ロードバイクの情報を発信しています!

復帰したファビオ・ヤコブセンがヴォルタ・アン・アルガルヴェで落車。大丈夫なのか?

海外情報
Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

スペインのヴォルタ・アン・アルガルヴェが開幕している。

昨晩は、12時を越えて帰宅したので、流石にみることも出来ず~。残念。

ステージ勝利は、サム・ベネットが飾っている。このステージレースで、ツアー・オブ・ターキーに続いて復帰第2戦としてファビオ・ヤコブセン(Deceuninck – Quick Step)が走っている。

だが、ファビオ・ヤコブセンは残り4kmで落車してしまった。

まだ、インプラントが完成しておらず、完全な状態でないヤコブセンは大丈夫だったのだろうか?

 

スポンサーリンク

シェーン・アーチボルトと共に落車

今回のDeceuninck – Quick Stepのメンバー

 

Deceuninck – Quick Step
スタートリスト
  • 31  ARCHBOLD Shane(シェーン・アーチボルト)
  • 32  ASGREEN Kasper(カスパー・アスグリーン)
  • 33  BALLERINI Davide(ダヴィデ・バッレリーニ)
  • 34  BENNETT Sam(サム・ベネット)
  • 35  JAKOBSEN Fabio(ファビオ・ヤコブセン)
  • 36  MØRKØV Michael(ミケル・モロコフ)
  • 37  VAN LERBERGHE Bert(ベルト・ファンレルベルフ)

 

チームは、サム・ベネットのためにスプリンターを揃えている。更にカスパー・アスグリーンが平地を引くのだから、スプリントはばっちりだ。

スプリントでライバルとなるのは

  • ダニー・ファンポッペル(Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  • パスカル・アンカーマン(BORA – hansgrohe)
  • イーサン・ヘイター(INEOS Grenadiers)

と、いった当たりか。

 

ファビオ・ヤコブセンはレース前にインタビューに答えている。

 

レースは、4人の逃げを捕まえてゴールスプリントに向かう。

photo YouTube動画より

レース途中では、ファビオ・ヤコブセンはカメラに気づいてボーズ。

 

だが、ゴール手前4km地点で、ファビオ・ヤコブセンはシェーン・アーチボルトと共に落車してしまう。

すでに、立ち上がった後にテレビカメラが映したようだが、二人共無事にゴールしている。

シェーン・アーチボルト4分56秒遅れ161位、ファビオ・ヤコブセン162位。

大きなケガとならなくて良かった。

 

こちらはステージハイライト

コメント

タイトルとURLをコピーしました