ロードバイクの情報を発信しています!

ナセル・ブアニ クリテリウム・ドーフィネをリタイヤ。ツールは出れるのか?

海外情報
https://www.equipecofidis.com/
この記事は約5分で読めます。

ツールドフランス? それはCofidisが決定することになるだろう。

そう話すのは、コフィデスのスプリンター、ナセル・プアニ。

クリテリウム・ドーフィネの2日目でリタイヤとなってしまった。ツール・ド・フランスの暫定リストには入っていますが、選出されるかどうかわからない状態です。

 

スポンサーリンク

ツール・ド・フランス暫定リスト

https://www.equipecofidis.com/

 

6月11日での暫定リストには10名がエントリーされている。ここから8人が選ばれる。

Cofidis, Solutions Crédits 暫定リスト
  • ヘスス・エラダ (HERRADA Jesús) 28歳 クライマー
  • クリストフ・ラポルト (LAPORTE Christophe) 27歳 スプリンター
  • ナセル・ブアニ (BOUHANNI Nacer) 29歳 スプリンター
  • ジャスパー・ハンセン (HANSEN Jesper) 29歳 クライマー
  • ダルウィン・アタプマ (ATAPUMA Darwin) 31歳 クライマー
  • 二コラ・エデ (EDET Nicolas) 34歳 パンチャー
  • ジュリアン・シモン (SIMON Julien) 30歳 クライマー
  • ピエール・リュックペリション (PÉRICHON Pierre-Luc) 32歳 ルーラー
  • ユーゴ・オフステテール (HOFSTETTER Hugo) 27歳 スプリンター
  • アントニー・ペレス (PEREZ Anthony)28歳 ルーラー

 

ナセル・プアニはツール・ド・フランスへの出場のアピールとして、このクリテリウム・ドーフィネは大切だったはず。

しかし、2日目でリタイヤとは~。

レースは、残り52キロ地点で先頭集団からデュムランがアタックして4名の先頭集団を絞り込んだ。山岳でのハイペースな展開のために、後方にいたナセル・プアニは遅れてしまったのだ。

「登りでアタックがあり、チームメイトのGeoffrey Soupeの助けを借りて追いつこうとしたがだめだった。

この二日間を乗りきる必要があった。他に何を言うべきかわからない」

 

https://www.equipecofidis.com/

 

ナセル・プアニは、カリフォルニアツアーの前に、マグネシウム欠乏によって肉体的疲労と精神的疲労の両方に苦しんでいることを明らかにしている。

しかし、カリフォルニアでは、第4ステージで4位。第5ステージでは8位と健闘した。

これまで、クリテリウム・ドーフィネでは何度もステージ優勝しているので、本人も期待していたはず。これでツールの選出は難しくなったかもしれない。

 

プアニのコフィデスでの成績

https://www.equipecofidis.com/

 

ナセル・プアニはフランス国籍を持っているが、両親はアルジェリア人。

オフには、ボクシングジムで合宿を行い、自転車をリタイヤしたらプロボクサーになると言っている。それほどボクシングが大好き。ただ、その闘争心が変な方向に行っているのがいけない。

 

これまで何度もスプリントで斜行したり、頭突きをかましたり、場外乱闘などでニュースになるほど。

 

FDJでは、アルノー・デマールに勝ち星で上回っていたのにエーススプリンターの座を奪われ、不満をいだいたプアニはコフィデスに移籍してきた。

 

コフィデスでのプアニの成績
  • 2015年は11勝 Critérium du Dauphiné (2.UWT) Stage2・4優勝
  • 2016年10勝 Critérium du Dauphiné (2.UWT) Stage1 優勝  Paris – Nice (2.UWT) Stage4 優勝
  • 2017年7勝   Paris – Nice (2.UWT) Stage3 優勝
  • 2018年6勝 La Vuelta ciclista a España (2.UWT)  Stage5 優勝
  • 2019年 勝利なし

 

年々勝ち星が少なくなってきている。

2015年には、ツール・ド・フランス直前のフランス国内選手権で落車。そのままツールに出場したが、第5ステージで落車してリタイヤ。結果は残せなかった。

2016年には、ツール前にホテルで乱闘騒ぎを起こして、プアニは相手を殴り拳をケガしてしまった。拳をケガしては、ツールにも出場することは出来ない。

2017年のツールでは、第10ステージでクイックステップのファビオ・サバティーニをどついてしまって、罰金と1分のペナルティ。結局、この年も勝利はなく終わってしまった。ちなみにこのステージ優勝はマンセル・キッテル。

2018年には、プアニのアシストを務めていたラポルトにエースの座を奪われ、ツールにも出場させて貰えなかった。GMが変わったこともプアニに逆風となった。プアニ中心のチームでなくなってしまったのだ。

集団から遅れた時に、プアニはおいていかれディレクターと喧嘩になったことも。

 

https://twitter.com/BouhanniNacer

ブエルタ・ア・エスパーニャ 第5ステージ優勝

しかし、ブエルタ・ア・エスパーニャで4年ぶりにグランドツールで勝利!

ようやく、一矢を報いたのだが、今年はまだ未勝利。

ツール・ド・フランスの暫定リストには入っているが、ドーフィネでのリタイヤでチームはどう判断するのか?

「ツール・ド・フランス? わからないけど決定するのはCofidis次第だ」

とプアニは月曜日に尋ねたときL’Equipeに語った。

 

「全力を尽くしてきた。カリフォルニアのツアーの後、私は懸命にトレーニングを続けた。しかし、レースになると、どういうわけか「妨げられる」んだ」

 

順調ではないプアニ。ツールにはなかなか縁のない不遇を味わっている。果たして、ツールに出れるのか微妙です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました