ロードバイクの情報を発信しています!

ツールを制した世界最速のAbsoluteBlack GRAPHENlubeを塗布したSHIMANO11速チェーン登場

機材情報
photo absoluteblack
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・フランスを制したタディ・ポガチャルが使っているGRAPHENlube Wax lubricant

世界最速のチェーンオイルと豪語しており、その性能はUFOチェーンを凌ぐと言われている。

その性能については、上記の記事で紹介しているが、有名なチェーンオイルと比較しても長く効果が持続するのが特徴となっている。

 

スポンサーリンク

GRAPHENLUBEを搭載したSHIMANO11速チェーン

https://absoluteblack.cc/shimano-dura-ace-hg901-11-spd-chain-coated-with-graphenlube

今回、新しく製品に仲間入りしたのは、すでにShimano 11速チェーンにGRAPHENlube Wax lubricantが塗布されたもの。

新品のチェーンには、Shimanoが塗布しているオイルがついている。他のチェーンオイルを使う場合には、最初に塗布されているオイルを完全に落とさないといけない。

この作業を完全に行うのは結構大変。

DuraAce  11速 WITH GRAPHENLUBEチェーンは、プロツアーチーム用のチェーンとまったく同じ方法で作成される。

独自の真空超音波プロセスを使用して、グリースからチェーンを剥がし、オーブンで乾燥させ、チェーンリンク内の完全なコーティングを保証する。

潤滑チェーンは、再潤滑を必要とせずに、乾燥した道路状況で約2000km持続。チェーンの長さは116リンクで、クイックリンクが付属している。

 

真空バックされて保存

photo absoluteblack

チェーンのもう一つの利点は、正確なレベルの水分を保持するために真空パックされていること。

パッケージにより、チェーンを長期間保管でき、トップレベルのパフォーマンスが保証される。

一般的なワックスと特定の添加剤は、わずかに湿度の高い環境を好んでいる。

 

チェーンを真空包装せずに自宅で長期間保管すると、ワックスが乾燥して摩擦が増加する。摩擦を増加させる金属酸化のリスクもある。

自転車でチェーンを頻繁に使用することは、何の動きもなく箱に保管されているチェーンと同じではないということだ。

自分で、チェーンをオイルから脱脂して塗布しても良いが、既存のオイルをどこまで脱脂出来るかによって、新しく塗布したオイルの性能も変わってくる。

最初から、プロと同じ工程で塗布されたチェーンならば手間いらずで簡単だ。

 

GRAPHENlube Wax lubricantのサプライヤーは、UAE-Team Emirates、Team Jumbo-Vismaとツールの1位と2位のライダーを支えている。

更に、機密保持契約に基づくいくつかのプロツアーチームへのサプライヤーともなっている。スポンサーの関係があるので名前は言えないそうだ。

 

購入は、公式サイトからのみ。価格は、159.95ドル(約1万6千円)。SRAM RED AXS 12Sチェーンも同じ価格。

手間がいらないので、決戦用として使うには良いはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました