ロードバイクの情報を発信しています!

ウルフパックはゴッドファザー風の契約サインでイーリョ・ケイセと最後の契約を結ぶ

海外情報
Photo credit: Matt Hamm on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

Deceuninck-Quick-Stepの最年長ライダー、イーリョ・ケイセが1年の延長契約を結んだ。

現在38歳であり、2022年の終わりにサイクリングをやめることを期待していると延長契約で言っている。

13年間パトリック・ルフェーブルの元でレースを続け、チームの重要はアシストだった。

シーリョ・ケイセは契約のサインを面白いビデオにして見せてくれている。

 

スポンサーリンク

パトリック・ルフェーブルはマフィアのボスの設定

 

これは、レムコ・エヴェネプールが映画「ゴッドファーザー」とよく似た設定でチームボスのパトリック・ルフェーブルをどのように支援するかを示している。

バックの曲もゴッドファーザーですね。

レムコとイーリョ・ケイセは、レコムがデビューした年に、ホテルの相部屋でレースを一緒に走り教えて貰っている仲だ。

イーリョ・ケイセは何年もの間、チーム内で大切なヘルパーだった。過去には、2015ジロ・デ・イタリアでステージ優勝。2012ツアー・オブ・ターキー優勝。キャリアで6勝をあげている。

彼はまた、成功したトラックサイクリストで、ゲント6日間レースで7回優勝している。

 

来年の12月には40歳になるが、その日は私がやめようと思っている日でもある。チームの自信にとても満足しており、昨年新しいチームを探す必要がなかったことにとても満足している。

ライダーとして年をとると、いくつかの資質が失われるが、経験も増える。

チーム内での私の主な焦点は、ロードキャプテンとしての役割と若いライダーに指導することだ。

13年も同じチームで走り続けるライダーは少ない。引退までいられることはとても幸せなことだ。

今年のジロのメンバーであり、最終タイムトライヤルでは10位となっており、力は衰えていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました