ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第1ステージ リチャル・カラパス骨折にエンリク・マスがリタイヤ

海外情報
Photo credit: Joanbrebo on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

2023ツール・ド・フランスは開幕戦から早くも落車により3人が骨折となってしまった。

まず、最初に落車したのはUno-X Pro Cycling Teamのトースタイン・トレーエン。そして、残り22kmでEF Education-EasyPostのリチャル・カラパス、Movistar Teamのエンリク・マスが落車。

ここでエンリク・マスは走ることなくリタイヤとなってしまった。

 

スポンサーリンク

リチャル・カラパス EF Education-EasyPost

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

 

リチャル・カラパスとエンリク・マスは、カメラが捕らえた時には、すでに路肩から這い出して立っていた。

その後、リチャル・カラパスは座り込む。

 

 

なんとか立ち上がって、リチャル・カラパスはゆっくりだけと走りだした。ただ、両膝からは出血ししており、なんとかゴールしている。

だが、病院の超音波検査の結果、左膝蓋骨に小さな骨折が見つかった。また、同じ膝の切り傷を閉じるのに3針縫う必要もあった。

リチャル・カラパスは第2ステージをスタートすることは出来ない。なんということだ。EF Education-EasyPostのエースは第1ステージで姿を消すことなる。

リチャル・カラパスは、ツールに向けて特別ペイントのバイクに乗っていたけど、もう見れないのが残念。

 

エンリク・マス

 

エンリク・マスは自らツイートを投稿。

「まだ始まったばかりのツール。想像していたようなスタートではなかったが、思い通りにいかないこともある🥲。

この先にある20のチャンスで、チームメイトに世界中の幸運を祈りたい💙。@movistar_team

エスケリカスコ・ビルボ 🙌🏼 素晴らしいチームですね!毎年毎年、道を楽しめるなんて贅沢です😍。

また会いましょう 💪🏻」

 

エンリク・マスは、右肩甲骨骨折、腕と脚に表面的な擦り傷が報告されている。2022ツールのリタイヤに続いて、このツールもリタイヤとなるとは。昨年総合2位となったブエルタには間に合うのだろうか。

なんとも残念なリタイヤだ。総合上位に入る可能性のあった二人がリタイヤとはツールは第1ステージから大波乱だ。

 

トースタイン・トレーエン Uno-X Pro Cycling Team

 

Uno-X Pro Cycling Teamのトースタイン・トレーエンは、残り83kmで落車。このツールの最初の落車となっている。

チームメイトにサポートされて集団に復帰したが、ゴール後の検査で肘に小さな骨折が見つかっている。

5分遅れでゴールしており、走れる状態だが第2ステージをスタート出来るのかはわからない。チームのエースの一人だったが、初めてのツールで落車とはついていない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました