ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第11ステージ スプリンターステージを制したのは?

海外情報
Photo by Jan Ledermann on Unsplash
この記事は約9分で読めます。

第10ステージでは、サガンのワンマンショーで魅了して貰った。

サガンの勝利は2020シーズンでは初めて。実に461日振りの勝利。ステージ上位には顔をいつも出しているんですけどね。

昨日は、後半が厳しいコースだったけれど、今日こそはスプリンターの活躍するステージとなるはず。

 

スポンサーリンク

第11ステージ ポルト・サンテルピーディオ~リミニ 182㎞

ジロ第11ステージ photo giroditalia

182kmのコースの中には、スプリントポイントが2つ。4級山岳が1か所あるだけ。

逃げグループも頑張るだろうけど、今日はタイム差を与えてくれないはず。勝ち逃げとはならないと思うけど。

 

逃げは5人

photo cycling today ストリーミングより 以下同様

列車と並走の画面が長く続く。列車より速く走っていたのだけど、駅から出たばっかりだったみたいで、すぐに列車が抜いていく。

 

さすが、地元なので自転車のデザインも入ってますね。

 

逃げのメンバーは、残り129キロで3分までタイム差が縮まってきている。

  1. 11. マッティア・バイス(Mattia Bais)Androni Giocattoli-Sidermec
  2. 45. ファビオ・マズッコ(Fabio Mazzucco)Bardiani-CSF-Faizanè
  3. 46.フランチェスコ・ロマーノ(Francesco Romano)Bardiani-CSF-Faizanè
  4. 121. サンデル・アルメ(Sander Armée)Lotto Soudal
  5. 213. マルコ・フラッポルティ(Marco Frapporti)Vini Zabù-Brado-KTM

 

残り70kmで2分50秒のタイム差。一時2分20秒くらいまで縮まっていたが、また開いている。

UAEが前に上がって、フェルナンド・ガビリアのスプリント勝負に向けてコントロール。

 

ラスト32kmでエリア・ヴィヴィアーニが落車してしまう。

Cofidisに移籍して勝利のないヴィヴィアーニ。そろそろ勝利が欲しいところだが、ここで落車してしまうと厳しい。

 

サンデル・アルメとマッティア・バイスが登りで二人となって抜け出す。

 

さらに、サンデル・アルメ(Sander Armée)は登りでアタックして単独となる。

 

後ろはマッティア・バイスが10秒離れて単独で追っている。

集団は1分40秒後方まで迫っており、いよいよゴールスプリントに向けた展開が始まる。

 

エリア・ヴィヴィアーニはチームメイトに引かれて集団復帰をしている。エリア・ヴィヴィアーニはサポートカーに捕まってケガの治療を受けていたが、スプリント出来るかな。

 

サンデル・アルメは残り11kmで1分のタイム差。ゴール手前まで逃げれそうだ。

 

と、思っていたら集団のペースアップが速かった。ラスト6.6キロで捕まってしまう。

 

ラスト4.5kmからは、Israel Start-Up Nationが先頭を引く。リック・ザベルでスプリント勝利を狙っている。

 

ラスト1km手前からGroupama-FDJが先頭を固める。

 

ゴール手前の並びは、アルノー・デマール、フェルナンド・ガビリア、サガンの順番。

 

アルノー・デマールがスプリント開始するとまくれるライダーはいなかった。伸びが素晴らしい。これでアルノー・デマールは4勝目。

もはや、このジロでは敵なしの感じ。ゴール前のトレインも完璧に機能しており、他のスプリンターがつけいる隙が無い感じだ。

 

こちらはレースハイライト
Giro d'Italia 2020 | Stage 11 | Highlights

 

こちらはラスト1kmからのゴールまで
Giro d'Italia 2020 | Stage 11 | Last Km

 

リザルト

スマホの場合にはスワイプしてみて下さい

ステージリザルト

RnkRiderTeamTime
1 Démare ArnaudGroupama – FDJ4:03:52
2 Sagan PeterBORA – hansgrohe,,
3 Hodeg Álvaro JoséDeceuninck – Quick Step,,
4 Consonni SimoneCofidis, Solutions Crédits,,
5 Zabel RickIsrael Start-Up Nation,,
6 Denz NicoTeam Sunweb,,
7 Gaviria FernandoUAE-Team Emirates,,
8 Oldani StefanoLotto Soudal,,
9 Mosca JacopoTrek – Segafredo,,
10 Viviani EliaCofidis, Solutions Crédits,,

 

総合

RnkRiderTeamTime
1 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step 43:41:57
2 Kelderman WilcoTeam Sunweb0:34
3 Bilbao PelloBahrain – McLaren0:43
4 Pozzovivo DomenicoNTT Pro Cycling0:57
5 Nibali VincenzoTrek – Segafredo1:01
6 Konrad PatrickBORA – hansgrohe1:15
7 Hindley JaiTeam Sunweb1:19
8 Majka RafałBORA – hansgrohe1:21
9 Masnada FaustoDeceuninck – Quick Step1:36
10 Pernsteiner HermannBahrain – McLaren1:52

 

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPnt
11 Démare ArnaudGroupama – FDJ220
22 Sagan PeterBORA – hansgrohe184
33 Ganna FilippoINEOS Grenadiers51
44 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step41
55 Ballerini DavideDeceuninck – Quick Step40
633▲27 Hodeg Álvaro JoséDeceuninck – Quick Step39
77 Vendrame AndreaAG2R La Mondiale37
89▲1 Frapporti MarcoVini Zabù – KTM36
914▲5 Viviani EliaCofidis, Solutions Crédits32
106▼4 Swift BenINEOS Grenadiers31

 

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step 43:41:57
22 Hindley JaiTeam Sunweb1:19
33 McNulty BrandonUAE-Team Emirates2:39
44 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers2:45
56▲1 Samitier SergioMovistar Team5:25
67▲1 Knox JamesDeceuninck – Quick Step5:32
79▲2 Oomen SamTeam Sunweb10:49
811▲3 Fabbro MatteoBORA – hansgrohe19:46
932▲23 Oldani StefanoLotto Soudal1:29:40
1041▲31 Lonardi GiovanniBardiani-CSF-Faizanè2:01:46

 

山岳賞

RnkRiderTeamPnt
1 Guerreiro RubenEF Pro Cycling84
2 Visconti GiovanniVini Zabù – KTM76
3 Ganna FilippoINEOS Grenadiers45
4 Castroviejo JonathanINEOS Grenadiers45
5 Caicedo Jonathan KleverEF Pro Cycling40
6 Holmes MatthewLotto Soudal20
7 Pozzovivo DomenicoNTT Pro Cycling20
8 Warbasse LarryAG2R La Mondiale20
9 Frankiny KilianGroupama – FDJ20
10 Zardini EdoardoVini Zabù – KTM18

コメント

タイトルとURLをコピーしました