ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-VismaとSoudal – Quick Stepの合併は中止 Amazonも撤退か

海外情報
UnsplashJohn Matychukが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

Jumbo-VismaとSoudal – Quick Stepの合併の話は中止となった。

Soudal – Quick Stepは、筆頭株主であるズデネク・バカラ氏(Zdenek Bakala チェコの起業家兼投資家)の支援を受けて2025年まで存続する。

ただし、ズデネク・バカラ氏はいつまでも資金を提供するつもりはないと言われている。

 

スポンサーリンク

Jumbo-Vismaは合併を必要としない

 

8月にはJumbo-VismaとSoudal – Quick Stepは、合併について合意していたと言われている。しかし、金曜日の朝に、Jumbo-Vismaのライダーとスタッフに合併はないと報告を受けている。

これについては、公式の記者会見などは開かれない予定だという。

合併話は、Jumbo-Vismaのメインスポンサー、Jumboが撤退することから始まった。

しかし、世界最高の自転車チーム 2 つの合併は、短期間で達成するには複雑すぎることが判明した。

あまりにも多くの当事者が抗議を行った。合併にはあまりにも多くの利益を団結させる必要があった。

最新の情報によると、最終的な障害は自転車メーカーの選択だという。レムコ・エヴェネプールが契約に含まれることを望んだ場合、SpecializedもJumbo-Vismaに切り替える必要があった。

Specializedは、レムコ・エヴェネプールと個人契約を結んでいる。

しかし、Jumbo-Vismaの現在の自転車スポンサーであるCerveloは、立場をさらに強化した。Cerveloは、既存の契約が尊重されることを望んでいた。

交渉中に、驚くべき合意が浮​​上している。Cervélo会社である Pon は、チーム自体に追加投資することを決定した。ドミノ倒しが始まり、合併は消滅。

Pon Holdings BV はオランダの私有企業で、Cannondale やその他の自転車ブランドも所有している。Pon Holdings BV は、年間収益が 100億ユーロを超えると言われている。

ノルウェーのビジネスソフトウェアおよびITブランドのVismaはすでにタイトルスポンサーとして残り、1,200万ユーロの投資を行うことを明らかにしている。

Jumboが撤退しても、同じくらいの予算額は確保できることになった。

さらに、電子商取引企業Amazonとの契約も実現しないだろうとオランダ紙ADが報じている。Amazonからの予算もPonの追加投資で必要がなくなっている。

 

Soudal – Quick Stepは歓迎

 

Soudal – Quick Stepは、当初コメントを拒否したが、チームは2025年末までワールドツアーチームとして存続する。

パトリック・ルフェーブルと、チェコの億万長者ズデネク・バカラが引き続きチームの所有者となり、Soudal、Quick Step、Specializedがキーマンとして残る。

Soudalは、当初からタイトルスポンサーとして残ることを希望しており、2027年まで契約したいと考えている。

合併がなくなったということは、残る問題はレムコ・エヴェネプールの去就のみとなった。レムコ・エヴェネプールの契約は2026年まで残っている。

しかし、ズデネク・バカラからの予算は減ると言われており、レムコのための強化は期待できない。ツール・ド・フランス制覇を狙うならば、さらなる強化をしないといけない。

これについて、レムコ・エヴェネプールはどうするのか。気になる問題だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました