ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツアー・オブ・広西 第2ステージ スプリントを勝ち取ったのは?

海外情報
Photo credit: YKevin1979 on Visualhunt
この記事は約15分で読めます。

基本的に、ツアー・オブ・広西では、平地ばかりでスプリンターのためのレースが多い。

第1ステージのように道端が広いと、本当に誰が勝つのか予測不可能な所も逆に面白いかも。エリア・ヴィヴィアーニは、ベテランらしく後方からまくっていった。

それでも、売り出し中のアルノー・デリーやオラフ・コーイよりも速かったのだから、凄いことだ。

 

スポンサーリンク

第2ステージ 北海~欽州 150km

コースプロフィール photo tourofguangxi

 

2日目は北海を出発し、北へ向かう。ゴールは同じく主要な港湾都市である欽州。

坂があるように見えるけど、ほとんど平地。またも、スプリンター対決となる。

 

  1. スプリントポイント 欽州
  2. スプリントポイント 欽州

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

2023CROレース第2ステージ以来のリーダージャージとなったエリア・ヴィヴィアーニ。さて、第2ステージはどうだろうか。

 

新人賞ジャージ着用は2023ジロのスプリント王ジョナサン・ミラン。

 

山岳賞は、BORA – hansgroheのフレデリック・ワンダール。

 

Alpecin-Deceuninckのドリース・デポンドは、2024年チームからいなくなる。

 

    

ニュートラルスタート。

 

4人の逃げ

4人が逃げている。昨日も逃げたドリース・デポンドに逃げ屋のイェンス・レイダースもいる。

  1. ドリース・デポンド Alpecin-Deceuninck
  2. トーマス・チャンピン Cofidis
  3. ユリウス・ヨハンセン Intermarché – Circus – Wanty
  4. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech

 

残り47.1kmで1分15秒差。INEOS Grenadiers、Jumbo-Visma、BORA – hansgroheが集団牽引。

 

Cofidisのレミ・ロシャスはボトル運び。ゴールが近づくと集団牽引作業となるかな。

 

残り2周

集団は1分5秒差でフニッシュラインを通過。

 

エリア・ヴィヴィアーニは集団の中ほどにいる。

 

集団牽引は

  • BORA – hansgrohe チョザーレ・ベネデッティ
  • INEOS Grenadiers マイケル・レオナール
  • Jumbo-Visma ステファン・クライスヴァイク

 

スプリントポイント 欽州

集団が迫ってくる。

 

ギリギリでフニッシュラインを通過。

  1. ドリース・デポンド Alpecin-Deceuninck 6ポイント・3秒
  2. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech 4ポイント・2秒
  3. トーマス・チャンピン Cofidis 2ポイント・1秒

 

 

フニッシュラインから、Israel – Premier Techのイェンス・レインダースがアタック!

 

先頭は二人に。

  1. イェンス・レインダース Israel – Premier Tech
  2. ユリウス・ヨハンセン Intermarché – Circus – Wanty

 

残り12.3kmで18秒差。

 

残り8.8kmで6秒差に。

 

二人が追いつかれた。

 

追いついたのは、Lotto-Dstnyのトーマス・デヘントを先頭とする8人くらい。

 

残り5.3km。逃げ切れるか。

 

BORA – hansgroheのシェーン・アーチボルトが単独でブリッジに。

 

残り3.5km。集団が迫る。

 

あ~、残り3.3kmで捕まってしまう。

 

残り2.2kmではAlpecin-Deceuninckが先頭。

 

残り1.6kmでBahrain Victoriousが先頭に。

 

INEOS Grenadiersのルーク・プラップが先頭。

 

Tudor Pro Cycling Teamのトレインが前にきた。

 

Tudor Pro Cycling Teamが先頭だ。

 

Tudor Pro Cycling Teamのアーヴィッド・デクレインが先頭でスプリント。左から、ブジャの巨人ことジョナサン・ミランが出てきた。巨体を揺らしてくる。

 

ジョナサン・ミランが、アーヴィッド・デクレインの脇に入ってきた。

 

ジョナサン・ミランが先頭。

 

左から、UAE Team Emiratesのフアン・モラノ、Bahrain Victoriousのジョナサン・ミラン、Movistar Teamのマックス・カンター、INEOS Grenadiersのヨナタン・ナルバエス、Lotto-Dstnyのアルノー・デリー。

 

だが、ジョナサン・ミランが大きく引き離してゴール!

 

ジョナサン・ミランが拳を振り上げる!

 

  

もう、ゴールラインで発狂だ!

 

最後に、もう一度雄たけび~。

ジョナサン・ミランは、ジロ・デ・イタリア第2ステージ以来の勝利となった。長く勝てていなかったので、喜びもひとしおだ。

ジョナサン・ミランは、ボーナスタイム10秒も獲得して、リーダージャージもゲット。ダブルの喜びだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ジョナサン・ミランのコメント

スプリントは僕にとって完璧だった。チームはスプリンターが望む完璧なポジションに僕を配置してくれた。

もちろん休暇は楽しみだけど、レースはレースだ。今シーズンは、チームにより多くのものをもたらしたかった。

 

第2ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 40
10″
3:15:53
2
 DE KLEIJN Arvid
Tudor Pro Cycling Team 25
6″
,,
3
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates 20
4″
,,
4
 KANTER Max
Movistar Team 15   ,,
5
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers 10   ,,
6
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe 8   ,,
7
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 6   ,,
8
 MA Binyan
China 3   ,,
9
 SELIG Rüdiger
Lotto Dstny 2   ,,
10
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 1   ,,
11
 CAPIOT Amaury
Team Arkéa Samsic     ,,
12
 MARECZKO Jakub
Alpecin-Deceuninck     ,,
13
 ANDRESEN Tobias Lund
Team dsm – firmenich     ,,
14
 QUICK Blake
Team Jayco AlUla     ,,
15
 JACOBS Johan
Movistar Team     ,,
16
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers     ,,
17
 WALSCHEID Max
Cofidis     ,,
18
 EINHORN Itamar
Israel – Premier Tech     ,,
19
 REX Laurenz
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
20
 ABERASTURI Jon
Lidl – Trek     ,,
21
 MARIAULT Axel
Cofidis     ,,
22
 GRONDIN Donavan
Team Arkéa Samsic     ,,
23
 JONES Taj
Israel – Premier Tech     ,,
24
 REYNDERS Jens 
Israel – Premier Tech  
3″
,,
25
 PLOWRIGHT Jensen
Alpecin-Deceuninck     ,,
26
 NIU Yikui
China     ,,
27
 HELLEMOSE Asbjørn
Lidl – Trek     ,,
28
 MÄRKL Niklas
Team dsm – firmenich     ,,
29
 VADER Milan
Jumbo-Visma     ,,
30
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 2 ▲1
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 40
16″
6:17:33
2 3 ▲1
 DE BONDT Dries
Alpecin-Deceuninck 25
12″
0:04
3 1 ▼2
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers 20
10″
0:06
4 12 ▲8
 DE KLEIJN Arvid
Tudor Pro Cycling Team 15
6″
0:10
5 4 ▼1
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe 10
4″
0:12
6 19 ▲13
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates 8
4″
,,
7 32 ▲25
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech 6
3″
0:13
8 5 ▼3
 GOLDSTEIN Omer
Israel – Premier Tech 3
3″
,,
9 47 ▲38
 CHAMPION Thomas
Cofidis 2
3″
,,
10 6 ▼4
 WANDAHL Frederik
BORA – hansgrohe 1
2″
0:14
11 7 ▼4
 BARRÉ Louis
Team Arkéa Samsic  
1″
0:15
12 9 ▼3
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma     0:16
13 8 ▼5
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny     ,,
14 16 ▲2
 KANTER Max
Movistar Team     ,,
15 23 ▲8
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers     ,,
16 20 ▲4
 MA Binyan
China     ,,
17 11 ▼6
 WALSCHEID Max
Cofidis     ,,
18 17 ▼1
 ANDRESEN Tobias Lund
Team dsm – firmenich     ,,
19 15 ▼4
 REX Laurenz
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
20 14 ▼6
 ABERASTURI Jon
Lidl – Trek     ,,
21 24 ▲3
 MARECZKO Jakub
Alpecin-Deceuninck     ,,
22 22
 QUICK Blake
Team Jayco AlUla     ,,
23 13 ▼10
 PLOWRIGHT Jensen
Alpecin-Deceuninck     ,,
24 25 ▲1
 EINHORN Itamar
Israel – Premier Tech     ,,
25 10 ▼15
 TAMINIAUX Lionel
Alpecin-Deceuninck     ,,
26 35 ▲9
 CAPIOT Amaury
Team Arkéa Samsic     ,,
27 18 ▼9
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost     ,,
28 27 ▼1
 JONES Taj
Israel – Premier Tech     ,,
29 31 ▲2
 GRONDIN Donavan
Team Arkéa Samsic     ,,
30 28 ▼2
 HELLEMOSE Asbjørn
Lidl – Trek     ,,

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 3 ▲2
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 25
2 2
 DE BONDT Dries
Alpecin-Deceuninck 24
3 1 ▼2
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers 15
4 11 ▲7
 DE KLEIJN Arvid
Tudor Pro Cycling Team 13
5 4 ▼1
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe 13
6 7 ▲1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 10
7  
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates 8
8 5 ▼3
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 8
9  
 KANTER Max
Movistar Team 7
10  
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech 6

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 WANDAHL Frederik
BORA – hansgrohe 6
2 2
 GOLDSTEIN Omer
Israel – Premier Tech 4
3 3
 DE BONDT Dries
Alpecin-Deceuninck 1
4 4
 VINK Michael
UAE Team Emirates 1

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 6:17:33
2 18 ▲16
 REYNDERS Jens
Israel – Premier Tech 0:13
3 25 ▲22
 CHAMPION Thomas
Cofidis ,,
4 2 ▼2
 WANDAHL Frederik
BORA – hansgrohe 0:14
5 3 ▼2
 BARRÉ Louis
Team Arkéa Samsic 0:15
6 5 ▼1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 0:16
7 4 ▼3
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny ,,
8 10 ▲2
 MA Binyan
China ,,
9 8 ▼1
 ANDRESEN Tobias Lund
Team dsm – firmenich ,,
10 7 ▼3
 REX Laurenz
Intermarché – Circus – Wanty ,,
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました