ロードバイクの情報を発信しています!

なんとシアン・エイテブルックスがBORA-hansgroheからあのチームに移籍に~

海外情報
UnsplashGuido Jansenが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

元々BORA-hansgroheからは来シーズン移籍するだろうと言われていたシアン・エイテブルックス。

TT機材に対するチームへの不満も表明していたけれど。

 

シアン・エイテブルックスは、2024年のBORA-hansgroheとの契約を破棄して、なんとプリモッシュ・ログリッチがいたJumbo-Vismaに移籍となった。

 

スポンサーリンク

2027年まで4年契約

 

シアン・エイテブルックスは17歳の時にBORA-hansgroheと契約していた。この時の契約では、2024年までだったが。

 

シアン・エイテブルックスの活躍を見たのは、2021年のGrand Prix West Bohemia (1.1)。70kmの独走を見せてくれた。

 

2023年シーズンは、ツアー・オブ・オマーン総合9位、ボルタ・ア・カタルーニャ総合9位、ツール・ド・ロマンディ総合6位、ツール・ド・スイス総合7位と上位に入る活躍を見せる。

そして、初めてのグランドツアーであるブエルタ・ア・エスパーニャで、総合8位。だが、この時にはアレクサンドル・ウラソフとの微妙な関係をコメントしていた。

また、第16ステージ終了時には、Jumbo-Vismaのチーム総合力について優位性を認めている。

 

その自らも認めるチームへの移籍なのだから、本人も満足だろう。まだ、20歳であり将来的にTTを鍛えればTeam Visma | Lease a Bikeのエースになることも十分に可能だ。

BORA-hansgroheに残っても、プリモッシュ・ログリッチがいる限り自分がツールに出場出来る可能性も低かった。

逆にJumbo-Vismaは、ヨナス・ヴィンゲコーの次の総合エースを獲得と言った感じか。強力なアシスト陣で支えれば、グランツールの表彰台獲得も近い将来実現可能な目標となる。

 

シアン・エイテブルックスのコメント

Team Visma | Lease a Bikeへの移籍にとても満足している。ここ数年、このチームが一流チームであることを証明してきた。

もちろん2023年には3つのグランツールで優勝し、絶対的な存在となった。ヨナス、ワウト、セップのような選手たちから学べることを光栄に思う。Team Visma | Lease a Bikeでスタートすることを非常に楽しみにしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました