ロードバイクの情報を発信しています!

2021 Campagnolo Bora WTO 60 DBエアロカーボンロードホイール登場

機材情報
Photo campagnolo.com
この記事は約4分で読めます。

Campagnoloから60mmハイトの2021 Campagnolo Bora WTO 60 DBエアロカーボンロードホイールが登場。

WTOとは、CampagnoloのWind Tunnel Optimized(風洞最適化)の略語。風の抵抗を最小限にするように設計されたホイールとなっている。

2021 Campagnolo Bora WTO 60 DBは、これまでのWTOシリーズになかった60mmのディスク対応のホイールだ。

 

スポンサーリンク

2021 Campagnolo Bora WTO 60 DBエアロカーボンロードホイール

Photo campagnolo.com

ホイールは、風洞で最適化された丸みを帯びたプロファイルを持つ一方向カーボンリム、新しい空力アルミハブ、セラミックUSBカップアンドコーンベアリングシステムを備えている。

すべての設計決定は、パフォーマンスを最適化するという唯一の目標によって決定されており、リムのプロファイルは内部幅19 mmで、23、25、28 mmのタイヤと完璧に組み合わせられる。

 

Photo campagnolo.com

2-Way Fitが採用されており、Campagnoloはクリンチャータイヤとチューブレスタイヤの両方との完全な互換性を保証。

特許取得済みのMoMagシステムによって達成された穴のないアッパーブリッジは、軽量化、剛性の向上を可能にし、チューブレスタイヤ使用時にテープもいらない。

 

Photo campagnolo.com

以前のWTOホイールと同様に、これらの新しい60 DBは、UV耐性樹脂を使用したUDカーボンファイバーレイアップを備えており、金型の塗装や追加の仕上げを必要としていない。

その結果、ディープエアロカーボンでありながら、1590gとかなり軽量であり、ライダー+バイクで最大120kgまでの制限がある。110kgの体重までならOKですね。

 

Photo campagnolo.com

機械加工されたディスクブレーキハブの内側に、軽量のアロイアクスルとカップ&コーンUSBセラミックベアリングを備えている。

 

USBカップアンドコーンベアリングシステムは、標準のベアリングよりも50%優れた滑らかさを保証している。

ハブはセンターロック(AFS)標準ローターインターフェースを備えており、12mmスルーアクスル。

Campyフリーハブが標準だが、HG11 ShimanoおよびXDR SRAMオプションも利用可能。

 

2021 Campagnolo Bora WTO 60 DB スペック

Photo campagnolo.com

2021 Campagnolo Bora WTO 60 DB
SPEC
  • スポーク : フロント・リア共に24本 スチール製楕円エアロ断面スポーク、G3パターン
  • ハブ : セラミックボールを備えたUSBカップアンドコーンベアリングシステム
  • リム : 高さ60mm 内部幅19mm 外部幅26.1mm
  • 2-Way Fit対応
  • 重量 : 1590g
  • 価格 : 2160ユーロ(約25万円)

 

60mmで1,590gというのは相当軽いホイール。価格もひと昔に比べると結構安価になってきている。

サドルに座っている80%を占める10°から20°までのヨー角での空気抵抗を抑えてあると公式サイトにはあるが、具体的な実験結果は掲載されていない。

WTOは風洞実験によって生み出されたホイールなので検証結果も欲しい所ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました