ロードバイクの情報を発信しています!

チームスカイのスーパーなアシスト達

Photo credit: brassynn on Visual hunt / CC BY-NC-ND ブログ

圧倒的な力でツールを制したチームSKY。

ステージレースにおいては、チーム力が大切になると言われてます。

今回のツール・ド・フランスも表彰台の1位と3位を占めたチームスカイ。

アシストの強さが際立ちました。どれくらいスーパーなアシストなんでしょうか!

 

スポンサーリンク

ツールへの出場選手

チームスカイは、イギリスのテレビ局スカイがメインスポンサーです。

イギリス中心のチーム編成となっており、チーム設立から5年以内にツール・ド・フランスの総合優勝者を出すことを目標にしていました。

設立は2009年ですが、2012年にはブラッドリー・ウィギンス、2013年にはクリス・フルームが総合優勝を果たして目標を達成しています。

 

潤沢な資金

プロツアーチームの運営費には、約10億~20億と言われています。選手の宿泊費だけでも1億円はかかるとか。その他スタッフ、機材、選手の給料などもほとんどがスポンサーからの支給です。

チームスカイの運営費は約40億と言われており、プロツアーチームが3チーム位出来るだけの資金力があります。

フルームの年収も、なんやかんや合わせると6億円以上だとか。サガンも同じくらいですね。

 

2018ツールのSKY出場選手

ツール・ド・フランスは今年から一人減って8人でのチーム編成となりました。

  • クリス・フルーム(イギリス)33歳
  • ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド)28歳
  • ゲラント・トーマス(イギリス)32歳
  • ワウト ・プールス(オランダ)30歳
  • ジャンニ・モスコン(イタリア)24歳
  • ヨナタン・カストロビエホ(スペイン)31歳
  • エガン・ベルナル(コロンビア)21歳
  • ルーク・ロウ(イギリス)28歳

 

スーパーすぎるアシスト勢

フルームがサブブタモール問題で、ツール・ド・フランスにでれなかった場合。

プランBのエース。ゲラント・トーマスも、フルームがタイムを失わなければアシストだった訳ですからね。

 

ゲラント・トーマス

ゲラント・トーマスも2017ジロ・デ・イタリアではエースとして出場していました。

2017年のジロでは、第9ステージで停車していた警察バイクと接触して落車。肩を脱臼し、5分以上遅れてゴール。続く第10ステージの個人TTでステージ2位に入りました。しかし、負傷した膝の状態が悪化。第12ステージでは平坦ステージで31秒遅れるたため、ここでリタイヤ。

ケガに泣いたトーマスでしたが、その彼がアシストなのですから強力ですよね。

今回の2018ツール・ド・フランスでの結果は、落車なし、バットデーなし、トラブルなし。着々とボーナスタイムを稼いで2位のデュムランさえマークさえすれば良いという状況を作り出しました。

第20ステージのタイムトライヤルも、前半はフルームやデュムランを上回るタイムで好走。後半は、チームカーからの指示で無理せずにゴールを目指しました。それでも3位のタイム。

完ぺきでしたね。

今シーズン末にはチームスカイとの契約が切れます。TREKなど他チームからオファーがあるようです。8月には、今後の去就がわかりますが、どうなるでしょうか?

 

おもな戦績
レース順位
2013・2018ポーランド選手権個人ロード優勝
2014Arc en ciel.svg世界選手権個人ロードレース優勝
2014,2017 ストラーデ・ビアンケ優勝
2015 アムステルゴールドレース優勝
2016 E3・ハレルベーク優勝
2017 ミラノ〜サンレモ優勝
2017 クラシカ・サンセバスティアン優勝
2018 ティレーノ〜アドリアティコ優勝
2014年の世界選手権個人ロード優勝者。

なんと、元世界チャンピオンがアシストでっせ。その強力なアシスト力はたびたびチームの先頭にたって、長い時には交代なしで50キロくらい引きまくる!

しかも、前をゆく逃げ集団との差を一人で詰めていくこともある。
超がつくスーパーアシストですね。

優勝入賞数知れず。他チームならエースとして君臨してもおかしくないです。チームスカイとは2020年までの3年契約となっているので、まだまだ活躍するでしょうね。

 

脅威の21歳。コロンビア人でボゴタ出身。

2014-2015年、マウンテンバイクレース、世界選手権自転車競技大会にて2つのメダルを獲得。

2016年、アンドローニ・ジョカットーリでプロコンチネンタルとしてデビュー

2017年、若手の登竜門、ツール・ド・ラブニール総合優勝

2018年、チーム・スカイに移籍。

プロツアーチームに入って1年目の選手がなんとツール・ド・フランス出場!

しかも、アシストをこなしながら総合第15位でフニッシュ

ツール・ド・フランス第17ステージで、遅れたフルームを自分の意思でアシスト。

ベルナルがいなかったら、フルームはもっとタイムを失っていた所。

フルームをアシストするベルナル

石畳のレースで遅れなければ新人賞も間違いなかったベルナル。山岳での強さは圧倒的でしたよね。

 

ベルナルは、身長は174センチ。体重60kg。

2017年のツール・ド・フランス出場選手の平均身長181cm・平均体重68.8kg
平均と比べても、随分と小柄であることがわかります。
山岳での強さは見ての通り、素晴らしいものがありますね。タイムトライアルが強化されればまちがいなく、数年後はツールを制覇する男になるでしょう。

 

優勝レース
レース順位
2016ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ優勝
2016リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ優勝
2017ツール・ド・ポローニュ区間優勝
2017パリ〜ニース区間優勝

クライマーとして、アシストをつとめました。

2018年のツール・ド・フランスの第15ステージにおいて、他チームの選手を殴打し、失格処分を受けた選手といえば、覚えている人もいるはず。

2017年のツール・ド・ロマンディでは、アフリカ系フランス人選手のケヴィン・レザを人種差別発言で侮蔑し、チーム・スカイから6週間の出場停止の処分を受けた。スカイは再び人種差別を繰り返せば契約を解除するとしている。

その他にも、FDJの選手Reichenbachに対して「故意に衝突&落車させた疑惑」もあり。

昨年もやらかしてますから、まあ厳しい処分が下されると思います。

 

ヨナタン・カストロビエホ

タイムトライヤルスペシャリストで、平地での牽引は素晴らしいですね。
今年からチームスカイに移籍。2016年には、ヨーロッパ選手権でタイムトライヤルチャンピオンにもなっています。

 

ルーク・ロウ

この写真にあるように私生活もおちゃめなのか??

身内の結婚式のお祝いのためにパーティーに参加。川をイカダで下るラフティングというスポーツを楽しむ際に、川へ飛び込んだ。高さ1mくらいからダイブしたら思ってたより水深が浅かったという(@_@)

なんと、脚に25か所もの骨折という重傷を負ったのだ。

なんとか、ケガの回復がはやくて2016年4月にケガをして2017年2月に復帰。

チームスカイでは貴重なクラッシックハンターとして期待されている選手です。

2012年からチームスカイでプロデビューしています。

まとめ

https://www.letour.fr/en/stage-21/image-gallery

https://www.letour.fr/en/stage-21/image-gallery

チームスカイそれぞれのアシストがスーパーすぎです。それぞれが各ステージレースなどで優勝を狙える選手ばかり。山岳で何人もアシストが残るチームはSKYだけですもんね。

デュムランなどは、山岳でのアシストなど一人も残っていないので孤軍奮闘しないといけないですからね。

来年のツール・ド・フランスはだれがスカイのエースになっても、この強力なアシストがあるとかなり有利ですね。来年が楽しみです!

 

コメント