ロードバイクの情報を発信しています!

サム・ベネットはシュヘルデプライスで敗れた敗因について明かす

海外情報
Image by Pexels from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

ベルギーでおこなわれたスプリンターの非公式世界選手権とも呼ばれるシュヘルデプライスでサム・ベネットはAlpecin-Fenixのジャスパー・フィリップセンにスプリントで敗れてしまった。

ゴール前のトレインは完璧かと思われたが、サム・ベネットによるともう一人足りなかったと言う。

更に、ジャスパー・フィリップセンに敗れた原因について語っているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

前日のプレゼンは雪と雹で中止

こちらはスタートの様子

 

前日のプレゼンテーションは雪とひょうのために中止になるほどの悪天候。当日の気温も低く、上のスタートの様子をみても皆寒そうな恰好をして走っている。

実は、この寒さもサム・ベネットが破れた原因の一つだったようだ。

サム・ベネットはゴール後に以下のように語っている。

Alpecin-Fenixはより速いスピードで私たちの背中から出てきたので、加速するのは難しい。私たちはおそらく決勝で1人不足していた。誰もが私を見ているときは簡単ではない。

最後のラップでもペースがそれほど速くなかったので、筋肉が少し冷えていた。それからスプリントで再開するのは難しい。残念ながら私は悪い日を過ごした。

サム・ベネットは最後に一人足らなかったというが、Alpecin-Fenixはドリース・デポンド、ヨナス・リッカールト、ジャスパー・フィリップセンの3人の並びで勝っている。

対する、クイックステップは、ベルト・ファンレルベルフが引いて、ミケル・モロコフ、サム・ベネットがスプリント勝負した。

後ろにマーク・カヴェンディシュがいたことが問題だったのだろうか?

 

マーク・カヴェンディシュは勝利出来たかという質問とチームの戦術について聞かれたサム・ベネットは沈黙した後に

彼は今もマーク・カヴェンディッシュである…。はいはい。もちろん。彼は勝てたかもしれない。そして、彼は以前ここで大きな成功を収めている。見ていただければ幸いだ。

私は自分でスプリントをする。マークはハンドルを握っていた。彼が来ることができれば、彼は来ることができただろう。自分のレースをしただけだ。

仮に、マーク・カヴェンディシュがリードアウトに加わっていたならば、前が3人になり、もっと早い段階からのトレインでスピードも乗っていたかもしれない。

サム・ベネットの敗因は、寒さによる筋肉の冷えと、ラスト200mでトップスピードに乗っていなかったトレインにあるようだ。

 

こちらのハイライト動画ではゴールの様子を詳しく解説してくれている。
How did Quickstep Lose This Race?! | Scheldeprijs 2021

 

マーク・カヴェンディシュのコメント

 

決勝では数が多かったが、うまくいかなかった。サム(ベネット)に乗るつもりだった。論理的には、彼は現時点で世界最速の男だ。

自分の役割は、彼の車輪の一種のピストンになることだった。フィリップセンがやって来たとき、私はサムを手放すために脇に寄った。

しかし、振り返ってみると、フィリップセンと一緒に行って自分自身を全力疾走することによって、より速く反応するべきだった。

マーク・カヴェンディシュは、今シーズンのスプリントでは3回目の表彰台となった。

あとは勝利が欲しいだけたが、次のトルコで行われるツアー・オブ・ターキーで勝てるだろうか?

このレースには、ファビオ・ヤコブセンが復帰して帰ってくる。どちらがエーススプリンターとなるのだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました