ロードバイクの情報を発信しています!

INEOS Grenadiersは、リチャル・カラパスに続いてエディ・ダンパーも放出か?

海外情報
Krzysztof PlutaによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

2022ジロ・デ・イタリア総合2位となったリチャル・カラパスは2022年末にはINEOS Grenadiersを去るようだ。

 

今度は、それに続いてエディ・ダンパーも放出というニュースとなる。

 

スポンサーリンク

移籍先は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Eddie Dunbar(@eddie_dunbar)がシェアした投稿

 

エディ・ダンパーは今シーズン、コッピ・エ・バルタリ総合優勝。さらに、ツール・ド・ハンガリーでも総合優勝を決めている。

ただ、どちらもステージ優勝はしていない。

今シーズンは、ジロ・デ・イタリアのメンバーからも漏れており、INEOS Grenadiersではグランドツアーに出場するのも容易ではない。

結局、2019ジロ・デ・イタリア総合22位でフニッシュした1回だけしかグランドツールに出ていない。

移籍がほぼ決定したのは、Team BikeExchange – Jayco。複数年契約という噂だ。チームは、エスデバン・チャベスがEF Education-EasyPostに移籍しており、エースはサイモン・イェーツただ一人。

エディ・ダンパーならば、グランドツアーでリーダーとして走ることも可能だ。

大きなチームで高給を貰ってアシストも良いけれど、やはりプロならば自分がエースとなって走れるほうが良いに決まっている。

8月になれば、移籍発表がされるだろう。INEOS Grenadiersはカラパスに続いてエディ・ダンパーも放出。代わりに獲得する選手がいるんだろうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました