ロードバイクの情報を発信しています!

SRAMフロントシングルで石畳のクラシックをマッズ・ペデルセンがかけぬけた

http://www.cyclingnews.com/news/1x-drivetrains-come-to-the-worldtour-at-cobbled-classics/ 海外情報
この記事は約4分で読めます。

Trek-Segafredoはコンポーネントを2019年シーズン、SARMに変更しています。

これについては、こちらで記事にしています。

 

3月2日のオンループ・ヘットニュースブラッドでTrek-Segafredoのマッズ・ペデルセンが、なんとフロントシングルで出場したのです。

リアは10-33カセット、シングルフロントチェーンリングで走ったのです。ついにフロントシングルの実用化がプロレースでも現実となってきたようです。

 

スポンサーリンク

マッズ・ペデルセン

2018ロンド・ファン・フラーンデレン photo:Makoto.AYANO

デンマーク出身の23歳。若い選手だ。2018年からTrek-Segafredoで走っている。

2013年にはパリ~ルーベジュニアを制している。彼は2018年のロンド・ファン・フラーンデレンにて、凄い成績を残した。

カベルミュールを越えたところで、抜けだして先頭集団にジョイン。後方からきた、ニキ・テルプストラが先頭集団を抜き去り独走を開始した。その時に、唯一食らいつこうとしたのがマッズ・ペデルセンだったのだ。

だが、彼はニキ・テルプストラに追いつくことはなかった。ただ、後方からの集団にも追いつかれることもなく、第2位でゴールしたのだ。その差は12秒。

100キロも逃げていて更に前を追い、12秒差でのゴール。彼の素晴らしい独走力がわかる。

https://racing.trekbikes.com/riders/trek-segafredo-men/mads-pedersen

この若さでの表彰台は40年間では最年少だそうだ。スプリント力もあり、タイムトライアルも得意な彼は、スプリンターの発射台や平地でのアシスト。そしてチームではクラッシックのエース候補ともなりえる力を秘めている。

そんな彼が、今回のオンループ・ヘットニュースブラッドでフロントシングルで走ったのだ。

 

http://www.cyclingnews.com/news/1x-drivetrains-come-to-the-worldtour-at-cobbled-classics/

今回のオンループ・ヘットニュースブラッドでSRAMを使用したチームは

  • Trek-Segafredo
  • Katusha-Alpecin
  • CCC-Liv
  • Canyon-SRAM

これらのチームは、すべてSRAMの新しい12スピードグループセットを使用。そんな中でスタートラインではマッズ・ペデルセンだけがフロントシングルを選択。

マッズ・ペデルセンが使用したフロントは48。リアは10~33だ。

ギア比的には、53×11のチェーンリングの組み合わせと同様のギアレンジを可能にしている。

 

http://www.cyclingnews.com/news/1x-drivetrains-come-to-the-worldtour-at-cobbled-classics/

これまでにはロードレースでのシングル化。そしてシクロクロスでもフロントシングルで走る選手が出てきている。

今回のオンループ・ヘットニュースブラッドでは、石畳の急坂が13箇所も出てくるコース。

ただ、一番長い石畳でもBosbergで1,350メートルと短い。

このコースで使用出来たということは、チェーン落ちやトラブルも問題ないと考えての選択であったことは間違いない。

ヒルクライムなどのように、細かいギアの選択が必要ないならば使えるということなのですかね。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

My choice of weapon in 2019 – how do you like 1×12 on my Madone? I’m crazy with it! #sramredaxs #fightforsucces #teammadsper #beast #redarefast 📷: @mpshriver

Mads Pedersenさん(@pedersen__mads)がシェアした投稿 –

 

これまでフロントシングルを使っていたチームは、今は消えてしまったプロコンチネンタルチーム、アクアブルースポーツ。2018年シーズン中に3Tのフロントシングルのドライブトレインを使用。

ただ、この技術の実装はスムーズに行われておらず、選手からも不評だったようだ。特にヒルクライムではギアの選択が出来ず選手は困った模様。

LOULE, PORTUGAL - FEBRUARY 24: Mads Pedersen of Denmark and Trek-Segafredo / during the 45th Volta ao Algarve, Stage 5 a 173,5km stage from Faro to Alto Do Malhão 518m - Loulé / VA / @VAlgarve2019 / on February 24, 2019 in Loulé, Portugal. (Photo by Tim de Waele/Getty Images)

2月のVolta ao Algarve Photo: Tim de Waele

実は、マッズ・ペデルセンがフロントシングルで出場したのは、これが初めてではない。

2月にポルトガルで行われたVolta ao Algarveでも実践投入しているのだ。

今回のマッズ・ペデルセンが使用したSRAMのフロントシングルを全ての選手が使うようになるとは思えませんが、今後フロントシングルを使用する選手が増えてくることは間違いないでしょうね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました