信しています!

UCIシクロクロスワールドカップは14から11レースに縮小

海外情報
photo UCI Cyclocross twitter
この記事は約3分で読めます。

シクロクロスワールドカップ2020/21は、予定されていた14大会ではなく、11大会のみで構成される。

まあ、10月にはまだロードのクラシックが開催されてますからねえ~。日程は、すでに発表されてましたが、私のメモ記事となります。

 

スポンサーリンク

シクロクロスワールドカップスケジュール

国際自転車競技連合UCIによると、10月4日にシーズンがスタートする予定だったアメリカのウィスコンシン州ウォータールーでのレース、アイルランドの首都ダブリンでのワールドカップ(10月18日)、ベルギーのアントワープでのワールドカップ(シェルデクロス/12月13日)はプログラムから外されることになった。

 

ウォータールーの場合、UCIの判断はアメリカで特に深刻なコロナパンデミックの影響を受けているからと思われる。

まあ、当たり前ですよねえ~。未だに拡大中なのだからどうしようもない。

 

他の2つの大会は春のクラシック2大会と重なっており、コロナパンデミックの影響で秋まで延期された。

この日に予定されていたベルギーのゾンホーフェンでのワールドカップは、レースカレンダーからキャンセルされたシェルデクロスの開催日である12月13日に延期。

改定されたカレンダーによると、ワールドカップのシーズンは11月1日にベルギーのオーベレルエイセで始まり、1月24日にオランダのホーヘルハイデで終了する。

ベルギーで6レース、オランダで2レース、チェコ、フランス、スイスで各1レースが行われる。

 

シクロクロスワールドカップ スケジュール

  1. 11月1日 オーベレルエイセ(ベルギー)
  2. 11月15日 ターボル(チェコ)
  3. 11月22日 コクサイデ(ベルギー)
  4. 11月29日 ブザンソン(フランス)
  5. 12月6日 ワハテベーケ(ベルギー)
  6. 12月13日 ゾンホーフェン(ベルギー)
  7. 12月20日 ナミュール(ベルギー)
  8. 12月27日 ディーヘム(ベルギー)
  9. 1月3日 フルスト(オランダ)
  10. 1月17日 ヴィラール(スイス)
  11. 1月24日 ホーヘルハイデ(オランダ)

まあ、ロードレースからシクロクロスへとスムーズにつながってくれると嬉しいですけどね。

シクロファンとしては、1か月遅く始まるはレースは少なくなるので残念でしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました